Ya-Ya-yah

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Ya-Ya-yah
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2001年[1] - 2007年10月
レーベル ポニーキャニオン
2002年
事務所 ジャニーズ事務所

Ya-Ya-yah(ヤーヤーヤー)は、ジャニーズ事務所に所属していたジャニーズJr.内の男性アイドルグループ

メンバー[編集]

脱退者[編集]

来歴[編集]

2001年
  • 薮・赤間・鮎川・山下の4名にて「YA~YA」が結成される。その後、吉田・安藤・星野が加入し、ユニット名が「Ya-Ya-yah」に変更される。ユニット名はメンバーの苗字のイニシャルである薮・山下・吉田の「Y」3文字、赤間・鮎川・安藤の「A」3文字、星野の「H」1文字を組み合わせた造語である。Ya-Ya-yahとして『THE夜もヒッパレ』に出演。その後、吉田と安藤は脱退[要出典]
2002年
  • フジテレビの大型スポーツイベント「KICK!ODAIBA 2002」(4月27日 - 5月6日)のオープニングイベントに参加してスペシャルライブを行い、CDデビュー決定を発表[3]
  • 5月15日、『勇気100%/世界がひとつになるまで』にてCDデビュー[1]。ユニットの平均年齢は当時の事務所において史上最年少のCDデビューであった[1][3]
2003年
2004年
  • 八乙女が加入し[1]、6人体制となる。同年8月、赤間と星野が脱退。
  • 10月15日より、薮・八乙女・鮎川がTBS系ドラマ『3年B組金八先生 第7シリーズ』に出演し「金八トリオ」と呼ばれる。
2005年
2007年
  • 9月21日、薮と八乙女が同事務所所属グループ『Hey! Say! JUMP』のメンバーとなったため[1]、番組『Ya-Ya-yah』10月27日放送分の最終回をもって活動終了。

作品[編集]

CD[編集]

楽曲[編集]

タイアップに関してはジャニーズ タイアップ一覧を参照のこと。JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス」において、アーティスト名に「Ya-Ya-yah」を含む楽曲の検索結果をもとに記述。

2002年
2003年
  • Singin' for you(作詞:TAKESHI、作曲:ha-j/J) - JASRAC作品コード:108-0870-1
  • Just wanna lovin' you(作詞:平田純子、作曲:清水達也) - JASRAC作品コード:109-9452-1
  • Up Down Ya-Ya-yah(作詞・作曲:永井真人) - JASRAC作品コード:109-9349-5
2005年
  • START!(作詞・作曲:酒井ミキオ) - JASRAC作品コード:122-6017-7
  • Never Stop the Music(作詞・作曲:飯田建彦) - JASRAC作品コード:122-6021-5
  • 2 of Us(作詞:821R・飯田建彦、作曲:飯田建彦) - JASRAC作品コード:122-6022-3
  • 風に乗って(作詞・作曲:岩崎貴文) - JASRAC作品コード:126-6173-2
  • ひまわりのメロディ(作詞:相田毅、作曲:谷本新) - JASRAC作品コード:128-7037-4
  • 新しい夜明け(作詞:小間浩子、作曲:酒井ミキオ) - JASRAC作品コード:122-6018-5
2006年
  • Ikujinashi(作詞・作曲:宮崎歩) - JASRAC作品コード:128-7059-5
  • Jewel Star(作詞:821R/漆野淳哉、作曲:清水昭男) - JASRAC作品コード:132-4821-9
  • サマー×サマー×サマー!(作詞:日比野裕史・821R、作曲:日比野裕史) - JASRAC作品コード:132-7454-6
  • to the Freedom(作詞・作曲:Gajin) - JASRAC作品コード:134-9082-6
  • 愛しのプレイガール(作詞:Zopp、作曲:熊谷憲康) - JASRAC作品コード:137-0182-7
  • 手をつないでゆこう(作詞:Ya-Ya-yah・酒井ミキオ、作曲:酒井ミキオ) - JASRAC作品コード:137-0192-4
  • 世界がひとつになるまで(作詞:松井五郎、作詞:馬飼野康二) - JASRAC作品コード:028-9763-6
2007年
  • いま進もう(作詞:八乙女光、作曲:磯崎建史) - JASRAC作品コード:140-7468-1
  • Baby Babe(作詞:白井裕紀、作曲:JOVETTE RIVERA AND JOEY CARBONE) - JASRAC作品コード:142-9646-2

