佐々木美玲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2021年2月
ささき みれい
佐々木 美玲
プロフィール
愛称 みーぱん
ささみ
生年月日 1999年12月17日
現年齢 22歳
出身地 日本の旗 日本兵庫県(出生地:神奈川県
血液型 O型
公称サイズ(2022年[1]時点)
身長 164.9 cm
活動
デビュー 2016年
ジャンル アイドル
備考 日向坂46のメンバー
他の活動 ファッションモデル女優ラジオパーソナリティ
事務所 Seed & Flower
アイドル: テンプレート - カテゴリ

佐々木 美玲(ささき みれい、1999年平成11年〉12月17日 - )は、日本アイドルファッションモデルであり、女性アイドルグループ・日向坂46のメンバー、『non-no』の専属モデルである[2]神奈川県生まれ[3]兵庫県出身[1]。身長165 cm[1]

略歴[編集]

2013年[4]から2015年11月[5]まで大阪を中心に活動を行うローカルアイドルグループ「choco☆milQ」に所属していた[6]

2016年5月12日、けやき坂46オーディションの合格者として、ライブ配信サービスのSHOWROOMの配信でお披露目[7]

2017年、けやき坂46の1期生が主演するドラマ『Re:Mind』に本人役でドラマ初主演[8]

2018年3月7日発売の欅坂46の6thシングル『ガラスを割れ!』の初回限定盤TYPE-B収録のカップリング曲「イマニミテイロ」で自身初のセンターポジションを務め、同年6月20日にリリースされたけやき坂46のデビューアルバム『走り出す瞬間』のリード曲「期待していない自分」で再びセンターポジションを務めた[9]

2019年1月1日、女性シンガー・Aimerの16thシングル『I beg you/花びらたちのマーチ/Sailing』に収録される「花びらたちのマーチ」のMVで主演した[10]。同年2月14日には、『non-no』の2019年4月号から同誌の専属モデルに起用されることが発表され[2]、同年3月15日には自身初の冠番組『開店!みーぱんベーカリー』(テレ朝チャンネル)が放送された[11]

2020年3月25日、日本テレビ系の情報番組ZIP!』内のコーナー「流行ニュース キテルネ!」のリポーターに就任することが発表された[12]。同年6月9日、ドラマ『女子グルメバーガー部』(テレビ東京)に森林映美役で出演することが発表された[13]。同年9月23日にリリースされた日向坂46の1stアルバム『ひなたざか』のリード曲「アザトカワイイ」では、前述したけやき坂46名義の「期待していない自分」以来、約2年3ヶ月ぶり、日向坂46に改名後としては初めてセンターポジションを務め[14][注 1]、グループ史上2人目のセンターポジション経験者となった。なお、同年8月31日 - 9月4日には、『ZIP!』内のコーナー「流行ニュース キテルネ!」と日向坂46のコラボ企画として「アザトカワイイ」の全フロントメンバーである加藤史帆齊藤京子小坂菜緒金村美玖と共に、日替わりでリポーターとして登場した[15]。日向坂46の冠番組日向坂で会いましょう』によると、2020年の個人でのテレビ番組出演回数は10月31日時点で、77回を数え、グループ1位となっている[16]

2021年3月26日より、Amazon Prime Videoにて配信が始まった、ドラマ『賭ケグルイ双』で佐渡みくら役を演じた[17]。さらに同年4月29日より、日本テレビにて放送が始まった、ドラマ『声春っ!』では主人公の日ノ輪めいこ役を演じた[18]。また、ドラマの主題歌「声の足跡[注 2]では、日向坂46 2期生の丹生明里とともにセンターポジションを務め、グループ発売楽曲としては「アザトカワイイ」に続いて、2作連続でセンターポジションを務めた[19]。同年5月25日、健康診断の結果、精密診断を受けたところ一週間ほどの入院が必要と診断されたため当面の間、活動休止することを発表した[20]。同年6月11日、退院したことを発表し、同年6月20日のオンラインミート&グリートをもって、活動再開[21][22]。その後、同年7月11日、山梨県富士急ハイランドコニファーフォレストで開催された『W-KEYAKI FES. 2021』にて、正式に活動再開を報告した[23]。 同年7月6日から10月29日まで、同年6月26日に活動休止を発表した同グループ2期生の小坂菜緒に代わって『星のドラゴンクエスト presents 日向坂46 小坂菜緒の「小坂なラジオ」』(TOKYO FM)のパーソナリティを務めた。同年11月5日からは同番組が『星のドラゴンクエスト presents 日向坂46 佐々木美玲の「ホイミーぱん」』へとリニューアルし、メインパーソナリティを務めた[24]。その後、同番組は2022年3月25日で最終回を迎えることとなったが、同年4月1日からは同局にて、同グループ1期生の影山優佳と共同でパーソナリティを務める形で『ローソン presents 日向坂46のほっとひといき!』がスタートした[25]。同年10月20日に発売された『non-no』12月号の次号予告で、同年11月19日発売の『non-no』1月号(通常版)で初の表紙を飾ることが発表され、同年10月29日には自身の公式ブログでその旨を報告した[26]

