初恋芸人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
初恋芸人
著者 中沢健
発行日 2009年11月
発行元 風塵社
ジャンル 恋愛、コメディ
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 221
コード ISBN 978-4776300441
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

初恋芸人』(はつこいげいにん)は、特撮番組の脚本執筆やUMA(未確認生物)研究家としても活躍している中沢健の作家デビュー作で、異色の恋愛小説

大槻ケンヂ[1]切通理作[2]枡野浩一[3]など多くのサブカル関係者他、児童文学作家の那須正幹[4]直木賞受賞作家の朱川湊人[5]からも絶賛される。

初出は風塵社からハードカバーで出版された純文学であったが、2016年にはライトノーベルレーベルのガガガ文庫から加筆修正された文庫版が発売される。

2016年NHK BSプレミアムでテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

マニアックな怪獣ネタでお笑いライブに出演する売れないピン芸人・佐藤賢治は年齢=彼女いない歴で女友達すらいないモテない男であった。 そんな佐藤賢治のネタを面白いと語る不思議な女性・市川理沙に出会い、佐藤は初恋をする。 市川理沙と一緒に日常的に遊ぶようになる佐藤。 だが、自分に自信が持てない佐藤は彼女に好意を伝えることがどうしても出来ない。

ある日、市川から「しばらく会うのはやめましょう」と突然言い出される佐藤。 ショックを受ける佐藤であったが、市川には大きな秘密が隠されていた・・・。

登場人物[編集]

佐藤賢治
売れない金ないモテないピン芸人。
市川理沙
賢治と仲良くなるミステリアスな女性。
山形ツチノコ
賢治たち売れない芸人の面倒を見てくれる兄貴分的な存在。
ガラバン
常に怪獣の着ぐるみを着用して日常生活を送る男。

刊行情報[編集]

ハードカバー版
文庫版

テレビドラマ[編集]

初恋芸人
ジャンル 恋愛、コメディ
放送時間 火曜23:15 - 23:44(29分)
放送期間 2016年3月1日 - 4月19日(8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK BSプレミアム
演出 小林義則
原作 中沢健『初恋芸人』
脚本 根本ノンジ
出演者 柄本時生
松井玲奈
小堺一機
溝端淳平
エンディング フラワーカンパニーズ「青い吐息のように」
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

2016年3月1日から4月19日まで、NHK BSプレミアムプレミアムよるドラマ」にて放送された。全8話。ドラマ化を記念してCSチャンネルファミリー劇場で、特番『緊急解禁!オーケン&タケシといっしょ オカルトリカルワールド茨城』も放送された。

キャスト[編集]

佐藤賢治
演 - 柄本時生[6]
マニアックな怪獣ネタをやる売れないピン芸人。
市川理沙
演 - 松井玲奈
劇場にライブを見に来て打ち上げに参加し、賢治と仲良くなる。

賢治の芸人仲間[編集]

山形ツチノコ
演 - 小堺一機
元売れっ子芸人。賢治たち売れない芸人をまとめる兄貴分的な存在。
ガラバン
演 - 内田朝陽
賢治と同じく怪獣ネタをやる芸人。常に怪獣の着包みを着用し、それが自分の「真の姿」と公言する。
須藤雄太
演 - 桜田通
売れないピン芸人。大金持ちの御曹司。
鈴木亜矢子
演 - 井上晴美
売れないコンビ芸人「シャンパンタワー」。
山下真紀
演 - 松田るか
売れないコンビ芸人「シャンパンタワー」。
杉山弘樹
演 - 徳山秀典
売れない夫婦マジック芸人「杉山夫妻」。
杉山宏美
演 - 飯沼千恵子
売れない夫婦マジック芸人「杉山夫妻」。
馬場田秀平
演 - 阿見201
売れないコンビ芸人「ツープラトン」。
猪本寛太
演 - 福崎峻介
売れないコンビ芸人「ツープラトン」。
兼子三郎
演 - ベンガル
ツチノコの昔からの仲間。売れっ子芸人。

賢治の中学生時代の同級生[編集]

橋本晃
演 - 溝端淳平
賢治の中学生時代からの親友。
山口恵理
演 - 小池里奈
中学生時代に「佐藤くんと付き合うなら死んだほうがマシよ」と言い放った。
水谷
演 - 永瀬匡
白川
演 - 川原一馬
山田
演 - 田口巧輝
千佳
演 - 吉田桃華
麻衣子
演 - 朝比奈加奈

その他[編集]

バラエティ番組MC
演 - 岩井ジョニ男(イワイガワ)(第2・4・5・8話)
番組プロデューサー
演 - 長谷川朝晴(第5話)
須藤洋蔵
演 - 吉満寛人(第7話)
雄太の父。
ポット谷村
演 - 白部由紀夫(第7・8話)
秘書
演 - 大内唯(第7話)
洋蔵の秘書。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 中沢健『初恋芸人』
  • 脚本 - 根本ノンジ
  • 主題歌 - フラワーカンパニーズ「青い吐息のように」
  • 制作統括 - 篠原圭、川西琢、北坊信一
  • 撮影 - 大石広宣
  • 照明 - 鵜飼隆一郎
  • 映像 - 植木康弘
  • 美術 - 杉川廣明
  • タイトルCG - 本田貴雄
  • 編集 - 伊藤裕之
  • 音響効果 - 安藤友章
  • 記録 - 田中久美子
  • 演出 - 小林義則
  • 制作・著作 - NHK、共同テレビジョン

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル
第1話 3月01日 モテない、売れないボクに謎の女神が現れた!
第2話 3月08日 人生初のギリギリデート!
第3話 3月15日 女神がうちにやってきた!
第4話 3月22日 ラブラブ宣言経由地獄行き!
第5話 3月29日 女神がボクにウソをついた!
第6話 4月05日 試練の同窓会! 奇跡の先の悲劇
第7話 4月12日 全て丸コゲ! もう恋なんてしない…
最終話 4月19日 初恋卒業! なるか一発逆転芸!?

脚注[編集]

  1. ^ 初恋芸人の帯文”. 歩く雑誌・月刊 中沢健はエンターティナー (2010年2月19日). 2016年6月12日閲覧。
  2. ^ 『初恋芸人』の中沢健さんに会いたい。part 2/3 - YouTube
  3. ^ 【書評】『初恋芸人』性欲=お互いに大切に思い思われたい欲”. NEWSポストセブン. 小学館 (2016年4月14日). 2016年6月12日閲覧。
  4. ^ 那須正幹先生から、「初恋芸人」へのコメントをいただきました。”. 歩く雑誌・月刊 中沢健はエンターティナー (2010年2月25日). 2016年6月12日閲覧。
  5. ^ 朱川湊人先生 (初恋芸人の感想)”. 歩く雑誌・月刊 中沢健はエンターティナー (2010年2月19日). 2016年6月12日閲覧。
  6. ^ 柄本時生、お笑い芸人役で連ドラ主演 恋の相手役に松井玲奈”. ORICON STYLE (2016年1月25日). 2016年6月1日閲覧。

外部リンク[編集]

NHK BSプレミアム プレミアムよるドラマ
前番組 番組名 次番組
はぶらし/女友だち
(2016年1月5日 - 2016年2月23日)
初恋芸人
(2016年3月1日 - 2016年4月19日)
最後のレストラン
(2016年4月26日 - 2016年6月14日)