藤澤恵麻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふじさわ えま
藤澤 恵麻
生年月日 (1982-12-26) 1982年12月26日(34歳)
出生地 日本の旗 日本 香川県高松市
身長 168 cm[1]
血液型 O型[2]
職業 女優ファッションモデル
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2001年 -
配偶者 一般人男性(2017年 - )
事務所 セブンス・アヴェニュー
公式サイト 藤澤恵麻 official site
主な作品
テレビドラマ
連続テレビ小説天花
3年B組金八先生
映画
奇談
ラブ★コン

藤澤 恵麻(ふじさわ えま、1982年12月26日 - )は、日本ファッションモデル女優

香川県高松市出身。セブンス・アヴェニュー所属。元『non-no』『MORE』専属モデル。愛称は、えまちゃん

略歴[編集]

香川大学教育学部附属高松中学校[3]香川県立高松高等学校[4]を経て、上智大学経済学部に進学し上京。

上智大学在学中の2001年に『non-no』第32回モデルオーディションでグランプリを受賞し、同誌専属モデルとしてデビュー。テレビCFにも出演。

2003年にセブンス・アヴェニュー所属となり、初めて受けたオーディションでNHK連続テレビ小説天花』のヒロインに選ばれ、女優としてもデビュー。演技未経験のヒロインの起用は数少ない例である。

2005年に上智大学を卒業の後、本格的に女優の活動を開始。同年公開の『奇談』で映画初出演にして初主演。2006年には映画『ラブ★コン』に主演、2007年には『社長放浪記』で初舞台に立つ。

2008年には香川県から「香川かがやき大使」に任命され、故郷の香川県のPRに務める[5][6]

「やっぱり役者って、その人自身が問われるから、もっと自分を変えたい、うまくなりたい、殻を破りたい」との思いから、一念発起して2008年秋より仕事を休業。2009年春の舞台『カゴツルベ』出演に伴う一時帰国を挟んで、計1年8か月にわたりアメリカロサンゼルスへ語学留学。語学学校にて英語を学びホームステイも経験、ロサンゼルス在住の映画監督や真田広之マシ・オカらの俳優とも交流する[7]

2008年夏から3か月間アメリカに短期留学。2009年5月から再びアメリカへの留学。[要出典]

2010年夏に語学学校を卒業して帰国し、同年秋より仕事に復帰[8]。同年のTBSテレビ獣医ドリトル』で帰国後初めて連続ドラマに出演[7][9]。同年11月発売の『MORE』(集英社)2011年1月号より2015年12月発売の2016年2月号まで同誌専属モデルを務める[10]

私生活では、上智大学の1年時にテニスサークルで出会った3歳年上の会社員の一般男性と、約15年に及ぶ友人関係を経て2016年8月より交際に発展。翌2017年7月に婚約を発表[11][12][13][14]。7月16日には、出演中のドラマ『セシルのもくろみ』の撮影現場で共演者からサプライズの祝福を受けた[14]。交際記念日である同年8月21日に婚姻届を提出し結婚、同年秋に東京都内での挙式を予定している[15]

人物[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

雑誌[編集]

  • non-no(2001年 - 2005年、集英社) - 専属モデル
  • MORE(2010年 - 2015年、集英社) - 専属モデル

その他[編集]

作品[編集]

写真集[編集]

  • 『FUJISAWA EMA』(2004年3月、集英社)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 藤澤恵麻”. モアモデルズ|DAILY MORE. 集英社. 2016年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月17日閲覧。
  2. ^ a b c d PROFILE”. 藤澤恵麻 official site. セブンスアヴェニュー. 2017年8月21日閲覧。
  3. ^ ラジオイベントカー「80ちゃん号」が来ました”. イベントトピックス. 香川大学 (2012年4月25日). 2017年8月21日閲覧。
  4. ^ 藤澤恵麻”. 高高卒業生を応援するページ. 高松高校 東京玉翠会. 2017年8月21日閲覧。
  5. ^ “藤澤恵麻が故郷・香川の“かがやき”大使に就任!”. ORICON NEWS (oricon ME). (2008年1月23日). http://www.oricon.co.jp/news/51374/full/ 2017年8月22日閲覧。 
  6. ^ “藤澤恵麻が故郷のPR…「香川かがやき大使」に就任”. ZAKZAK (産経デジタル). (2008年1月24日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_01/g2008012415.html 2017年8月22日閲覧。 
  7. ^ a b “藤沢恵麻2年半ぶり連ドラで小栗旬と共演”. 日刊スポーツ. (2010年9月13日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20100913-677796.html 2017年8月22日閲覧。 
  8. ^ 斉藤蓮 (2011年9月15日). “【藤澤恵麻】“回り道”が育てた女優・藤澤恵麻!自分のペースで…”. zakzak by 夕刊フジ (産経デジタル). http://www.zakzak.co.jp/people/news/20110915/peo1109150843000-n1.htm 2017年8月17日閲覧。 
  9. ^ “藤澤恵麻:米国留学から帰国 2年半ぶりに連ドラ出演 「獣医ドリトル」でカリスマトリマー役”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (MANTAN). (2011年9月14日). https://mantan-web.jp/article/20100913dog00m200060000c.html 2017年8月17日閲覧。 
  10. ^ “あの人気女優が「MORE」1月号で専属モデル入りを発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2010年12月9日). https://mdpr.jp/news/detail/968060 2016年3月8日閲覧。 
  11. ^ “藤澤恵麻、婚約を発表 ドラマ現場でサプライズ祝福も<コメント全文>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年7月18日). https://mdpr.jp/wedding/detail/1701212 2017年8月17日閲覧。 
  12. ^ “藤澤恵麻、大学時代の先輩と8月結婚へ「ずっとそばで見守ってくれた」”. eltha(エルザ) (oricon ME). (2017年7月18日). http://beauty.oricon.co.jp/trend-culture/love/news/2094280/full/ 2017年8月17日閲覧。 
  13. ^ “超ピュア藤沢恵麻を射止めた「サークルの先輩」とは”. 日刊スポーツ. (2017年7月31日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1863759.html 2017年8月22日閲覧。 
  14. ^ a b “藤澤恵麻、大学先輩と“長い間お待たせ婚”!共演者からサプライズ祝福”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年7月18日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170718/mrg17071805050001-n1.html 2017年7月18日閲覧。 
  15. ^ “藤澤恵麻、婚姻届提出 予定通り交際記念日の8月21日に”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年8月22日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170822/mrg17082205010002-n1.html 2017年8月22日閲覧。 
  16. ^ 藤澤恵麻「きんぴか」でキャバ嬢に 初の金髪&大胆露出ドレス”. 映画.com (2016年2月26日). 2016年2月26日閲覧。

外部リンク[編集]