高砂 (さいたま市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 埼玉県 > さいたま市 > 浦和区 > 高砂 (さいたま市)
高砂
—  町丁  —
埼玉県庁
高砂の位置(埼玉県内)
高砂
高砂
高砂の位置
座標: 北緯35度51分27.1秒 東経139度39分15.52秒 / 北緯35.857528度 東経139.6543111度 / 35.857528; 139.6543111
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Saitama, Saitama.svg さいたま市
浦和区
人口 (2018年(平成30年)7月1日現在)[1]
 - 計 4,395人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 330-0063[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 大宮

高砂(たかさご)は、埼玉県さいたま市浦和区町名。現行行政地名は高砂一丁目から高砂四丁目。郵便番号は330-0063[2]

地理[編集]

さいたま市浦和区の南部、浦和駅の西側に位置する。浦和駅を中心として、埼玉県やさいたま市の中枢機関が集まる。仲町東仲町東高砂町東岸町岸町南区別所と隣接する。埼玉県庁浦和駅に近い市街地である。

町内の多くの小学生が通学する、町名を由来とするさいたま市立高砂小学校は隣接する岸町にあり、町域内に学校は置かれていない。

埼玉県庁埼玉県警察さいたま地方裁判所さいたま地方検察庁など重要官庁が置かれる。高層マンションが多く、戸建住居は少ない。

31階建てのエイッペクスタワー浦和など浦和駅西口周辺では再開発が進み、今後もアトレや27階建ての超高層マンションが建設される。東部を旧中山道が南北に貫く高砂は、かつて浦和宿の下町だった。

地価[編集]

商業地の地価は、2017年平成29年)1月1日公示地価によれば高砂二丁目1-23の地点で109万円/m2となっている。住宅地の地価は、高砂二丁目の地点で88万0000円/m2となっている[4]。これは県内最高価格であり、東京23区内以外では国内で最も高い住宅地地価である。

歴史[編集]

沿革[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)9月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
高砂一丁目 229世帯 540人
高砂二丁目 378世帯 793人
高砂三丁目 458世帯 1,076人
高砂四丁目 817世帯 1,712人
1,882世帯 4,121人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
高砂一丁目 全域 さいたま市立高砂小学校 さいたま市立岸中学校
高砂二丁目 1番
6〜8番
12〜13番
その他 さいたま市立岸町小学校 さいたま市立白幡中学校
高砂三丁目 全域
高砂四丁目 全域 さいたま市立浦和別所小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

  • 国際興業バス
    • 浦和駅西口〜田島団地線(浦10) - 浦和駅西口、県庁通り、埼玉会館、県庁前
    • 浦和駅西口〜常盤四丁目〜桜区役所線(浦12) - 浦和駅西口
    • 浦和駅西口〜市役所〜桜区役所線(浦12-2) - 同上
    • 浦和駅西口〜常盤四丁目〜大久保浄水場線(浦13) - 同上
    • 浦和駅西口〜下大久保線(浦13-2) - 同上
    • 浦和駅西口〜市役所〜大久保浄水場線(浦13-3) - 同上
    • 浦和駅西口〜中浦和駅〜桜区役所線(浦11) - 浦和駅西口、県庁通り、埼玉会館、県庁前
    • 浦和駅西口〜志木駅東口線(志01) - 同上
    • 浦和駅西口〜西浦和車庫線(浦11-2) - 同上
    • 浦和駅西口〜蕨駅西口線(浦19-2) - 同上
    • 浦和駅西口〜戸田車庫線(浦81) - 同上
    • 浦和駅西口〜北浦和駅西口線(浦14) - 浦和駅西口、県庁通り、埼玉会館、県庁前、県庁裏、労金会館、市役所南口
  • 東武バス

道路[編集]

施設[編集]

埼玉県警察本部
伊勢丹浦和店・浦和コルソ
武州銀行本店跡地に建つ埼玉りそな銀行浦和中央支店
さいたま商工会議所
シティハウス浦和高砂

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b さいたま市の人口・世帯(時系列結果)”. さいたま市 (2017年9月5日). 2017年9月20日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年9月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ さいたま市立小・中学校通学区域一覧”. さいたま市 (2017年8月23日). 2017年9月20日閲覧。

参考文献[編集]