人物[編集]

愛称は、みーぱん、ささみ[2]。みーぱんという愛称は1歳の頃に「みーちゃん」と呼ばれていたものがいつの間にか変化してできたものである[27]神奈川県生まれ、兵庫県育ちであり、4年間台湾に住んでいた時期もある[3]

表現力が高く評価されており、けやき坂46に所属していた長濱ねるは佐々木について「完璧人間」「けやき坂46(のメンバーの中)で一番憧れていて。ダンスも歌もできるし、可愛いし、スタイルも良い」と評している[28]。ドラマ『女子グルメバーガー部』(テレビ東京)で共演する大原優乃は自身のTwitterで、けやき坂46の「期待していない自分」の佐々木のパフォーマンスに圧倒されたと投稿したこともある[28]。さらに、大原は佐々木について「人としても尊敬させていただく部分が沢山あるお方」と評している[29]。佐々木と大原は互いに「ゆーベイビー」「みーぱん」と呼び合う仲でもある[28]

明るいキャラクターとしても知られており[30]、佐々木の魅力は「高いパフォーマンス力、番組でのチャレンジ精神、周囲を愛し、愛される人柄など」であると評するメディアもある[28]。日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう』のMCを務める、オードリー若林正恭は佐々木について「芯が強い」と表現している[31]

嗜好[編集]

好物はパン(主に菓子パン)で、毎日パンを食べて育ってきたといい、将来は「パン屋さんになりたい」と公言しているほどである[32]。けやき坂46加入前はパン屋でのアルバイトの経験もある[32]。けやき坂46時代の冠番組『ひらがな推し』では、他のメンバーに興味をもってもらいたいことをプレゼンする企画で、パンを題材にした[33]。本人曰く、パンは「仲の良い親友」[32]。過去に菓子パンが好きと公言していたが、最近好きなパンは食パンとインタビューで答えている。他にも、炭水化物ケーキ果物を好む[34]。嫌いな食べ物は野菜。他にも白米をそのまま食べることが嫌いで必ずふりかけを持参している。

aiko安室奈美恵back numberONE OK ROCKWANIMASCANDALAvenged Sevenfoldの楽曲や、その他色々なアーティストの楽曲を聴いている[35][10]。これらは姉、兄の影響が大きい[35]。また、アイドル好きで 、わーすた三品瑠香GEMParty Rockets GT東京女子流PiiiiiiiNなどのグループを推している[35]

激辛料理が好きで、欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』では激辛麻婆豆腐を顔色を変えずに食し、MCの土田晃之ハライチ澤部佑を驚かせた[14]。2020年2月10日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)内企画「超激辛チャレンジグルメ」に出演した際には、激辛グルメを制限時間内に完食。インターネット上では、自身の愛称である「みーぱん」などがトレンドに入るなど話題となった[36]

日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう』内で、2021年上半期の個人的な出来事として「養命酒を始める(現場に養命酒の一升瓶を持ち込み飲み始める)」と発表し、養命酒好きであることを明かした。その際、MCのオードリーに、現場で堂々と飲酒していることをいじられ、若林正恭には「飲みーぱん」と命名された[37]。同メンバー1期生の潮紗理菜には、現場でゴクゴクゴクゴク飲んでいる旨を明かされているが、アルコールはそんなに弱くなく、酔っぱらうことはないという[37]

特技[編集]

スーパーボールすくいが得意[38]。家にスーパーボールとポイを用意して、風呂でやっていた。けやき坂46時代の冠番組『ひらがな推し』では1分間に42個のスーパーボールをすくった[39]

また、ピアノバイオリンの経験があり、ギターも自己流で練習をしている[35]中国語が得意である[2]

けやき坂46・日向坂46[編集]

キャッチコピーは「あんぱん しょくぱん みーぱん♪」。サイリウムカラーは、けやき坂46時代は水色 × 赤だったが、日向坂46に改名後は黄 × 黄に変更した[40]。佐々木について「けやき坂46時代からのエース」と評するメディアもある[41]

けやき坂46で好きな曲は「JOYFUL LOVE[42][注 3]

