浦和パルコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
浦和PARCO
URAWA PARCO
Urawahigashired.JPG
店舗概要
所在地 330-0055
埼玉県さいたま市浦和区東高砂町11-1
座標 北緯35度51分31.2秒 東経139度39分32.7秒 / 北緯35.858667度 東経139.659083度 / 35.858667; 139.659083座標: 北緯35度51分31.2秒 東経139度39分32.7秒 / 北緯35.858667度 東経139.659083度 / 35.858667; 139.659083
開業日 2007年10月10日
施設所有者 株式会社パルコ
施設管理者 株式会社パルコ
延床面積 65,232.34 m²
商業施設面積 33,400 m²
店舗数 199店
営業時間 10:00 - 21:00
レストラン 11:00 - 23:00
紀伊国屋書店 10:00 - 22:00
ユナイテッド・シネマ 上映時間により異なる
駐車台数 535台(他に公共施設分315台)台
最寄駅 JR logo (east).svg 浦和駅
外部リンク 浦和PARCO
Parco logo.svg
浦和PARCO(浦和レッズ優勝時)

浦和PARCO(うらわパルコ)は、埼玉県さいたま市浦和区に所在する、株式会社パルコが運営する商業施設。パルコ単館では最大の規模であり、浦和駅前のストリームビル地下1階から地上7階部分に入居する。埼玉県内では新所沢PARCO(1983年6月23日開店)以来の2店舗目となる。

概要[編集]

浦和駅東口駅前地区第二種市街地再開発事業に伴い建設された、ストリームビル(高さ約55m、公共施設部分の愛称はコムナーレ)の中核テナントである。再開発事業では駅前広場なども整備され、浦和駅から雨天でも濡れることなくPARCO内に入店できるように、駅から入口まで屋根が設置されている。コムナーレ内にはさいたま市立中央図書館、さいたま市市民活動サポートセンター、浦和コミュニティセンター、国際交流センター、浦和消費生活センターなどの公共施設も入居している。

浦和PARCOや公共施設などを含めた施設全体の名称はストリームビルで、公共施設部分の愛称はコムナーレとなっている。また、商業施設であるPARCO部分のビル名称はさいたま浦和8953ビルである。

浦和エリアの映画館としては浦和ヴェルデ東宝などがあったが、より利便性の高いパルコ内にユナイテッド・シネマ浦和が開業した影響で閉館している。

パルコ単館では最大の面積で、総面積では名古屋PARCOに次ぐ規模となっている。基本商圏はさいたま市全域であり、浦和駅から鉄道30分圏内沿線を中域商圏、東京都内一部エリア・埼玉県全域を広域商圏と捉えている。

浦和を本拠地とする浦和レッドダイヤモンズに協賛しており、選手の集合写真を伊勢丹浦和店同様に正面にて掲示している。また浦和レッズ応援セールなどを実施する。かつては、「REDS GATE×ジェイコムショップ浦和パルコ店」を1階に開設し、ホームゲーム時にはグッズ販売を行っていた(2017年9月24日に閉店)。

売上高(テナント取扱高)[編集]

2017年度の売上高(テナント取扱高)は、名古屋PARCO、池袋PARCOに次いで第3位で、福岡PARCO仙台PARCO等を上回る。ただし、これは2016年8月7日に建て替え休業に入った渋谷PARCOの売上が無いうえでの順位である。[1]

年表[編集]

  • 2007年10月9日 - マスコミ関係者含む内覧会の後、プレオープン。
  • 2007年10月10日 - 浦和PARCO開業。122テナントがさいたま市内初出店。
  • 2010年3月11日 - 浦和PARCOの土地建物(区分所有権)を購入。土地建物は自社所有へ

[2]

  • 2010年8月31日 - 1989年に開店し、浦和市時代から親しまれていた浦和区高砂ユザワヤ浦和店が移転のため閉店。地下1階から4階まで手芸用品販売フロア、4階の一部と5階に手芸学校、ユザワヤ芸術学院が入っており、芸術学院を含め約4700平方メートル、30万 - 40万品目を扱う大規模な店舗であった。
  • 2010年10月8日 - PARCO3階にユザワヤ浦和店が移転し、ユザワヤ浦和パルコ店として開業。売り場面積は約2100平方メートルと約半分となった。同時に芸術学院も4階に移転した。ユザワヤの跡地は住友不動産の分譲マンション、シティハウス浦和高砂となった。
  • 2015年6月12日6月28日 - 浦和を舞台としたアニメ作品である浦和の調ちゃんとコラボしたイベント「浦和の調ちゃん えきしびじょん」が開催され、グッズ販売や特別上映、スタンプラリーを行った[3]
  • 2015年9月17日9月20日 - PARCO前にて市共催の「浦和ビアスタジアム」を開催[4]
  • 2017年7月31日 - 地下1階の核テナントである、大丸浦和パルコ店が閉店[5][6]

店内構成[編集]

浦和PARCOのエントランス
駅前広場と浦和PARCO
浦和PARCO脇の日の出通り

出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「フロアガイド」を参照。

主なテナント(2015年2月現在)※中央図書館は8階。市民活動サポートセンターは9階。浦和コミュニティセンターは10階。

7階(シネマ)
6階(シネマ、フィットネス、レストラン)
  • ユナイテッド・シネマ浦和(受付)
  • メガロス浦和パルコ店
5階(書店、レストラン、不動産)
4階(メンズ&レディスファッション、スポーツ、アウトドア、サウンド&バラエティ)
3階(レディス&キッズ、リビンググッズ、ホビー)
2階(レディス&メンズファッション、生活雑貨、ビューティー、家電)
1階(雑貨、ベーカリー&スイーツ)
地下1階(フードなど)
地下2階 - 有料駐輪場、さいたま市営浦和駅東口駐車場(市民広場下駐車場あり)
地下3階 - さいたま市営浦和駅東口駐車場(市民広場下駐車場あり)
地下4階 - さいたま市営浦和駅東口駐車場(土日祝日のみ開放。平日は閉鎖している。)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]