三国一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三国 一夫(みくに かずお、1975年(昭和50年)2月4日 - )は、新潟県栃尾市(現・長岡市)出身の俳優、劇団「全快転」主宰。稲川素子事務所所属。血液型はA型。身長187cm。

来歴・人物[編集]

新潟県立長岡商業高等学校横浜商科大学卒業。高校時代はバレーボール部。

1994年(平成6年)12月30日に、バイト先の炉端焼き居酒屋に来店した事務所のマネージャーにスカウトされる。[1][2]当時、ローンで購入したバイクが盗まれたため正月返上で働いていたという。[3]

1995年(平成7年)に男性を前提としたNHK連続テレビ小説の主役オーディションで1000人の中から選ばれ、『走らんか!』でデビュー。このとき3年目だった大学を休学し、1年留年している。

番組終了後の1996年(平成8年)に歌手活動を行い、シングルを2作リリース。大学卒業から2001年(平成13年)にかけてドラマや映画に出演。

2002年(平成14年)の「うきは」に出演。

2007年(平成19年)に小劇団の舞台に出演。活躍の場を舞台に移す。

2009年(平成21年)10月、演出家竹邑類の紹介により、所属事務所をマーキュリーマネイジメントに移籍。

2011年(平成22年)1月 - 2011年(平成22年)12月、「劇団 球」の副主宰として活動する。(本人のブログ等にて確認)

2012年(平成23年)7月、「劇団 全快転」を立ち上げ、主宰・演出・俳優として活動することを本人及び関係者のブログ等にて確認。

機動戦士ガンダム』や『ONE PIECE』などのファンである。

現在は、稲川素子事務所に所属。

趣味・特技[編集]

  • バイク(自動二輪中型免許取得)
『走らんか!』では、実際にスーパーカブに乗って博多の街中を疾走している。
  • フォークリフト免許取得
  • バレーボール
  • バスケットボール
  • 音楽鑑賞
  • 考古学
  • ガンダムプラモデル
  • アニメ(ガンダム・エヴァンゲリオン・ワンピース・ケロロ軍曹)

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

映画[編集]

教育映画[編集]

  • ウェット・ブルー(1996年12月、大阪教育委員会)
  • ゴールからの出発(2000年9月、シナノ企画

オリジナルビデオ[編集]

CKD啓発動画研究会[編集]

  • JINZO人間!ピュアロカ〜ピュアロカ編〜CKDをやっつけろ!

CM・広告[編集]

MV[編集]

  • シャーロット・ケイト・フォックス「ゴンドラの唄」(シャーロットの相手役として出演)

舞台[編集]

  • 三人姉妹 〜世界終末章 夢幻〜(2007年8月24日 - 27日、新宿村ライブスタジオ)
  • Piggyback Ride(2008年5月16日 - 18日、銀座小劇場)
  • 青い空と青い海と、それから。(2009年3月20日 - 22日、千本桜ホール)
  • Piggyback Ride 2009(2009年10月2日 - 4日、ウッディシアター中目黒)
  • My Home=home ground マイホームグラウンド(2010年5月21日 - 23日、シアター風姿花伝)
  • 星屑たちのfootage (2010年11月26日 - 28日、高田馬場ラビネスト)
  • My Home=home ground 2011(2011年5月13日 - 15日、ウッディシアター中目黒)
  • 星屑たちのfootage フッテージ take2(2011年12月8日 - 11日、ウッディシアター中目黒)
  • 劇団 球×劇団 全快転 HAPPYコラボ声援公演『支度部屋』(2012年10月20日 大岡山西住区センターレクホール)
  • だってだから、愛だってば(2012年11月30日 - 12月2日、ウッディシアター中目黒)
  • 劇団 全快転 第1回旗揚げ公演「青空」(2013年5月17日 - 5月19日、山王フォレスト、大森theater) 初演出・出演
  • 劇団 全快転 第2回公演「懺悔の樹」(2013年11月1日 - 11月2日、山王フォレスト、大森theater) 演出・出演
  • ながおか号砲アゲイン (2014年1月29日- 2月2日、中野劇場MOMO)

CDシングル[編集]

発売:パイオニアLDC

  • 君の中へ(1996年7月24日)
  • どこまでいける(1996年11月13日)

出典・脚注[編集]

  • a 読売新聞大阪1995.10.27夕刊12頁「俳優・三国一夫 NHK朝のドラマの主役に抜てき 持ち前の元気と明るさ生かし」
  • a b 毎日新聞大阪1995年9月2日夕刊7頁
  • a b 新潟日報2009年7月2日2頁「連ドラ主演から挫折、再び役者へ 見つけた“自分の一歩”」

関連項目[編集]