メンバー想いであり、自身の公式ブログでは「みんなだーーいすきってことを今日も言いたいです!」「みんならぶーーーー」などと、たびたびメンバーへの愛を綴っている[28]

2017年には、欅坂46の『1stアニバーサリーライブ』にてサプライズで発表される予定であった「けやき坂46 2期生募集」の告知映像を[44]、スタッフの手違いでライブのリハーサル中に見てしまったことで、自らが必要とされていないのではないかと感じ、ショックのあまり1期生メンバーとともに衣裳部屋に立てこもった[31][45]。その際、佐々木が衣裳部屋の鍵を閉め、外部から入れなくしたとされていた[31][注 4]。このエピソードは自身が出演した『あちこちオードリー』(テレビ東京)2020年12月9日放送回や、日向坂46の冠番組『日向坂で会いましょう』でも度々話題になっている[31][46]。『あちこちオードリー』ではMCのオードリー若林正恭から、「みーぱんだもんな、立てこもったの」と訊ねられ、佐々木は「はい」と答えている[31]。この時の状況について、佐々木は「(室内では)『もう辞めよう』みたいな感じ」になっていたといい[31]、『日向坂で会いましょう』ではその日のライブを「ボイコットしようとしました」とも語っている[46]

2019年に卒業した1期生の柿崎芽実とは「フランスパン」というユニットを組んでいた。けやき坂46のアルバム『走り出す瞬間』ではユニット楽曲「三輪車に乗りたい」が収録されている[47]。また、2022年に卒業した2期生の渡邉美穂と「キキララ」というユニットを組んでいた[48]

1期生の影山優佳とは「かげぱん」というコンビ名[49]

2期生の河田陽菜濱岸ひより、3期生の山口陽世を「娘」「ベイビー」と呼んで可愛がっており、この三者も佐々木を「母」と慕っている[50][51]。それゆえに、佐々木・河田・濱岸・山口を「みーぱんファミリー」とくくることがある[50][51]。特に、濱岸は佐々木のことを強く慕っており、濱岸が療養のため活動休止していた際には佐々木が精神的な支えになっていたという[52]。活動再開後、濱岸が「みーぱんさんがいなかったら戻れなかったかもしれない」と述べるほど、佐々木は濱岸を気にかけていた[52]

その他、ファッション誌の専属モデルを務めていたメンバーによって構成された「浅草姉妹」や、1期生の加藤史帆齊藤京子とともに雑誌の表紙を飾ったことを機に佐々木が命名した「きずなーず」といったユニットにも属している[53][54]

作品[編集]

シングル[編集]

けやき坂46

  • ひらがなけやき(2016年8月10日、SRCL-9153)- EAN 4988009130866
  • 誰よりも高く跳べ!(2016年11月30日、SRCL-9269/70)- EAN 4547366279382
  • W-KEYAKIZAKAの詩(2017年4月5日、SRCL-9394/402)- EAN 4547366301281
  • 僕たちは付き合っている(2017年4月5日、SRCL-9400/1)- EAN 4547366301281
  • それでも歩いてる(2017年10月25日、SRCL-9583/4)- EAN 4547366331646
  • NO WAR in the future(2017年10月25日、SRCL-9583/4)- EAN 4547366331646
  • イマニミテイロ(2018年3月7日、SRCL-9738/9)- EAN 4547366350272
  • ハッピーオーラ(2018年8月15日、SRCL-9924/5)- EAN 4547366371086
  • 君に話しておきたいこと(2019年2月27日、SRCL-9985/6)- EAN 4547366383324
  • 抱きしめてやる(2019年2月27日、SRCL-9985/6)- EAN 4547366383324

日向坂46

坂道AKB

アルバム[編集]

欅坂46

けやき坂46

日向坂46

映像作品[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

情報番組[編集]

  • ZIP!(2020年3月25日 - 、日本テレビ)-「流行ニュース キテルネ!」リポーター[12]として不定期出演。

舞台[編集]

ミュージックビデオ[編集]

イベント[編集]

