新藤栄作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しんどう えいさく
新藤 栄作
別名義 進藤 栄作(旧芸名)
生年月日 (1958-11-28) 1958年11月28日(58歳)
出生地 日本の旗 和歌山県日高川町
血液型 AB
ジャンル 映画、テレビドラマ
舞台、オリジナルビデオ
活動期間 1984年 -
主な作品

映画
『俺ら東京さ行ぐだ』
敦煌
テレビドラマ
心はいつもラムネ色
いのち
八代将軍吉宗
かけおち通り
華の誓い
親子は他人の始まり
オリジナルビデオ
難波金融伝・ミナミの帝王』シリーズ

新藤 栄作(しんどう えいさく、1958年11月28日 - )は、日本の俳優アクティングラボ・無現(旧:劇団無現)の主宰者、元キックボクサー和歌山県出身。エ・ネスト所属。血液型はAB型。一時期、芸名を同じ読みの進藤 栄作としたが、短期間で元の字に戻した[1]

人物[編集]

和歌山県美山村寒川(現:日高川町)出身。摂陵高等学校(現・早稲田摂陵高等学校)、奈良大学中退。

経歴[編集]

学生時代は大阪球場にあった芦原道場で石井和義極真空手を学ぶ。 プロキックボクサーとなるために上京、プロとしてデビューを果たすも進路を変更して演劇集団 円の演技研究所へ入所し俳優に転身。その後、東京キッドブラザースの劇団員を経て1984年漫才作家の秋田實をモデルとしたテレビドラマ『心はいつもラムネ色』(NHK朝の連続テレビ小説)で主役に抜擢されデビュー。

1985年に『俺ら東京さ行ぐだ』で映画初主演デビュー、同作品で第9回日本アカデミー新人俳優賞受賞。1988年の映画『敦煌』に出演後、俳優の木村圭作らと共に劇団A.W.S(1993年10月)を旗揚げし、1995年4月に劇団エ・ネストへと発展。2000年11月に同劇団を解散し、映画監督中田信一郎を主宰者として迎え2001年1月に劇団無現を結成、同年4月に旗揚げした。現在は俳優として活動する一方、中田と共に同劇団の主宰者として後進の育成に尽力している。関西出身の役を演じる時は関西弁で演じており、関西出身のタレント・芸人と番組出演する時も関西弁で話している。

関西では長寿番組『ふるさとZIP探偵団』(関西テレビ)の探偵として親しまれていた。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • ZAP!運が良けりゃの話じゃん!(1991年)
  • 人間兇器/愛と怒りのリング(1992年)
  • どチンピラ4(1993年)
  • 野獣伝説(1993年)
  • 東京デカメロン(1996年)
  • アブナイ女 GATEWAY(1996年)
  • ROSE 殺戮の女豹 (1996年)
  • Zero WOMAN 名前のない女(1996年)
  • ラブリーエンジェル (1997年)
  • ニッポン競輪アカデミー 青春、ジャン!(1997年)
  • 勝算 ODDS(オッズ)(1997年)
  • 実姉(あね)奴隷(1997年)
  • 赫いためいき(1997年)
  • 裏警察BOX39 FILE 医療ミス(1998年)
  • 難波金融伝・ミナミの帝王「消えない傷痕」(1999年)
  • ホステスNo.1 再建屋みなみ(2000年)
  • 首領への道 15・16(2001年)
  • 実録外伝 ゾンビ極道(2001年)
  • 極道仁義 浪花の龍(2001年)
  • 実録・竹中正久の生涯 荒らぶる獅子(2002年 GPミュージアムソフト)
  • 北の狼(2002年)
  • 難波金融伝・ミナミの帝王「破産の葬列」(2005年)
  • 実録 愚連隊の神様 万年東一(2007年)[1]
  • むこうぶち 4 高レート裏麻雀列伝 雀荘殺し(2008年6月25日、オールインエンタテインメント) - 勝田 役

バラエティー番組[編集]

他多数

ディスコグラフィー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 2007年のオリジナルビデオ『実録 愚連隊の神様 万年東一』では「進藤」の名で出演している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]