この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

竹内香苗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たけうち かなえ
竹内 香苗
プロフィール
愛称 香苗ちゃん、カナリン[注釈 1]
出身地 日本の旗 日本 愛知県みよし市
生年月日 (1978-09-14) 1978年9月14日(39歳)
血液型 A型
最終学歴 東京外国語大学外国語学部
欧米第一課程英語専攻
所属事務所 ホリプロ
部署 スポーツ文化部アナウンス室
職歴 TBSアナウンサー
(2001年4月 - 2012年10月5日)
フリー
(2012年11月 - )
活動期間 2001年 -
ジャンル 報道番組情報番組
配偶者 あり
家族 長男、次男
公式サイト ホリプロオフィシャルサイト
出演番組・活動
現在 世界HOTジャーナル
過去 王様のブランチ(テレビ)、
みのもんたの朝ズバッ!(テレビ)、
伊集院光 日曜日の秘密基地(ラジオ) 、
爆笑問題の日曜サンデー(ラジオ)、
新知識階級 クマグス(テレビ)、
はなまるマーケット(テレビ)、
報道特集(テレビ)、
ブラマヨ衝撃ファイル 世界のコワ〜イ女たち(テレビ)
他多数

竹内 香苗(たけうち かなえ、1978年9月14日 - )は、日本アナウンサーである。

愛知県西加茂郡三好町(現みよし市)出身。ホリプロ所属。

来歴

父親の仕事の関係で一時期(小学校5年生から中学校3年生の夏休みまで)、アメリカオハイオ州のポートクリントンに住んでいた。

三好町立三好中学校(現みよし市立三好中学校)、愛知県立千種高等学校国際教養科東京外国語大学外国語学部欧米第一課程英語専攻卒業後、2001年4月、TBSにアナウンサー36期生として入社、同期は有馬隼人(2004年6月退社)、藤森祥平[1][2]。他局では、大江麻理子テレビ東京)、西尾由佳理阿部哲子(共に元日本テレビ)、高島彩(元フジテレビ)、河野明子(元テレビ朝日)等がいる。出演したい番組として「報道番組」と話していた。またTBSで1期上の久保田智子は大学の先輩でもある。

2003年10月よりTBSラジオ伊集院光 日曜日の秘密基地』のアシスタントに就任。途中出演できなかった時期があったものの、結局番組が終了する2008年3月までの10年間(前番組『日曜大将軍』も含む)の中で最も長くアシスタントを務めた(詳細は後述)。

2004年12月、NHK島津有理子日本テレビ馬場典子(当時)、フジテレビ中村仁美テレビ朝日丸川珠代(当時)、テレビ東京森本智子と共に地上デジタルテレビ放送推進大使(地デジ大使)のTBS代表として『ザ!情報ツウ800』(日本テレビ系)や『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)などの番組に出演。以後、2011年7月24日のアナログテレビ放送の終了(一部地域を除く)まで他局の番組への出演する機会があった[注釈 2]

2010年6月27日から2011年8月末まで、TBSを退社した小島慶子の後任として、『時事放談』のアシスタントを務めた。

2012年3月30日、一般人男性と婚姻届を提出することが報じられ[3]、その日に結婚したことを自身のツイッターで報告した[4]

2012年10月、夫のブラジルサンパウロ赴任に同行するためTBSを退社。竹内は同年12月に渡伯し、およそ5年間滞在予定(当時)ということもあり、「ブラジルの文化などを伝えたい」と新たな活動に際して抱負を語った。それに先立ち11月1日には伊集院光の所属事務所でもあるホリプロと所属契約を締結し、同社スポーツ文化部アナウンス室に所属してフリーアナウンサーとして再出発する[5]。2014年2月2日より12月25日までニッケイ新聞[注釈 3]ウェブ版でコラム「竹内香苗のブラジルだより」を連載[6][7]。2014年2月11日にサンパウロで長男を出産[8]。その後、同年12月10日に自身のブログとTwitterで、夫の仕事の都合で年末にアルゼンチンブエノスアイレスに引っ越すことが決まったとコメントした(同地には3年ほど滞在予定だという)。