  • GirlsAward
    • Rakuten GirlsAward 2019 SPRING / SUMMER(2019年5月18日、幕張メッセ[68]
    • Rakuten GirlsAward 2019 AUTUMN / WINTER(2019年9月28日、幕張メッセ)[69]
    • Tokyo Virtual Runway Live by GirlsAward Vol.1(2020年6月27日、オンライン配信)[70]
    • Rakuten GirlsAward 2022 SPRING / SUMMER(2022年5月14日、幕張メッセ)[71]
  • 東京ガールズコレクション
    • SDGs推進 TGC しずおか 2019 by TOKYO GIRLS COLLECTION(2019年1月12日、ツインメッセ静岡[72]
    • マイナビ presents 第28回 東京ガールズコレクション2019 SPRING / SUMMER(2019年3月30日、横浜アリーナ[73]
    • TGC KUMAMOTO 2019 by TOKYO GIRLS COLLECTION(2019年4月20日、グランメッセ熊本[74]
    • マイナビ presents 第29回 東京ガールズコレクション 2019 AUTUMN/WINTER(2019年9月7日、さいたまスーパーアリーナ[75]
    • TGC KITAKYUSHU 2019 by TOKYO GIRLS COLLECTION(2019年10月5日、西日本総合展示場[76]
    • SDGs推進 TGC しずおか 2020 by TOKYO GIRLS COLLECTION(2020年1月11日、ツインメッセ静岡)[77]
    • 第30回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 SPRING / SUMMER(2020年2月29日、オンライン配信)[78]
    • 第31回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 AUTUMN / WINTER ONLINE(2020年9月5日、オンライン配信)[79]
    • 第32回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 SPRING / SUMMER(2021年2月28日、オンライン配信)[80]
    • 第33回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 AUTUMN / WINTER(2021年9月4日、さいたまスーパーアリーナ)[81]
    • 第34回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2022 SPRING / SUMMER(2022年3月21日、国立代々木競技場 第一体育館)[82]
    • 第35回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2022 AUTUMN / WINTER(2022年9月3日、さいたまスーパーアリーナ[83]
  • ザンビ THE ROOM 最後の選択(2019年7月31日 - 8月11日、渋谷ヒカリエ ヒカリエホール)[84]
  • TOKYOユニコレ2019 ニッポン応援宣言(2019年11月9日、六本木ヒルズアリーナ)[85]

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

  • non-no(2019年2月20日 - 、集英社)- 専属モデル[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ アルバムのリード曲としては、前作のけやき坂46名義『走り出す瞬間』のリード曲「期待していない自分」に続いて、2作連続のセンターポジションとなる。
  2. ^ 2021年5月26日に発売された、日向坂46 5thシングル『君しか勝たん』に収録されているカップリング曲[19]
  3. ^ 音源収録は日向坂46名義。日向坂46 1stシングル『キュン』に収録[43]
  4. ^ のちに実際に鍵を閉めたのは、同グループメンバーの佐々木久美であったと明かされた。誤りの理由として、佐々木美玲が他のメンバーよりも激しく泣き叫ぶなどしたため、「立てこもりの中心人物」との印象が強くなってしまったためとしている。この立てこもりの旨が世に出たあと、佐々木美玲がメンバーに「私、閉めたっけ?」と聞いたところ、佐々木久美が「もしかしたら私かも」と返したことで、誤りが発覚したという[45]
  5. ^ 大原優乃松田るか瑛茉ジャスミン北村優衣福田愛依松本妃代宮崎優宮下かな子矢島舞美山口まゆ横田真悠の11名と共にオムニバス形式で主演を務めた[13]。また、2021年6月27日放送の『2021夏SP』は休養中であったため、渡邉美穂が代役を務めた[58]
  6. ^ a b 基俊介IMPACTors / ジャニーズJr.)、落合モトキとのトリプル主演[60]

出典[編集]

