この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

生瀬勝久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

なませ かつひさ
生瀬 勝久
本名 生瀬 勝久
別名義 槍魔栗 三助(旧芸名)
生年月日 (1960-10-13) 1960年10月13日(59歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県西宮市
身長 178 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1979年[要出典] -
所属劇団 そとばこまち1983年 - 2001年[1]
事務所 リコモーション
公式サイト 生瀬勝久プロフィール
主な作品
テレビドラマ
TRICK
ごくせん
功名が辻
14才の母
龍馬伝
警部補 矢部謙三
ストロベリーナイト
リーガル・ハイ
ごめんね青春!
ドクターX〜外科医・大門未知子〜
べっぴんさん
貴族探偵
仮面ライダージオウ
あなたの番です
映画
トリック劇場版
ヤッターマン
カイジ2 人生奪回ゲーム
プラチナデータ
テンプレートを表示

生瀬 勝久(なませ かつひさ、1960年10月13日 - )は、日本俳優タレント司会者。本名、同じ[2]。旧芸名、槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)[2]

兵庫県西宮市出身[1]同志社大学卒業[1]リコモーション所属。身長178cm。体重70kg。趣味は釣り

略歴

1980年同志社大学文学部社会学科(現在の社会学部社会学科)に入学[1]、同志社大学の劇団「第三劇場」に所属していた1982年京都大学系の劇団「劇団そとばこまち」で2代目座長を務めていた辰巳琢郎にスカウトされ[3]1983年に「そとばこまち」に入団、同年の『猿飛佐助』で初舞台を踏む[1]。学生時代は、槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)の名で「喜劇研究会」「第三劇場」そして「そとばこまち」で辰巳琢郎・川下大洋らとともに活動、「第三劇場」ではマキノノゾミと交流があった。当時、ゼミの指導教授であった石田光男(現在、同志社大学社会学部長)から「君は俳優に向いていないよ」と言われるが、後に石田は「先見の明」がなかったことを反省したという。1986年に大学を卒業[1]。大学卒業時に企業から内定を得ていたにもかかわらず、それを蹴って演劇界に進む[4]1988年には「そとばこまち」の4代目座長に就任し、劇作家、演出家も務める[1]

1988年から1年間にわたって放送された、讀賣テレビ放送の深夜のコント番組『週刊テレビ広辞苑』で漫画家ひさうちみちおらとともにレギュラー出演、当時からコメディアンとしての才能をいかんなく発揮して人気を呼び、『探偵!ナイトスクープ』では槍魔栗 三助として探偵の初期メンバーの1人だった。以後も1989年の『現代用語の基礎体力』、1990年の『ムイミダス』、『未確認飛行ぶっとい』、など同じく読売テレビの深夜番組に続けて出演し、「劇団☆新感線」の古田新太羽野晶紀、「売名行為」の立原啓裕升毅牧野エミらとともに関西学生演劇ブームを起こす一端となる。2008年3月8日・15日の2週に渡って20年前の製作スタッフ、キャストが再集結し『現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑』が讀賣テレビ放送にて放映された。

1988年NHK連続テレビ小説純ちゃんの応援歌』へのレギュラー出演を機に本名の生瀬 勝久へと改名する[2]。詳しくは後述。

1990年代半ばより全国区のテレビドラマに本格的に進出し[4]、役者としての活動の場を関西から全国に広げるため2001年に劇団「そとばこまち」を退団[1]。シリアスからコミカルまで様々な役柄を変幻自在に演じて主役を引き立て、時にクセのあるキャラクターを演じて作品のアクセントとなるなど、名脇役の一人としてテレビドラマ、映画、舞台など多くの作品で引っ張りだことなる[5][6][7]。一方で、『トリック』(テレビ朝日)のスピンオフ作品となる2010年4月期の連続ドラマ『警部補 矢部謙三』で連続ドラマ初主演[8]2012年公開の『スープ〜生まれ変わりの物語〜』で映画単独初主演も果たしている[9]

芸名改名のきっかけ

1988年度下半期(1988年10月 - 1989年3月)放送のNHK連ドラ『純ちゃんの応援歌』でNHKに初出演することになったが、槍魔栗三助の芸名ではNHKの放送にふさわしいとはいえないという理由があり、芸名を本名に変更したという経緯がある[10]。その後も槍魔栗三助として活動していたが、本格的なテレビ活動・全国進出を意識し1990年10月に本名の生瀬勝久に完全改名した。

人物

個性的な演技で、映画テレビラジオ舞台で幅広く活動している。脇役が多い。また、独特のキャラクターを生かしてバラエティ番組にも活躍の幅を広げる。

トリック』、『ごくせん』、『功名が辻』、『ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜』など、仲間由紀恵との共演が多い(いずれも仲間が主演で、生瀬がそれに絡むレギュラーキャラを演じている)。