2016年2月25日、第2子妊娠を報告[9]3月2日午後3時38分(アルゼンチン時間)、ブエノスアイレスで第2子次男を出産[10]

人物

  • 家族構成は父・母・本人・(3歳下の)弟・(6歳下の)妹の5人で、5人中4人の血液型が異なる(ちなみに父親がO型、母親がAB型、弟がB型、妹と竹内がA型である)。
  • 実用英語技能検定(英検)1級・国際連合公用語英語検定試験(国連英検)特A級・スペイン語検定6級・普通自動車運転免許といった資格・免許を取得している。
  • 高校の先輩に、俳優舘ひろしがいる。
  • 大学時代は一時期、水泳部に所属していた。
  • 中日ドラゴンズのファンである。
  • ももいろクローバーZに関しては、無名だったころからのファンである[11]
  • 自身の憧れのアナウンサーとして、TBSアナウンサーの先輩でもある三雲孝江の名前を挙げている。
  • 4歳の頃からヤマハ音楽教室ピアノを習っていたため、絶対音感がある。
  • 椎茸と、(生の)バナナが苦手である。
  • アゲハチョウモンシロチョウなどの(蝶系統の)幼虫」や、イモムシ毛虫ナメクジ(カタツムリ)のような「足のない這う虫類」が苦手である。一方で、怖い物の代表例によく挙がるゴキブリは全く怖くないらしい。
  • TBSアナウンス部の後輩・江藤愛は、「憧れの(尊敬する)アナウンサー」に竹内の名前を挙げている。江藤の竹内への敬愛ぶりは、江藤のブログにも度々書かれており、「私が男だったら、香苗さんと結婚したい」とも語っている。
  • 食べることと、を飲むことが大好きである。
  • 家族全員がカラオケ好きということもあり、自身もカラオケが大好きである。レパートリーはちあきなおみの「喝采」や日野美歌の「氷雨」といった昔の曲(いわゆる昭和歌謡曲)、ももいろクローバーZNMB48といったアイドルの曲・流行の邦楽・洋楽など幅広い。
  • 爆笑問題の日曜サンデー』(2012年8月26日)で、9月末でのTBSを退職を発表。自身の退職に関しては番組終了後に更新した自らのツィッターにて事情を説明している[12]。10月5日に、アシスタントとして出演した収録番組の放送が全て終わったため、この日付での退社となった。

主なエピソード

  • 特番『世界弾丸トラベル大賞!今週末は0泊3日で海外へ!あなたも行ける絶景・楽園・文化遺産SP』(2007年10月5日放送)の一環で、金曜日の『みのもんたの朝ズバッ!』終了後から0泊3日でエジプトに旅行に行った(翌週月曜の『朝ズバッ!』には出演した)。
  • 2010年7月13日の『ニュース探究ラジオ Dig』の本番のために荷物を持ってスタジオに向かう途中、脚立に脚を引っ掛けて足の甲を10針縫う怪我を負った。竹内は病院へ向かったため、この日の『Dig』には出演せず、外山惠理が急遽代打をつとめた。
  • 2010年10月から1年間、竹内は局アナとしては極めてハードなスケジュールをこなしていた。
    生放送番組は『はなまるマーケット』(月-金曜、8:30-10:00)、『ニュース探究ラジオ Dig』(月・火曜、当時は22:00-0:50)、『爆笑問題の日曜サンデー』(月の後半の日曜日、13:00-17:00)と時間帯がバラバラな3本があり、収録番組は『時事放談』、単発番組時代から出演している『世界のコワ〜イ女たち』など多数抱えていた。
    この状況に加え地デジ大使としての仕事もあった。その後2011年秋のテレビ・ラジオの改編では、担当番組の整理が実施された。