  1. ^ a b c 佐々木美玲 公式プロフィール”. 日向坂46 公式サイト. Seed & Flower. 2022年3月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e “前代未聞!日向坂の4人が専属モデルに同時起用”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2019年2月14日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201902130000572.html 2021年4月13日閲覧。 
  3. ^ a b 佐々木美玲 (2016年8月2日). “初めまして^ ^ みれい”. 日向坂46 公式サイト. Seed & Flower. 2021年2月1日閲覧。
  4. ^ CHOCO★MILQ [@CHOCO_MILQ] (2013年11月12日). "この後11月12日(火)20時〜Ustream番組「関西ウォーカーTV」さんに、choco☆milQから、佐々木美玲・上田絢生・後藤楓の3名が出演します!チェックしてね〜☆三人で見てる方にパワーを送りまーす!!" (ツイート). Twitterより2021年6月12日閲覧
  5. ^ “佐々木美玲は元地下アイドルだった? パンに対する愛情の深さが話題に”. grape (グレイプ). (2019年10月11日). https://grapee.jp/686379 2021年4月5日閲覧。 
  6. ^ PROFILE”. choco☆milQ. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2021年4月5日閲覧。
  7. ^ けやき坂46(ひらがなけやき)合格者発表!本日5月11日SROWROOM配信決定!”. 欅坂46 公式サイト. 欅坂46 運営委員会 (2016年5月11日). 2019年1月4日閲覧。
  8. ^ a b ryoichi obata 編「欅坂46 巻頭特集 Part.4 けやき坂46初主演ドラマ『Re:Mind』潜入ルポ!!」 『BOMB』 2017年11月号、学研プラス、2017年10月7日、34-37頁。ASIN B075VW713G 
  9. ^ “日向坂46 佐々木美玲は、なぜファンから支持される? “ハッピーオーラ”をナチュラルに体現する存在感”. Real Sound (blueprint). (2020年7月30日). https://realsound.jp/2020/07/post-593326.html 2020年11月27日閲覧。 
  10. ^ a b c “Aimer新曲MV主演はけやき坂46佐々木美玲「夢にも思ってなかった」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年1月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2126487/full/ 2021年4月13日閲覧。 
  11. ^ “日向坂46、知名度アップの突破口はメンバーの“趣味”にあり? 齊藤京子、松田好花ら活躍から考える”. Real Sound (blueprint). (2019年2月25日). https://realsound.jp/2019/02/post-323298.html 2019年2月26日閲覧。 
  12. ^ a b “日向坂46佐々木美玲「ZIP!」内のコーナー「キテルネ!」新リポーターに(コメントあり)”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年3月25日). https://natalie.mu/music/news/372601 2020年3月25日閲覧。 
  13. ^ a b “日向坂46佐々木美玲:テレ東新グルメドラマで主人公の一人に グルメな“謎の女”役「普段の自分の性格とは全然違う」”. MANTAN WEB (MANTAN). (2020年6月8日). https://mantan-web.jp/article/20200608dog00m200018000c.html 2020年6月13日閲覧。 
  14. ^ a b “日向坂46佐々木美玲、1stアルバムリード曲「アザトカワイイ」センターに抜擢され涙”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年8月10日). https://thetv.jp/news/detail/240466/ 2020年11月27日閲覧。 
  15. ^ “日向坂46佐々木美玲ら5人が「ZIP!」で流行ニュースを“アザトカワイく”紹介”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年8月26日). https://natalie.mu/music/news/393618 2020年9月14日閲覧。 
  16. ^ “日向坂46 佐々木久美、なぜバラエティ番組にひっぱりだこ? 視聴者魅了する2つのポイント”. Real Sound (blueprint). (2021年3月14日). https://realsound.jp/2021/03/post-722592.html 2021年6月17日閲覧。 
  17. ^ a b “森川葵主演『賭ケグルイ双』 追加キャストに生田絵梨花、佐々木美玲、犬飼貴丈ら”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年1月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2183066/full/ 2021年3月23日閲覧。 
  18. ^ 「声春っ!」登場人物&役柄を一挙公開!!”. 声春っ! 公式サイト. 日本テレビ (2021年3月27日). 2021年3月31日閲覧。
  19. ^ a b “日向坂46 新曲C/W曲フォーメーション発表、佐々木美玲&丹生明里のWセンター”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2021年4月29日). https://news.dwango.jp/idol/61068-2104 2021年4月29日閲覧。 
  20. ^ “日向坂46の佐々木美玲、当面の間活動休止”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年5月25日). https://hochi.news/articles/20210525-OHT1T51201.html 2021年5月25日閲覧。 
  21. ^ “休養中の日向坂46佐々木美玲、退院を報告 来週より復帰へ”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年6月11日). https://mdpr.jp/news/detail/2622448 2021年6月12日閲覧。 
