春花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
竹富聖花から転送)
移動先: 案内検索
はるか
春花
プロフィール
別名義 竹富聖花(旧芸名)
生年月日 1995年3月24日
現年齢 22歳
出身地 日本の旗 日本愛知県
血液型 B型[1]
公称サイズ(2015年[1]時点)
身長 / 体重 166 cm / kg
スリーサイズ 78 - 59 - 85 cm
活動
デビュー 2010年
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 女優
事務所 ジャパン・ミュージックエンターテインメントイー・コンセプト
その他の記録
グラビアJAPAN2010グランプリ
モデル: テンプレート - カテゴリ

春花(はるか、1995年3月24日[1] - )は、日本女優愛知県出身[1]

略歴[編集]

中学生の終わり頃、進路を考えている時に、大ファンの堀北真希が当時所属していた芸能事務所スウィートパワーが新人募集をしていたのを雑誌『オーディション』で見て応募し[2][注 1]、以降は竹富聖花(たけとみ せいか)の名義で活動していた。当初は、芸能界には興味がなかったという[3]

2010年3月、スウィートパワーのオーディションに合格し、翌月上京。『Ray』2010年8月号より専属モデルとなる。同年11月、グラビアJAPAN2010グランプリを受賞。

2011年1月、『ヘブンズ・フラワー The Legend of ARCANA』でドラマに初出演。翌月、オフィシャルブログを開設した。

2013年5月号をもってRay専属モデルを卒業する。『non-no』2013年6月号より専属モデルとなる。

2016年1月号をもってnon-no専属モデルを卒業した。

2016年5月にスウィートパワーを退社し、同年11月に芸名を春花(はるか)に変え、ジャパン・ミュージックエンターテインメントイー・コンセプト)に移籍した[4]

人物[編集]

  • 3姉妹の長女。妹は2歳下と4歳下[2]
  • 特技はボクシング・レーシングカート[5]
  • 学生時代は女子校に通っており、同級生とは良好な関係であったとの事[3]。スポーツはテニスを経験しており、ボクシングも10代の頃から習っている[6]
  • 人見知りはあまりしない性格だと自分で言っている[7]
  • 2017年の3月に、ロードサービスを始めた事をインスタで明かしている[8]

作品[編集]

映像作品[編集]

  • 携帯彼女(2011年4月、ジェネオン・ユニバーサル) - エリカ 役
  • FULL FACE〜聖なる花〜(2011年8月、リバプール

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

WEB[編集]

  • ショートムービー「かみつき」 (2015年1月19日)- 主演
  • 雨の出会い坂 第3話「押してはいけない」(2017年5月11日)- 太田美香 役

PV[編集]

  • blue but white 「miss you](2017年)
  • 私たちができる cool choice(2017年)

CM[編集]

  • パイオニア「PotterNavi」広告キャラクター (2012年2月 - 2014年2月)
  • KIRIN

バラエティ[編集]

  • SMAP×SMAP 「家政婦の三田さん」(2012年1月9日 - 2月13日、フジテレビ) - 阿須垣唯 役

書籍[編集]

写真集[編集]

雑誌連載[編集]

  • Ray(2010年8月号 - 2013年5月号、主婦の友社) - 専属モデル
  • non-no(2013年6月号[24] - 2016年1月号、集英社) - 専属モデル

小説表紙[編集]

  • 通学距離 〜君と僕の部屋〜 青空編(著:みゆ、2014年4月25日、集英社ピンキー文庫) - カバーモデル
  • 通学距離 〜君と僕の部屋〜 星空編(著:みゆ、2014年5月23日、集英社ピンキー文庫) - カバーモデル

その他[編集]