『伊集院光 日曜日の秘密基地』にて

  • 前任者となるクワバタオハラ小原正子が準レギュラーに降格となり、週替わりのアシスタント体制を経て、2003年10月より小原の正式な後任として『日曜日の秘密基地』のアシスタントとなる。2005年3月以降『みのもんたの朝ズバッ!』へのレギュラー出演が決まり(2009年12月まで担当)、『日曜日の秘密基地』と合わせて週に6日間もの生放送出演というTBSの労使協定に反する過重勤務となったため、2005年12月25日にアシスタントをいったん降板した。2006年4月から月1回で復帰。さらに川田亜子のTBS退社にともない、2007年4月から番組終了まで月2回出演していた。出演していた『日曜サンデー』でも同様の体制をとっていた。
  • 同番組にゲスト出演したニッポン放送アナウンサー・上柳昌彦は、自身の日記で、竹内のことを「伊集院光の良い相方」と評していた[13]
  • 2012年4月より放送の平日昼ワイド番組『たまむすび』金曜15時台のコーナー「伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!」に出演。4年ぶりに伊集院と本格的なコンビを組んだが、竹内の退社に伴って半年で解消となった。

出演番組

TBSアナウンサー時代

テレビ

レギュラー番組
テレビドラマ&アニメ
単発番組など
地上デジタル放送推進大使としての出演

ラジオ

フリー転身後

注釈

  1. ^ ただし、「カナリン」という呼称は王様のブランチ出演時に進行アナウンサーに付けられるニックネーム(例:木村郁美→キムイク、久保田智子→クボリン、など)であり、「カナリン」と呼ぶのは優香LiLiCo寺脇康文といった当時竹内がブランチで共演していたメンバーのみである。
  2. ^ ちなみに、地デジ大使の最終メンバーはNHKが鈴木奈穂子、テレビ朝日は上宮菜々子、竹内をはじめその他の局はアナログテレビ終了まで任務を全うした。
  3. ^ ブラジルの日系社会の新聞。日経新聞とは別。
  4. ^ 日付は地上波放送分のもの。
  5. ^ 出演は2012年9月収録分までで、アシスタントとしての出演は2012年10月5日放送分まで。10月12日放送分にも出演したが、こちらはゲストとしての出演。

出典

  1. ^ 「III. 放送関係 7. アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、240頁。全国書誌番号:20288703。「2001.4<36期生> 3人入社(男2・女1) 有馬隼人 藤森祥平 竹内香苗」
  2. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、34頁。全国書誌番号:20288703。「01.4<36期生>3人入社 有馬 隼人 藤森 祥平 竹内 香苗」
  3. ^ “TBS・竹内香苗アナ、一般男性と結婚”. スポーツ報知. (2012年3月30日). http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120330-OHT1T00021.htm 2012年11月11日閲覧。 
  4. ^ 竹内香苗2012年3月30日の発言
  5. ^ “竹内香苗アナ、フリー転身…ホリプロ入り”. サンケイスポーツ. (2012年10月31日). http://www.sanspo.com/geino/news/20121031/oth12103105040007-n1.html 
  6. ^ 竹内香苗 (2014年2月2日). “サンパウロからこんにちは”. 竹内香苗のブラジルだより. 2014年6月18日閲覧。
  7. ^ 竹内香苗 (2014年12月25日). “ブラジルからFELIZ NATAL! (最終回)”. 竹内香苗のブラジルだより. 2016年3月4日閲覧。
  8. ^ 竹内香苗アナ サンパウロで第1子出産「とても幸せな経験」 スポーツニッポン 2014年2月13日閲覧
  9. ^ “元TBS竹内香苗アナが第2子妊娠「今か今かと誕生を楽しみに」”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年2月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2067456/full/ 2016年2月25日閲覧。 
  10. ^ “元TBS竹内香苗アナ、第2子次男出産 南米は「私にとって忘れられない場所」”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年3月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2067865/full/ 2016年3月4日閲覧。 
  11. ^ 山ちゃん、塚地、金田から局アナまで。なぜ? 芸能界で急増する“モノノフ”たち。”. Techinsight. 2013年1月18日閲覧。
  12. ^ 竹内香苗2012年8月26日の発言
  13. ^ 『赤坂にて』 - ニッポン放送 うえやなぎの日記 2006-05-14
  14. ^ 日曜サンデーへ☆ - 竹内香苗オフィシャルブログ、2017年4月9日18:07:29、同日閲覧

関連項目

参考文献

外部リンク