三田智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三田 ジョンストン 智子
個人情報
生誕名三田 智子
国籍日本の旗 日本
生誕 (1973-05-22) 1973年5月22日(49歳)
東京都
居住地イギリス
身長162 cm (5 ftin)
ウェブサイト三田ジョンストン智子オフィシャルブログ
スポーツ
日本の旗 日本
種目チアリーダー

三田 智子(みた ともこ、1973年5月22日 - 、現在名:三田 ジョンストン 智子(みた Johnston ともこ)は、日本人初のNFLチアリーダーの一人である。主にダラス・カウボーイズで1998年と2000年にチアリーダーとして活躍した。東京都出身、現在はイギリス在住[1]

身長は162cm。血液型はAB型。好きな色は水色、白、銀色。

来歴[編集]

バトントワリングで高校2年の時に世界大会に出場した[2]

玉川学園女子短期大学在学中、自らチアダンスクラブ「玉川大学体育会ダンスドリルチーム JULIAS」を創設[3]1993年には初出場で学生選手権を制覇、そのまま全米学生チアダンス選手権に出場し6位入賞[2]

1994年に渡米し、オクラホマ州立大学に単身留学[3]。後にスティーヴン・F・オースティン州立大学(テキサス州)のメンバーとなり、全米大学学生選手権大会優勝を飾る[2]

1997年NFL・ダラス・カウボーイズのチアリーダーズオーディションに最終選考まで残るが不合格。再度カウボーイズのチアリーダーオーディションを受けることを決意、経験を積むためシアトル・シーホークスに3ヶ月在籍、この時石井球江レイダース)と共に日本人初のNFLチアリーダーとなった。翌年のオーディションでカウボーイズに2度目の挑戦をし合格となった[3]

一度は帰国も、2000年にカウボーイズに2度目の合格。日本の東京ドームで同年8月6日開催されたアメリカンボウルにチアリーディングメンバーとして凱旋[4]。ダラス・カウボーイズでは三田以降、2名の日本人チアリーダーが誕生している[5]

2001年に帰国し、有限会社ダンス・チアーエンタテインメントを設立。6月には新潟県を中心に活動するアルビレックスチアリーダーズのチームディレクターに就任。アルビレックス出身のNFLチアリーダーは2003年に柳下容子チャージャーズに合格。その後は08年の小野綾子(パンサーズNHLジャガーズ)、12年の安藤美和(バッカニアーズ)がいる[6]2020年をもってアルビレックスチアリーダーズトップチームチーフディレクターを退任した[7]

現在はテレビ出演や執筆活動なども通じ日本でのチアリーディング普及に努めている。また、現在は三田ジョンストン智子という名前で活動している。

2011年から2020年のシンガポールに在住の後、2021年にイギリスへ移住。

脚注[編集]

  1. ^ DCC ALUMNI SPOTLIGHT – TOMOKO MITA JOHNSTON” (英語). 2022年2月18日閲覧。
  2. ^ a b c vol.2 三田 ジョンストン 智子(前篇)”. Dazzling Style. 2022年10月31日閲覧。
  3. ^ a b c 近藤冨士雄 (2022年9月15日). “9月19日(月)のゲストは日本人初のNFLチアリーダー・三田ジョンストン智子さん!”. さくらFM. 2022年10月31日閲覧。
  4. ^ 小座野容斉 (2014年7月17日). “美しきチャレンジャーの記憶 本場米国に挑んだ日本人たち”. 共同通信. 2022年10月31日閲覧。
  5. ^ 河田侑子さん 11年ぶりカウボーイズ・チアリーダー誕生へ、最終選考進出 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年2月18日閲覧。
  6. ^ 飛田野芽生「合格したい」NFLチアリーダーに挑戦 - スポーツ : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2022年2月18日閲覧。
  7. ^ チーフディレクター 三田・ジョンストン・智子 退任のお知らせ | アルビレックスチアリーダーズ Official Web Site”. www.albirex-cheerleaders.com. 2022年2月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]