Ray (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Ray
ジャンル ファッション
読者対象 女性
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本中華人民共和国の旗 中国タイ王国の旗 タイ
言語 日本語中国語
出版社 主婦の友社
発行人 前田起也
編集長 溝手順子
刊行期間 1988年 -
ウェブサイト ray.shufunotomo.co.jp

Ray』(レイ)は、主婦の友社が発売している女性ファッション誌1988年創刊で、毎月23日発売。

概要[編集]

20歳前後の女性をターゲットとしており、『JJ』『CanCam』『ViVi』とともに赤文字雑誌の一角をなす。私立短大大学生またはアパレル等の比較的服装規定が緩いとされる社会人をターゲット読者層にしている傾向がある。フリルレース、小花柄などの「カワイイ系」のアイテムを主流に『JJ』『CanCam』『ViVi』よりも安価なブランドの服を紹介している。2012年現在のメインスタイリストは渡邊恵子岡安幸代

2009年の日本雑誌協会による発表によると、発行部数は約21万部[1]。発行部数比較では、「赤文字」中、3 - 4位であることが多い[1]

なお、主婦の友社では、これ以外にも、同じ20歳前後の女性をメインターゲットとして『mina』、『S Cawaii!』の2誌を発売している。

海外での展開[編集]

1995年に中国版Rayが創刊された。中国での発行部数は北京上海を中心に約40万部と日本を上回っている[2][3]。また読者層も20代前から30代までと日本よりも広い[4]。内容は4割が日本版からのローカライズで、6割が中国独自の記事となっている[4]

2006年8月25日、タイ版が創刊された[5]

専属モデル[編集]

現在


出身者

読者モデル[編集]

本誌における読者モデルのグループにはプリ♡クラ(Rayプリンセスクラブ)とプリ♡ブロ(プリンセス♡ブロガー)が存在する。前者は2007年5月号、後者は2013年2月号にて結成(初登場は2012年12月・2013年1月号)。各局のテレビ番組にメンバーが登場する機会も少なくない。

プリクラ

プリ♡ブロ

(出身者)

脚注[編集]

  1. ^ a b JMPAマガジンデータ2009: 女性ヤングアダルト誌(2007年10月1日 - 2008年9月30日)”. 社団法人 日本雑誌協会 (2009年). 2009年12月30日閲覧。
  2. ^ “「澁谷發」の情報がアジアの若者を魅了する アジアから見た渋谷”. シブヤ経済新聞 (シブヤ経済新聞). (2002年1月11日). http://www.shibukei.com/special/160/ 2008年10月16日閲覧。 
  3. ^ Desperate times call for innovative measures” (English). The Japan Times (2002年4月14日). 2008年10月16日閲覧。
  4. ^ a b 神田高志「中国と日本は雑誌作りの考え方が違う」”. サーチナ (2006年12月15日). 2008年10月16日閲覧。
  5. ^ ファッション誌「Ray」タイ語版が8月25日創刊”. バンコク週報 (2006年). 2009年6月4日閲覧。
  6. ^ 大内麻友美 (2008年11月27日). “☆Rayありがとうございました☆ 日記”. TBS「アナCAN(アナキャン)」. 2009年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]