江戸むらさき (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
江戸むらさき
メンバー 野村 浩二
磯山 良司
結成年 1996年3月
事務所 ホリプロコム
活動時期 1996年3月 -
旧コンビ名 サンバード
ウクレレ&ハワイ
現在の活動状況 テレビ・ライブで活動
芸種 コント
過去の代表番組 イエヤス
爆笑オンエアバトル
笑いの金メダル
トコトンハテナ
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

江戸むらさき(えどむらさき)は野村浩二と磯山良司によるお笑いコンビ。所属事務所ホリプロホリプロコム1996年3月結成。

メンバー[編集]

  • 磯山 良司(いそやま りょうじ、 (1977-11-08) 1977年11月8日(40歳) - )
    • 身長163cm、体重76kg、血液型はB型、茨城県下妻市出身。土浦日本大学高等学校岩瀬校舎(現岩瀬日本大学高等学校)卒。ボケ担当。

略歴[編集]

2004年、45校の学園祭に出演し、学園祭出演数総合1位となった[1]2003年1月、旧M2カンパニーを前身とする子会社・ホリプロコムの発足により同社に移籍。 現在はTV出演のほか、進研ゼミ中学講座の教材DVDにも出演している。

特徴[編集]

父親同士が、茨城にあるラーメン屋(麺'sくらぶ)の社長と専務である。父親が経営している「麺'sくらぶ」には「江戸むらーめん」なるオリジナルラーメンがある。当初は出演していた『笑いの金メダル』にちなんで金箔入りだったが、予算の都合で二人の顔を描いた海苔入りに変更される。

ショートコント[編集]

主にショートコントを演じる。速射砲のように次々と繰り出されるショートコントを行っているが、元々、漫才やコントなども行い方向性を模索していた時に、ある放送作家から「ショートコントに徹しろ」とアドバイスを受け、ショートコントをメインに活動している。「爆笑オンエアバトル」ではショートコントを武器に23勝し、一時期は最多勝利者であった。

デビュー当時はショートコントが軽く見られがちで、オーディションなどで他の芸人のマネージャーから「俺、ショートコントはネタって認めてないから」といわれた事もあった[1]

賞レース[編集]

爆笑オンエアバトル[編集]

  • 第1回放送から参加。26戦23勝の好成績であり、ゴールドバトラーに認定された。
  • オンエア回数23回は番組歴代2位の記録である。ホーム・チームに更新されるまで歴代1位の記録であった。また、挑戦回数26回は番組歴代6位タイの記録である。
  • 2001年4月14日放送分で、通常のコントを披露した(結果は385KBで3位オンエア)。2人がショートコント以外のネタを披露したのはこの回が唯一。

キングオブコント[編集]

キングオブコントでは成績が振るわず、準決勝すら経験がない。

  • 2008年 2回戦進出
  • 2009年 2回戦進出
  • 2010年 2回戦進出
  • 2011年 3回戦進出
  • 2012年 準々決勝進出
  • 2013年 2回戦進出
  • 2014年 1回戦敗退
  • 2015年 1回戦敗退
  • 2016年 1回戦敗退

お笑いホープ賞[編集]

第1回(2003年) 決勝進出

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

過去[編集]

コマーシャル[編集]

DVD[編集]

  • イエヤス 爆笑セレクション Vol.3(2005年11月25日)
  • 死球〜dead ball〜 Vol.4 (2005年4月27日 徳間ジャパンコミュニケーションズ)
  • 爆笑オンエアバトル 江戸むらさき(2005年2月16日 NHKソフトウェア)
  • ホリプロお笑い紅白ネタ合戦(2004年12月15日 ユニバーサルミュージック)
  • B.M.W. 〜BEST MEETS WORST〜(2004年12月1日 ユニバーサルミュージック)
  • 磁石のケータイハンター〜世界一簡単な記憶クイズ〜 vol.4(2010年04月23日 竹書房)

書籍[編集]

  • 江戸むらさきの爆笑ショートコント 英知出版 (2005年8月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「お笑いタイフーンJAPAN vol.11」(エンターブレイン

外部リンク[編集]