TPOに応じ、共通語関西弁を臨機応変に使い分けている。バラエティでは、共演者や番組の内容によって共通語と関西弁を使い分ける。関西を舞台とするドラマ作品に出演する場合や、関西出身者を演じる場合には関西弁を用いる。

私生活ではクレーマーだとTVで話した。掃除機マニアで10台以上の掃除機を所有する。ヘッド部分が壊れた時には家電量販店にまで足を運んで店員と口論になった[11]

2013年、第32回ベスト・ファーザー イエローリボン賞を受賞した。[12]

出演

太字は主演。

テレビドラマ

映画

舞台

オリジナルビデオ

バラエティ・情報番組

CM

テレビアニメ

  • ヤッターマン(2008年11月24日放送分) - 本人役(実写版ヤッターマンとのタイアップ)

劇場アニメ

ゲーム

吹き替え

ラジオパーソナリティ

ラジオドラマ

  • BANANA FISH - マックス・ロボ(1代目)
  • 神様くだった(NHK FMシアター 1999.02.06)

DVD

  • やさぐれぱんだ 「白盤」「黒盤」(2007年) - ぱんだの声
  • やさぐれぱんだ 「金盤」「銀盤」「銅盤」(2008年) - ぱんだの声

その他

  • 鶴瓶の家族に乾杯
  • 桂三枝のすべて〜六代桂文枝襲名〜(2012年7月29日、NHK-BSプレミアム)ナビゲーター

音楽

シングル

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ クレジットは【生瀬勝久】となっていた。
  2. ^ 映画初単独主演作[9]
  3. ^ 初レギュラーで、当時、劇団☆新感線に所属していた渡辺いっけいと幕間のサラリーマンをテーマにしたコントを演じていた。構成作家に鮫肌文殊が参加していた事からサラリーマンNEOの原型になったコーナーであった。
  4. ^ ABCラジオパラダイスを放送していた枠で開始したミュージックパラダイスにそのまま継続出演した。なお、ABCラジオパラダイスそのものは枠を移動して存続。