  22. ^ 日向坂46 5thシングル「君しか勝たん」発売記念 オンラインミート&グリート(個別トーク会) 第4次~第6次応募受付決定!!”. 日向坂46 公式サイト. Seed & Flower (2021年4月27日). 2021年6月12日閲覧。
  23. ^ “櫻坂46&日向坂46で「W-KEYAKIZAKAの詩」披露 念願の合同ライブで感無量「奇跡みたい」<W-KEYAKI FES.2021レポ&セットリスト>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年7月11日). https://mdpr.jp/music/detail/2667374 2021年7月12日閲覧。 
  24. ^ “日向坂46佐々木美玲、単独パーソナリティで新番組スタート”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年10月29日). https://mdpr.jp/news/detail/2842538 2021年11月1日閲覧。 
  25. ^ “日向坂46・影山優佳&佐々木美玲のレギュラー番組がTOKYO FMで4月からスタート!”. エンタメRBB (イード). (2022年3月22日). https://s.rbbtoday.com/article/2022/03/22/197093.html 2022年3月22日閲覧。 
  26. ^ 佐々木美玲 (2021年10月29日). “50周年🌟”. 日向坂46 公式サイト. Seed & Flower. 2021年11月1日閲覧。
  27. ^ 日向坂で会いましょう 【令和初の成人メンバーの20年を振り返りましょう!】”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2020年1月20日). 2020年12月11日閲覧。
  28. ^ a b c d e “日向坂46佐々木美玲:「ZIP!」キテルネ!美女は“完璧人間”? みーぱんの魅力とは…”. MANTAN WEB (MANTAN). (2020年8月9日). https://mantan-web.jp/article/20200809dog00m200001000c.html 2021年9月23日閲覧。 
  29. ^ 大原優乃 [@Yuno__official] (2020年7月2日). "みーぱんの4代目ベイビーに就任させていただきました赤ちゃんゆーベイビーです。「#女子グルメバーガー部」で共演させていただき、人としても尊敬させていただく部分が沢山あるお方♡素敵なブログをありがとう…!!" (ツイート). Twitterより2021年9月23日閲覧
  30. ^ “明るいキャラから一変...日向坂46佐々木美玲、大人の女性へ”. BOOKウォッチ (J-CAST). (2020年9月3日). https://books.j-cast.com/topics/2020/09/03012850.html 2021年9月23日閲覧。 
  31. ^ a b c d e f “日向坂の“立てこもり事件” 佐々木美玲「大大大号泣でした」、乗り遅れた加藤史帆「開けて~」”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2020年12月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/12/09/kiji/20201209s00041000170000c.html 2021年9月23日閲覧。 
  32. ^ a b c “日向坂46・佐々木美玲、パン好きが高じて家がパンまみれに!”. HOMINIS (スカパーJSAT). (2019年3月8日). https://hominis.media/category/idol/post3433/ 2021年5月5日閲覧。 
  33. ^ ひらがな推し|2018/07/09(月)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2018年7月9日). 2018年9月4日閲覧。
  34. ^ 佐々木美玲 (2016年8月12日). “紹介(*^ω^*) みれい”. 日向坂46 公式サイト. Seed & Flower. 2019年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月13日閲覧。
  35. ^ a b c d “けやき坂46 かけのぼるまでまてない! 佐々木美玲”. HUSTLE PRESS (HUSTLE PRESS). (2017年2月24日). https://hustlepress.co.jp/hiraganakeyaki_25/ 2021年4月13日閲覧。 
  36. ^ “日向坂46・佐々木美玲、超激辛グルメを完食! 驚きの反響続々「根性スゴすぎ」”. クランクイン! (ブロードメディア). (2020年2月11日). https://www.crank-in.net/news/73800/1 2021年6月12日閲覧。 
  37. ^ a b “日向坂46・佐々木美玲、現場で養命酒を「ぶあ〜」と飲み干す!”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年8月2日). https://mdpr.jp/news/detail/2701946 2021年8月16日閲覧。 
  38. ^ 佐々木美玲 (2020年11月27日). “あたちーーはあざといの”. 日向坂46 公式サイト. Seed & Flower. 2021年4月13日閲覧。
  39. ^ “けやき坂46佐々木美玲、意外な特技で春日俊彰を圧倒!!”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年5月28日). https://thetv.jp/news/detail/148114/ 2020年11月27日閲覧。 
  40. ^ 佐々木美玲 (2019年3月10日). “サイリウム☀️”. 日向坂46 公式サイト. Seed & Flower. 2020年11月27日閲覧。
  41. ^ “日向坂46を牽引するセンター&フロントメンバー 適材適所の采配が光るチームワークの良さ”. Real Sound (blueprint). (2021年9月16日). https://realsound.jp/2021/09/post-860511.html 2021年9月23日閲覧。 
  42. ^ 佐々木美玲 (2018年10月21日). “みてね!!ジョイフルラーブ❤”. 日向坂46 公式サイト. Seed & Flower. 2022年6月15日閲覧。
  43. ^ 日向坂46 『キュン』 Type-A、Sony Music Records、2019年3月27日。ASIN B07NMR8RSG。SRCL-11121/2。 
  44. ^ “12,000人が熱狂!欅坂46、デビュー1周年記念ライブで新シングル収録曲を初披露 けやき坂46の新メンバーも募集へ”. SPICE (イープラス). (2017年4月7日). https://spice.eplus.jp/articles/117630 2021年9月23日閲覧。 
