受験のシンデレラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
受験のシンデレラ
監督 和田秀樹
脚本 武田樹里
製作 田中和彦
中林千賀子
出演者 寺島咲
豊原功補
田中実
浅田美代子
音楽 三枝成彰
主題歌 星野みちる『ガンバレ!』
撮影 高間賢治
編集 森下博昭
配給 大風
公開 日本の旗 2008年3月29日
上映時間 106分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

受験のシンデレラ』(じゅけんのシンデレラ)は、2008年公開の日本映画受験、緩和ケア、格差社会をテーマにした作品で、2007年に撮影が行われた。

近年はテレビのコメンテーターとしても活躍している精神科医・和田秀樹の初監督作品で、第5回モナコ国際映画祭では作品賞、主演男優賞、主演女優賞、脚本賞の4冠に輝いた。カラー/35mm/dtsステレオ作品。

2016年には、NHK BSプレミアムにて連続ドラマ化された[1]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

  • 遠藤真紀:寺島咲
    生活保護の母児家庭に住む16歳の美少女。小学3年生頃から父親が浮気を重ね、中学入学時に離婚。母親と祖母が切り盛りする洋品店の実家に戻る。しかしまもなく祖母が癌で死に、店を継いだ母親は店番を娘に任せ、自分は仕事もせず酒や男遊び、浪費を繰り返す。利発な子だが、家庭の教育力のなさから勉強が嫌いになる。何とか入学した都立高校も、貧しさが原因で1か月でやめざるをえなくなる。それ以降は、何もしない母に代わり、宅配のバイトと家事を行っている。母の浪費が原因で借金取りが家に来るようになり、結婚をちらつかせてきた彼氏に振られ、元父は別の女性と暮らしていることが分かり、自暴自棄になって水商売を始めようとしたとき、五十嵐と出会う。持ち前の根性とハングリー精神から、五十嵐の指導の下、東大を目指して勉強していく。頼れる友達も家族もいなかった真紀にとって、五十嵐は初めて信頼できる、温かい存在となり、次第に好意も抱いていくが、伝えることはなかった。最終的に東京大学文科二類に合格する
  • 五十嵐透:豊原功補
    受験界のカリスマで、東大合格率9割を誇るミチター・ゼミナールの講師。灘中高、東大医学部卒。小学校時代からませていて、新聞や深夜ラジオが好きだった。頭の回転は速かったが、中学で勉強をさぼっているうちに優秀な同級生に抜かれていく。しかし、高校2年生で政治家になるために医学部に入る、という夢ができてから、様々な独自の勉強法を開発し、東大に合格する。父親は普通のサラリーマンで、母親がパートに出てやっと学校に通える、という金持ちの同級生が多かった中では貧乏だと自覚していた。「教育にお金をかけられる家だけが東大に入れるのはおかしい」「あきらめる人生なんて誰にもあゆませない」という正義感から、東大の仲間と基に、根津のアパートで塾を始める。しかし、「公立から東大に入れる塾」としてマスコミがリークし、大学卒業頃には生徒が沢山集まるようになる。それ以降はかつての正義感が消え、金儲けに走るようになる。富も名声も手にしたがどこか充実感も感じられなくなった頃、がんを宣告される。自暴自棄になっていたころ、真紀と出会い、当初の正義感を思い出し、残りの人生で彼女を東大に合格させることにする。合格発表の3日前に、母校の東大病院でなくなる。両親を早くに亡くして独身で天涯孤独だった。
  • 小宮:田中実
    東京大学病院緩和ケア部医師。五十嵐の東大理科三類-医学部時代の同級生で、一緒にミチターゼミナールを始める。設立当初は短期間で東大英語に対応することが難しかったことから、フランス語受験をするというテクニックを持つ不思議な男。しかし、塾が金儲けに走るようになってから、大学卒業後、東大病院に勤務する。がんになった五十嵐の主治医となる。
  • 遠藤千枝子:浅田美代子
    父親が女を作って家を出て、1人小さな洋品店を経営する母に育てられる。店はおしゃれではなかったが、母がそれなりにニーズをつかみ、また持ち前の愛想良さで、「何か買わなきゃ悪い」という雰囲気を作るのがうまかったため、母子家庭ながら不自由ない生活をしていた。昔からおしゃれには敏感で、服飾専門学校卒業後、有名なアパレル会社に勤める。そこで知り合った男と結婚し、真紀を出産するが、夫がモデルやデザイナーと浮気を重ねたことが我慢できず、離婚。実家に戻るが母が癌で死に、それ以来「変に収入が出ると生活保護費を減らされる」と屁理屈をつけ、毎晩のように飲み歩き、男遊び、浪費を繰り返し、娘には平気で水商売を強く勧める。
  • 木村秀一
    五十嵐の小中高大時代の同級生でミチター・ゼミナールの事務長。開業医の息子でお手伝いさんが夜食を作ってくれるようなお屋敷で育った。しかし灘高時代ではからかわれたりゴミ箱の中に閉じ込められたりするいじめに遭う。五十嵐の勉強法の実験台になっていた。五十嵐と一緒にいたことで低迷していた成績も向上し、年収も大学病院の医師時代から上昇したため五十嵐には頭が上がらない。
  • 宇佐見
    五十嵐とミチターゼミナールを創始したメンバーの一員。東大で演劇に打ち込んで1年生を3回やっていた頃に五十嵐達と出会う。医学部ばかりのメンバーだったため貴重な文系の存在だった。大らかだが最後は金儲けに走る五十嵐と喧嘩別れのようになり、新しい都立高校の教師をやっている。

スタッフ[編集]

受賞歴[編集]

テレビドラマ[編集]

映画を原作としたテレビドラマが2016年7月10日から、NHK BSプレミアムにて放映[1]。全8話。

キャスト(テレビドラマ)[編集]

スタッフ(テレビドラマ)[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 脚本 演出
第1話 7月10日 山岡潤平 植田泰史
第2話 7月17日 武井彩
第3話 7月24日 武田樹里
山岡潤平
第4話 7月31日 武井彩 木下高男
第5話 8月07日 山岡潤平
第6話 8月14日 武井彩 植田泰史
第7話 8月21日 山岡潤平 木下高男
最終話 8月28日 山岡潤平
武井彩
植田泰史

脚注[編集]

外部リンク[編集]