  • EASTBOY 2012年春夏カタログ「EASTBOY SCHOOL STORY」モデル
  • GirlsAward by CROOZ blog 2012 S/S(2012/5/26・国立代々木競技場第一体育館)
  • TOKYO GIRLS COLLECTION'13 S/S(2013/3/2・国立代々木競技場第一体育館)
  • GirlsAward 2013 SPRING/SUMMER(2013/3/23・国立代々木競技場第一体育館)
  • TOKYO GIRLS COLLECTION'13 A/W(2013/8/31@さいたまスーパーアリーナ)
  • GirlsAward 2014 SPRING/SUMMER(2014/4/19・国立代々木競技場第一体育館)
  • a-nation & GirlsAward island collection by non-no(2014/8/19国立代々木競技場第一体育館前 resort stage)
  • GirlsAward 2015 SPRING/SUMMER(2015/4/29・国立代々木競技場第一体育館)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 堀北とは後にドラマ『生まれる。』に姉妹役で共演し、その後の堀北が主要人物を務めた作品にも何度か出演した。
  2. ^ 当初の予定では2013年1月25日に放送予定であった。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 竹富聖花|Sweet Power”. スウィートパワー. 2016年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月15日閲覧。
  2. ^ a b B.L.T. U-17』Vol.16、東京ニュース通信社〈TOKYO NEWS MOOK〉、2010年ISBN 978-4863361188
  3. ^ a b http://news.mynavi.jp/articles/2015/07/28/taketomi-seika/
  4. ^ http://archive.fo/ZEvM3
  5. ^ http://www.japanmusic.jp/2016/10/post-496.html
  6. ^ https://mdpr.jp/interview/detail/1265338
  7. ^ https://mdpr.jp/interview/detail/1346184
  8. ^ https://www.instagram.com/p/BRPfq58gJdJ/?taken-by=harukaoffi
  9. ^ 上川隆也が検事時代の佐方貞人を熱演。佐方シリーズの第2弾は“エピソード0””. INTERNET TVガイド (2015年11月10日). 2015年11月10日閲覧。
  10. ^ https://twitter.com/code_mirage/status/879151201933115396
  11. ^ 中と下は劇場未公開
  12. ^ シネマトゥデイ (2013年4月26日). “『デスノート』監督最新作!『生贄のジレンマ』、7月劇場公開決定!”. 2013年4月29日閲覧。
  13. ^ シネマトゥデイ (2013年5月20日). “『デスノート』監督最新作!『生贄のジレンマ』は原作と同じ3部作に!”. 2013年6月27日閲覧。
  14. ^ 毎日新聞デジタル (2014年4月14日). “竹富聖花:「ホットロード」で能年玲奈の同級生役に80年代の雰囲気に「わくわく」”. 2014年5月31日閲覧。
  15. ^ eo映画 (2014年3月27日). “「街づくり」と「映画製作」が一体化した全国初の試み! 名護を舞台に贈る、甘く切ないラブストーリー『がじまる食堂の恋』9月公開決定”. 2014年3月27日閲覧。
  16. ^ 毎日新聞デジタル (2014年6月11日). “竹富聖花:映画「空と海のあいだ」で主演 舞台・宮崎は「第2の故郷のような場所」”. 2014年8月19日閲覧。
  17. ^ 映画.com (2014年8月27日). “Hey! Say! JUMP山田涼介、実写版「暗殺教室」で映画初主演!”. 2014年8月27日閲覧。
  18. ^ エビ中・柏木、映画初主演! ボカロ楽曲の実写映画で竹富聖花とダブル主演”. シネマトゥデイ (2015年3月19日). 2015年3月19日閲覧。
  19. ^ ボカロ実写『脳漿炸裂ガール』は7・25公開!キャスト勢ぞろいの場面写真も披露”. シネマトゥデイ (2015年4月23日). 2015年4月23日閲覧。
  20. ^ “ジェシー×松村北斗×田中樹、映画初主演”. ORICON STYLE. (2016年4月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2070749/full/ 2016年4月26日閲覧。 
  21. ^ とある飛空士への追憶”. マッドハウス. 2016年6月7日閲覧。
  22. ^ CMギャラリー(2015年4月28日)
  23. ^ Sweet Power Official Site(2015年4月28日)
  24. ^ http://news.livedoor.com/article/detail/7614532/

外部リンク[編集]