  45. ^ a b “日向坂46 佐々木美玲「久美さんが『もしかしたら、私かも』って」 衣装部屋立てこもり事件の真相に松田好花も驚き”. ニッポン放送 NEWS ONLINE (ニッポン放送). (2022年7月2日). https://news.1242.com/article/371266 2022年8月20日閲覧。 
  46. ^ a b “日向坂46佐々木美玲が明かす「たてこもり事件」”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年4月8日). https://thetv.jp/news/detail/185849/ 2021年9月23日閲覧。 
  47. ^ 佐々木美玲 (2018年12月3日). “すごいなって。”. 日向坂46 公式サイト. Seed & Flower. 2021年11月1日閲覧。
  48. ^ 日向坂46 [@hinatazaka46] (2022年4月4日). "この後、12:00~#日向坂46 OFFICIAL YouTube CHANNELにて7thシングル「#僕なんか」のMusic Videoが公開されます🏞" (ツイート). Twitterより2022年4月5日閲覧
  49. ^ 影山優佳 (2021年8月8日). “めろんぱん”. 日向坂46 公式サイト. Seed & Flower. 2021年8月8日閲覧。
  50. ^ a b “日向坂46・佐々木美玲、“娘のようにかわいがる”河田陽菜&濱岸ひよりと初3人グラビア”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年12月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2179956/full/ 2021年6月21日閲覧。 
  51. ^ a b 日向坂46デビュー2周年キャンペーン SPECIAL SITE”. 日向坂46 公式サイト. Seed & Flower. 2021年6月21日閲覧。
  52. ^ a b “日向坂46 濱岸ひより、「君しか勝たん」フォーメーションで2列目に 急成長遂げたパフォーマンス力”. Real Sound (blueprint). (2021年5月6日). https://realsound.jp/2021/05/post-755188.html 2021年6月21日閲覧。 
  53. ^ “日向坂初の全国握手会 平成ラストに大盛況「感動」”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2019年4月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201904300000501.html 2019年4月30日閲覧。 
  54. ^ 佐々木美玲 (2019年3月25日). “初めてです🥰”. 日向坂46 公式サイト. Seed & Flower. 2021年2月7日閲覧。
  55. ^ 登場人物”. DASADA 公式サイト. 日本テレビ. 2020年2月15日閲覧。
  56. ^ “日向坂46、メンバー総出演でドラマ「DASADA」主演決定 コラボイベントも開催”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年12月17日). https://mdpr.jp/news/detail/1914521 2021年6月12日閲覧。 
  57. ^ 日向坂46ドラマ出演メンバーによる全話オーディオコメンタリー付き&スペシャルトーク番組放送決定!”. DASADA 公式サイト. 日本テレビ (2019年12月17日). 2020年9月15日閲覧。
  58. ^ “渡邉美穂や大原優乃が、6/27放送の女子グルメバーガー部SPに登場!”. B.L.T.web (東京ニュース通信社). (2021年6月18日). https://bltweb.jp/2021/06/18/burgersp_210618_news/ 2021年6月18日閲覧。 
  59. ^ “日向坂46の青春ドラマ「声春っ!」4月スタート、山寺宏一や平野綾も参加(コメントあり)”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年3月27日). https://natalie.mu/eiga/news/422050 2021年3月27日閲覧。 
  60. ^ “基俊介×佐々木美玲×落合モトキのお悩み解決コメディ、ドラマ放送&舞台上演決定”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年9月6日). https://natalie.mu/eiga/news/492478 2022年9月6日閲覧。 
  61. ^ “「賭ケグルイ双」森川葵、佐野勇斗がゲーム対決!長井短は佐々木美玲に「プロの家畜」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年3月22日). https://natalie.mu/eiga/news/421208 2021年3月23日閲覧。 
  62. ^ “日向坂46佐々木美玲は「プロの家畜」“主人”長井短が撮影裏話明かす<賭ケグルイ双>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年3月22日). https://mdpr.jp/news/detail/2495476 2021年3月23日閲覧。 
  63. ^ 星のドラゴンクエスト presents 日向坂46 小坂菜緒の『小坂なラジオ』”. AuDee. TOKYO FM. 2021年8月6日閲覧。
  64. ^ “日向坂46 佐々木美玲がパーソナリティ!リスナーの一週間の疲れを癒やすラジオ番組、始動!『星のドラゴンクエスト presents 日向坂46 佐々木美玲のホイミーぱん』”. PR TIMES (PR TIMES). (2021年10月29日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002551.000004829.html 2022年5月22日閲覧。 
  65. ^ “日向坂「みーぱん」こと佐々木美玲冠番組でパン作り”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2019年3月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201903010000014.html 2019年3月1日閲覧。 
  66. ^ “けやき坂が初舞台、2チームで10人1役の異色演出”. nikkansports.com (日刊スポーツNEWS). (2018年3月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201803240000127.html 2018年3月24日閲覧。 