出典

  1. ^ a b c d e f g h 生瀬 勝久”. アーティスト. キューブオフィシャルサイト. 2016年11月13日閲覧。
  2. ^ a b c “生瀬勝久の当初の芸名「槍魔栗三助」に芳根「…」”. 日刊スポーツ. (2016年6月16日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1664134.html 2016年11月13日閲覧。 
  3. ^ “会社か芝居か 山西惇が“役者一本”決意した生瀬勝久の一言”. 日刊ゲンダイDIGITAL: p. 3. (2016年11月14日). http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/193705/3 2016年11月18日閲覧。 
  4. ^ a b 岡本俊浩 (2016年10月2日). “生瀬勝久インタビュー「台本は、みっちり読みませんね」 そのココロは…(AERA)”. dot.ドット (朝日新聞出版). https://dot.asahi.com/aera/2016093000391.html 2016年11月13日閲覧。 
  5. ^ “『龍馬伝』の熱演も定評! “最強の名脇役”1位は香川照之”. ORICONキャリア (オリコン). (2011年8月2日). http://career.oricon.co.jp/news/2000321/full/ 2016年11月13日閲覧。 
  6. ^ 青柳雄介 (2015年3月9日). “広瀬すず、深キョンを引き立てる、生瀬勝久の「名脇役力」”. T-SITEニュース (TSUTAYA). http://top.tsite.jp/entertainment/geinou01/i/22685731/ 2016年11月13日閲覧。 
  7. ^ “遠藤憲一、生瀬勝久、小日向文世はドラマ「最強の脇役」”. NEWSポストセブン (小学館). (2016年9月4日). http://www.news-postseven.com/archives/20160914_447779.html 2016年11月13日閲覧。 
  8. ^ “超個性派俳優、ついに連ドラ初主演「カツラ被ることに…」”. zakzak by 夕刊フジ (産経デジタル). (2010年4月9日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20100409/enn1004091645012-n1.htm 2016年11月13日閲覧。 
  9. ^ a b “生瀬勝久、単独初主演最新作『スープ』であの世をさまよう父親役を熱演”. ORICON STYLE (オリコン). (2011年11月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2004175/full/ 2016年11月13日閲覧。 
  10. ^ 生瀬勝久 28年前の改名騒動告白,デイリースポーツ,2016年6月16日
  11. ^ INLIFE 男の履歴書 生瀬 勝久
  12. ^ Fashion-J.com(週刊ファッション情報) ベストファーザー イエローリボン賞の表彰式
  13. ^ 2018年3月31日までは認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、朝日放送。
  14. ^ “東山紀之主演『必殺仕事人』最新作9・25放送 悪役は安田顕&寺島進”. ORICON STYLE. (2016年8月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2077018/full/ 2016年8月19日閲覧。 
  15. ^ この年のスペシャルのみ、年号なしで放送されている。
  16. ^ 東山紀之&松岡昌宏、最後の『必殺』野際陽子さんの女優魂に感服”. マイナビニュース (2017年12月21日). 2018年1月25日閲覧。
  17. ^ “生瀬勝久&桐山漣、日テレドラマ初主演 “次世代”枠で2作品4週連続放送”. オリコン. (2015年9月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2059428/full/ 2015年10月2日閲覧。 
  18. ^ “優香『火村英生の推理』で初の刑事役、山本美月・生瀬勝久・夏木マリらも登場”. マイナビニュース. (2015年11月20日). http://news.mynavi.jp/news/2015/11/20/027/ 2015年11月20日閲覧。 
  19. ^ バカリズム脚本のドラマ4夜連続、渋滞に巻き込まれる原田泰造の運命は”. お笑いナタリー (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  20. ^ バカリズム脚本4夜連続ドラマに柏木由紀・市原隼人・山本耕史・川口春奈ら出演”. マイナビニュース (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  21. ^ 生瀬勝久さんの出演が決定!!”. 火曜ドラマ『重版出来!』お知らせ (2016年4月8日). 2016年4月8日閲覧。
  22. ^ “生瀬勝久主演で“夜食テロ” 料理上手なヤクザの組長登場”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年5月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2072453/full/ 2016年5月29日閲覧。 
  23. ^ “嵐・相葉『貴族探偵』で月9主演 武井咲、中山美穂、仲間由紀恵らと初共演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2085748/full/ 2017年2月10日閲覧。 
  24. ^ 金曜ロードSHOW!:天海祐希主演「天才を育てた女房」放送 “孤高の数学者”岡潔を妻目線で描く”. まんたんウェブ (2018年2月23日). 2018年2月23日閲覧。
  25. ^ “「仮面ライダージオウ」主演は表参道X・奥野壮、犬飼貴丈や飯島寛騎ら先輩陣も出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年8月7日). https://natalie.mu/eiga/news/294362 2017年8月7日閲覧。 
  26. ^ “北川景子、初の弁護士役!北村一輝がバディのSPドラマ「指定弁護士」”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年8月12日). https://www.cinematoday.jp/news/N0102843 2018年8月14日閲覧。 
  27. ^ “内野聖陽主演『琥珀の夢』10・5放送 檀れい、生瀬勝久、原田美枝子ら共演者発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年8月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2117962/full/ 2018年9月5日閲覧。 
  28. ^ “田中圭×中村倫也「不協和音」ビジュアル&コメント到着、趣里ら共演者12名も発表”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年2月16日). https://amp.natalie.mu/eiga/news/367454 2020年3月4日閲覧。 
  29. ^ “堤真一「俺はまだ本気出してないだけ」で外見真逆のダメ男に”. 映画.com. (2012年7月23日). http://eiga.com/news/20120723/2/ 2012年7月23日閲覧。 
  30. ^ 「平ジェネ」に関俊彦ら「仮面ライダー電王」のイマジン声優4人参加、石丸謙二郎も”. 映画ナタリー (2018年11月6日). 2018年11月6日閲覧。
  31. ^ CAST&STAFF”. Bunkamura25周年記念 皆既食〜Total Eclipse〜. Bunkamura. 2014年11月28日閲覧。
  32. ^ 佐々木希、舞台に初挑戦「とても緊張」”. シネマトゥデイ (2015年4月14日). 2015年4月14日閲覧。
  33. ^ “松山ケンイチ、『髑髏城の七人』Season風で一人二役に! 向井理、田中麗奈らも出演”. クランクイン!. (2017年5月16日). http://www.crank-in.net/entertainment/news/49771 2017年9月26日閲覧。 
  34. ^ 「仮面ライダージオウ」最終回後描くVシネ「ゲイツ、マジェスティ」戸谷公人も参加”. 映画ナタリー (2019年8月25日). 2019年8月25日閲覧。
  35. ^ フジ“火9”、生瀬勝久&高島彩で新バラエティー”. ORICON STYLE (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  36. ^ こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来! トルネード大作戦!!”. メディア芸術データベース. 2016年8月6日閲覧。
  37. ^ “「14才の母」以来!志田未来&生瀬勝久、12年ぶりに親子役”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年4月10日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180410/geo18041005020010-n1.html 2018年4月10日閲覧。 
  38. ^ 『アダムスファミリー』吹替に杏、生瀬勝久、ロバート秋山、LiLiCo/キービジュアルも必見!!”. マイナビニュース. 2020年7月8日閲覧。
  39. ^ 『ごめんね青春!』ラジオで一夜限りの復活”. ORICON (2015年5月11日). 2015年5月11日閲覧。

外部リンク