通学シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

通学シリーズ』(つうがくシリーズ)は、みゆによるケータイ小説サイト「E★エブリスタ」にて連載されている小説2010年に書籍化された。

2015年11月7日に「通学電車」、11月21日には「通学途中」が実写映画化された。

概要[編集]

『通学電車 〜君と僕の部屋〜』がE★エブリスタの「Seventeenケータイ小説大賞」にてグランプリとなり、書籍化された[1]

続編の予定はなかったが続編を望む読者の声が多かったことから、苦肉の策として作品をリンクさせた一連のシリーズになった[2]

サブタイトルの「君と僕の部屋」(以下「部屋」)や「君は僕の傍にいる」(以下「傍」)は、時間軸の違いであるとともに、「部屋」が使われるときは居場所を意識していて「傍」のときは相手との距離感を意識されている[3]

社会学者の嵯峨景子のインタビューでは、2010~2012年の中高生の読書調査の結果として通学シリーズが上位にあるとされているものの、シリーズの展開の情報に誤りがある(『通学電車 〜君と僕の部屋〜』の初出が「ケータイ小説サイト野いちご」になっていたり、コミカライズの連載元が「マーガレット」ではなく「Seventeen」になっている[4])。また、嵯峨景子のTwitterにて、大卒の作者が高卒だと発言している。以上により嵯峨景子の通学シリーズ筆者の情報の信憑性は薄い。

仕様[編集]

シリーズの最初のほうの作品は少女小説レーベルのコバルト文庫から発売されたが、同レーベルの通常の体裁通りではなく、他のケータイ小説の書籍と同様に横書きの仕様になっている。その後、ケータイ小説レーベルのピンキー文庫の創刊によりシリーズはそちらに移籍した。

上記のカバーイラストはタレントの写真が使用され、いずれも挿絵はない。なお、漫画版の表紙でもタレントの写真が起用されている。

いくつかは児童文学レーベルの集英社みらい文庫でも刊行され、そちらは挿絵(絵:朝吹まり)がある。また、文章はリライトされた。

シリーズ一覧[編集]

スピンオフ
  • 映画『通学電車/通学途中』スピンオフ そして僕は君をみつける (2015年10月20日発売、ISBN 978-4-08-601877-7、コバルト文庫)
  • 通学シリーズ スピンオフ つよがりな君のためのホットミルク(2016年4月1日発売、ISBN 978-4-08-601898-2、コバルト文庫)
その他
どちらも、タイトル形式は踏襲されてないが、通学シリーズと内容がリンクしている。
  • 5分でときめき! 超胸キュンな話(2017年12月22日発売、ISBN 978-4-08-321412-7、集英社みらい文庫)
集英社みらい文庫作品のアンソロジー。「通学電車~君と僕のクリスマス~」を収録している。

漫画[編集]

  • 通学電車 〜君と僕の部屋〜(作画:月島珊瑚、2010年7月30日発売、ISBN 978-4-08-846549-4マーガレットコミックス
  • 通学路 〜君と僕の部屋〜(作画:長谷瑠依、2011年12月22日発売、ISBN 978-4-08-846727-6、マーガレットコミックス)
  • comic&stories 通学時間 〜君は僕の傍にいる〜 全2巻(漫画:月島珊瑚、ピンキー文庫) ※『通学時間』の書きおろし小説も併録
  1. 2014年7月25日発売、ISBN 978-4-08-660123-8
  2. 2014年9月25日発売、ISBN 978-4-08-660129-0

音声ドラマ[編集]

2013年3月22日に『「通学」シリーズ「通学風景」』、2014年3月25日に『「通学」シリーズ「通学日」』がVOMICで配信された[5]

いずれも、みゆによるオリジナル脚本のミニドラマ。ヴォイスコミックサイトではあるが、本作は画像(コミック)はない。

キャスト(通学風景)[編集]

ミオ
声:斉藤佑圭[6]
ハル(ケイ)
声:森田成一[6]
ショウゴ
声:小野大輔[6]

キャスト(通学日)[編集]

チカ
声:白石涼子[6]
ショウゴ
声:小野大輔[6]

実写映画[編集]

通学シリーズ 通学電車(1作目)
通学シリーズ 通学途中(2作目)
監督 川野浩司
脚本 武田樹里
原作 通学電車 〜君と僕の部屋〜
通学途中 〜君と僕の部屋〜
製作総指揮 小松賢志
芦川太郎
三宅容介
井上肇
余田光隆
出演者 松井愛莉千葉雄大(通学電車)
森川葵中川大志(通学途中)
音楽 SWITCH
主題歌 Silent Sirenhikari」(通学電車)・「キミスキスマイル」(通学途中)
撮影 福本淳
編集 細野優理子
制作会社 ブースタープロジェクト
製作会社 「通学シリーズ」製作委員会
配給 ポニーキャニオン
公開 2015年11月7日(通学電車)
2015年11月21日(通学途中)
上映時間 80分/80分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2015年11月7日に『通学シリーズ 通学電車』、2015年11月21日に『通学シリーズ 通学途中』が公開。上映時間は、いずれも80分。

キャスト(通学電車)[編集]

森下 優名 (もりした ゆうな)
演 - 松井愛莉[7]
北山高校2年生。少し引っ込み思案な、一見普通の女の子。
通学電車の中で見かける“ハル”に片思い中。
春川 彼方(はるかわ かなた)
演 - 千葉雄大[7]
東高2年生の男の子。まわりには“ハル”と呼ばれている。
ある朝、突然ユウナの部屋に現れる。
岡崎 智明(おかざき ともあき)
演 - 吉沢亮[7]
ユウナのクラスメイト。通称トモ。バスケ部の部長。
彼が目当てで、体育館に集まる女子がいるくらい人気がある。
奈々(なな)
演 - 阿部菜渚美[7]
東高1年生。雑誌のモデルをするくらいすごくかわいい女の子。気が強い。
ハルのことが中学の頃からずっと好き。
水島(みずしま)
演 - 城戸愛莉[7]

キャスト(通学途中)[編集]

一条 祐紀(いちじょう ゆき)
演 - 森川葵[7]
進学校の西高に通う高校2年生。大人しくて、真面目な女の子。
一条病院の院長の娘。美術部。塾の前にコンビニに行くのが楽しみ。
羽柴 絋 (はしば こう)
演 - 中川大志[7]
ユキと同じ西高の生徒。美術部。成績は常にトップ、絵を描く才能もずば抜けていて学校では目立つ存在。
吉沢 恭介(よしざわ きょうすけ)
演 - 赤楚衛二[7]
東高2年生。コンビニでアルバイトしている。いつも笑顔で、すごく優しい。
荒川 由香(あらかわ ゆか)
演 - 藤本泉[7]
恭介の彼女。小さくて、かわいいが、気が強い。メイクやおしゃれに夢中な女子高生。
千佳(ちか)
演 - 藤麻理亜[7]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]