  67. ^ 舞台「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」”. 舞台「マギアレコード」公式サイト. TBSテレビ. 2018年7月28日閲覧。[リンク切れ]
  68. ^ “日向坂46佐々木美玲、ハートポーズに胸キュン<GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年5月18日). https://mdpr.jp/news/detail/1839413 2022年5月22日閲覧。 
  69. ^ “日向坂46佐々木美玲、指キスで可愛さ炸裂<GirlsAward 2019 A/W>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年9月28日). https://mdpr.jp/news/detail/1876601 2022年5月22日閲覧。 
  70. ^ “日向坂46佐々木美玲、“みーぱんポーズ”で笑顔はじける胸キュンランウェイ<Tokyo Virtual Runway Live by GirlsAward>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2020年6月27日). https://mdpr.jp/news/detail/2122459 2022年5月22日閲覧。 
  71. ^ “日向坂46佐々木美玲、ノースリーブの夏全開ルック ブルーラインで涼し気な目元<GirlsAward 2022 S/S>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年5月14日). https://mdpr.jp/news/detail/3153676 2022年5月22日閲覧。 
  72. ^ “けやき坂46佐々木美玲、初ランウェイで笑顔振りまく 「かわいい」の声援止まず<TGC SHIZUOKA 2019>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年1月12日). https://mdpr.jp/news/detail/1815572 2022年5月22日閲覧。 
  73. ^ “日向坂46佐々木美玲、素肌チラリの“色っぽコーデ”で魅了<TGC2019S/S>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年3月30日). https://mdpr.jp/news/detail/1830545 2022年5月22日閲覧。 
  74. ^ “日向坂46佐々木美玲の“バーン”に胸キュン<TGC熊本2019>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年4月20日). https://mdpr.jp/news/detail/1834579 2022年5月22日閲覧。 
  75. ^ “日向坂46佐々木美玲、オールバックヘアでオーラ放つ クールなランウェイに釘付け<TGC2019A/W>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年9月7日). https://mdpr.jp/news/detail/1868976 2022年5月22日閲覧。 
  76. ^ “日向坂46佐々木美玲、"みーぱんポーズ”披露で会場興奮<TGC北九州2019>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年10月5日). https://mdpr.jp/news/detail/1879317 2022年5月22日閲覧。 
  77. ^ “日向坂46佐々木美玲、みーぱんスマイルで会場魅了<TGCしずおか2020>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2020年1月11日). https://mdpr.jp/news/detail/1934064 2022年5月22日閲覧。 
  78. ^ “日向坂46佐々木美玲、デニムコーデで大人カジュアルスタイル<TGC2020 S/S>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2020年2月29日). https://mdpr.jp/news/detail/1983551 2022年5月22日閲覧。 
  79. ^ “日向坂46佐々木美玲、タイトなクラシカルヴィンテージで魅了<TGC2020A/W ONLINE>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2020年9月5日). https://mdpr.jp/news/detail/2212509 2022年5月22日閲覧。 
  80. ^ “日向坂46佐々木美玲、ミニスカ姿にドキッ 笑顔で魅力全開<TGC2021 S/S>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年2月28日). https://mdpr.jp/news/detail/2460157 2022年5月22日閲覧。 
  81. ^ “日向坂46佐々木美玲、編み込みツインテ×ラインストーンメイクで可愛さ溢れる<TGC2021A/W>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年9月4日). https://mdpr.jp/news/detail/2753901 2022年5月22日閲覧。 
  82. ^ “日向坂46佐々木美玲、爽やかスマイルで魅了 カラーコーデで春先取り<TGC 2022 S/S>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年3月21日). https://mdpr.jp/news/detail/3066794 2022年5月22日閲覧。 
  83. ^ “日向坂46佐々木美玲、透明感溢れる魅力全開 冬先取りコーデ披露<TGC 2022 A/W>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2022年9月3日). https://mdpr.jp/news/detail/3336380 2022年9月3日閲覧。 
  84. ^ “乃木坂46・欅坂46・日向坂46「ザンビ THE ROOM 最後の選択」追加出演者発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年7月18日). https://mdpr.jp/news/detail/1852462 2019年7月18日閲覧。 
  85. ^ “欅坂46・菅井友香&尾関梨香&守屋茜 日向坂46・佐々木久美&佐々木美玲&渡邉美穂サッカー日本代表新ユニホーム姿で登場!RAMPAGE・RIKUは華麗なリフティング披露”. Edge Line (モバイルメディアプロダクション). (2019年11月10日). http://www.edgeline-tokyo.com/entertainment/39627 2020年1月29日閲覧。 

外部リンク[編集]