この世にたやすい仕事はない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この世にたやすい仕事はない
著者 津村記久子
発行日 2015年10月単行本
発行元 日本経済新聞出版社
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 350
コード ISBN 978-4-532-17136-0
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

この世にたやすい仕事はない』(このよにたやすいしごとはない)は、津村記久子による連作短編小説。初出は「日本経済新聞電子版」の連載小説である[1]日本経済新聞出版社から2015年10月に刊行された。2015年度芸術選奨新人賞文学部門受賞作。2017年4月に、NHKBSプレミアム真野恵里菜主演によりテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

「私」は36歳女性。大学卒業以来ある仕事を14年間にわたって続けてきたものの、燃え尽き症候群のような形で退職して実家に戻り、失業保険給付が切れた後、ある職業紹介所で職探しを始める。すると、正門という初老の相談員の女性から一風変わった仕事を紹介される。

みはりのしごと
最初に斡旋されたのは、実家の目の前にある建物内での仕事。小部屋に置かれたモニターテレビで、在宅で仕事をしている山本山江という小説家を見張るというものだった。チーフの染谷によると、この山本山江が密輸品の何かをそれとは知らずに預かっている疑惑がかかっており、その証拠を押さえるのが目的だった。
バスのアナウンスのしごと
続いて紹介されたのは某バス会社での業務。運行を受託している循環コミュニティバス「アホウドリ号」の広告アナウンスを行うというものだったが、上司にあたる風谷課長からは「江里口という同僚の女性社員を見張ってくれ」という奇妙な注文をつけられる。
おかきの袋のしごと
バス会社のアナウンス業務の契約満了に伴い、バス会社から紹介されたのが創業40年の米菓の製造業者での業務。そこで作られているおかきの小袋に書かれている豆知識を前任者の代わりに担当してほしいというものだった。
ちょうどその会社では新製品を発売することになり、そのの小袋の裏面に「おだやかアドバイス」と称した相談コーナーを掲載する提案をしたところ、これが受け入れられ、さらに商品がヒット。一躍人気コーナーの担当者になったが、社長が相談担当として「おだやかアドバイス」常連投稿者の藤田藤子という見ず知らずの年かさの女性を連れてきたことで状況が一変する。
路地を訪ねるしごと
次に「私」が紹介されたのは官公庁から依頼されたポスターの張り替え作業。盛永という人物の下での仕事だったが、そのポスターを巡って「さびしくない」なる怪しげな団体の存在を知る。
大きな森の小屋での簡単なしごと
続いて「私」が紹介されたのは、大林大森林公園の奥にある小屋での事務仕事。自然に恵まれた環境ではあったが、「私」は小屋の周囲に落ちている栗の実が全部中身を抜かれていることに気付く。正体不明の誰かがこの森に住んでいると確信する「私」。

テレビドラマ[編集]

この世にたやすい仕事はない
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜23:00 - 23:29(29分)
放送期間 2017年4月6日 - 5月25日(8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
製作総指揮 出水有三(NHK)
中尾幸代(アズバーズ
演出 松田礼人
原作 津村記久子
脚本 土田英生
ブラジリィー・アン・山田
中尾幸代
出演者 真野恵里菜
塚本高史
浅野温子
馬場園梓
高橋ひとみ
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

この世にたやすい仕事はない』は、NHKBSプレミアム2017年4月6日から全8回で放送。主演は真野恵里菜で本作がNHK連続テレビドラマ初主演[2][3]

キャスト[編集]

主要キャスト[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 津村記久子『この世にたやすい仕事はない』(日本経済新聞出版社刊)
  • 脚本 - 土田英生ブラジリィー・アン・山田、中尾幸代
  • 演出 - 松田礼人
  • 音楽 - 稲岡宏哉
  • 主題歌 - wacci「Ah!Oh!」
  • 撮影 - 出口朝彦
  • 照明 - 福田実江子
  • 音声 - 尾上啓太
  • 美術 - 池田正直
  • 衣装 - 高橋英治
  • ヘアメイク - 山口圭子
  • 編集 - 斉藤和彦
  • CG制作 - 奥田圭一
  • 音響効果 - 武田拓也
  • 制作統括 - 出水有三(NHK)、中尾幸代(アズバーズ
  • 制作著作 - NHK、アズバーズ

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル 脚本
第1話 4月06日 バスのアナウンスの仕事 前編 土田英生
第2話 4月13日 バスのアナウンスの仕事 後編
第3話 4月20日 おかきの外装の仕事 前編 ブラジリィー・アン・山田
中尾幸代
第4話 4月27日 おかきの外装の仕事 後編
第5話 5月04日 路地を訪ねる仕事 前編 中尾幸代
第6話 5月11日 路地を訪ねる仕事 後編 中尾幸代
ブラジリィー・アン・山田
第7話 5月18日 おおきな森の小屋での簡単な仕事 前編 土田英生
中尾幸代
最終話 5月25日 おおきな森の小屋での簡単な仕事 後編

原作との相違点[編集]

  • 主人公は原作では36歳で名前もないが、ドラマ版では28歳で霧中かすみという名前になっている。
  • 主人公の前職に関する説明は原作では最終盤でしかなされないが、ドラマ版では元小学校教諭という設定が最初から明かされている。
  • 「みはりのしごと」はドラマ版ではカットされ、「みはりのしごと」のチーフだった染谷が「路地を訪ねる仕事」で登場する。
  • サッカーチーム「カングレーホ大林」は原作では昇格と降格を繰り返すチームとして描かれているが、ドラマ版では経営難のため解散した設定になっている。
  • 百合岡純は原作では主人公との接点は皆無だが、ドラマ版では主人公と同棲している。
  • 菅井吉秋は原作では老人保健施設勤務だが、ドラマ版では小学校教師となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2015年度芸術選奨 受賞者・受賞対象”. Nikkei Inc. (2016年3月9日). 2017年4月7日閲覧。
  2. ^ 木曜に新ドラマ枠が誕生! 真野恵里菜 NHK初主演 “お仕事ファンタジードラマ””. NHK ONLINE (2017年2月8日). 2017年2月8日閲覧。
  3. ^ 真野恵里菜 主演 “お仕事ファンタジードラマ” 4月6日(木)放送スタート!”. NHK ONLINE (2017年3月30日). 2017年3月30日閲覧。

外部リンク[編集]

NHK BSプレミアム 23:00-23:29
前番組 番組名 次番組
-
この世にたやすい仕事はない
(2017年4月6日 - 5月25日)
ソースさんの恋
(2017年6月1日 - 7月20日)