単独コンサート[編集]

2005年 初単独コンサート 新年so-soh 金八トリオYa-Ya-yah コンサート 1月2日 1か所1公演 横浜アリーナ 初の単独コンサート。
ジャニーズJr.のグループが単独コンサートを行うのは先輩グループKAT-TUNに続き2組目[要出典]
2005年 単独コンサート Ya-Ya-yah 春休み横浜アリーナコンサート 3月26日 1か所2公演 横浜アリーナ 2度目の単独コンサート。
2005年 単独コンサート Johnnys Theater "SUMMARY 2005" 7月29日 - 7月31日、8月29日 1か所15公演 エプソン品川アクアスタジアム ジャニーズの歴史を発表された楽曲にて紹介するというコンサート
NEWSも、同会場で同公演を行った。

出演[編集]

各メンバー単独出演は、それぞれの記事に記載。

バラエティ[編集]

CM[編集]

  • KICK!フジテレビ - 薮・赤間・鮎川・山下・星野
  • 不二家 ファイブスター - 薮・赤間・鮎川・山下・星野
  • ピザーラ スーパービンゴ篇 - 薮・八乙女・鮎川・山下
  • 進研ゼミ高校講座(2007年) - 鮎川・山下[4][5]

舞台[編集]

コンサート[編集]

ジャニーズJr.としての出演のみ。その他は#単独コンサートを参照。

  • お客様は神サマーConcert 55万人愛のリクエストに応えて!!(2002年8月10日 - 8月28日)薮・赤間・鮎川・山下・星野
  • A Happy "NEWS" year 2004新春(2004)薮・鮎川・山下
  • SUMMARY(2004年)薮・八乙女・鮎川・山下・星野
  • SUMMARY Ya-Ya-yah show time(2005年)薮・八乙女・鮎川・山下
  • ジャニーズJr.の大冒険!(2006年8月15日 - 8月25日)
  • you達の音楽大運動会(2006年9月30日、10月1日)
  • 2007 謹賀新年 あけましておめでとう ジャニーズJr.大集合(2007年1月2日 - 1月7日)
  • ジャニーズJr.の大冒険!@メリディアン'07(2007年8月15日 - 8月24日)
  • JOHNNYS'Jr. Hey Say 07 in YOKOHAMA ARENA(2007年9月23日、9月24日(第1部のみ))

イベント[編集]

  • KICK! ODAIBA 2002(2002年4月29日 - 5月6日、お台場 フジテレビ) - 薮・赤間・鮎川・山下・星野
  • 忍たま乱太郎 10周年記念イベント(2002年5月12日、Zepp TOKYO) - 薮・赤間・鮎川・山下・星野
  • 忍たま乱太郎 公開イベント(2002年6月22日、Zepp TOKYO) - 薮・赤間・鮎川・山下・星野
  • パタヤミュージックフェスティバル(2003年3月19日 - 24日、タイ王国) - 薮・八乙女(メンバー外として出演)・山下

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h  高城龍二 (2015年11月17日). “【ジャニーズ深堀】幻のグループ「Ya-Ya-yah」 Hey!Say!JUMP登場で複雑なファン心理と、メンバーの今”. T-SITEニュース. 2015年11月28日閲覧。
  2. ^ a b c d 『Myojo 2006年9月号』 集英社、2006年7月22日、77-80頁。 Ya-Ya-yah観察ノート。
  3. ^ a b c “Ya-Ya-Yah、光GENJIの曲でCDデビュー”. SANSPO.COM. (2002年4月28日). オリジナル2003年10月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031005150927/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200204/g_top2002042804.html 2016年1月8日閲覧。 
  4. ^ 鮎川太陽のCM出演情報”. ORICON STYLE. 2015年12月27日閲覧。
  5. ^ 山下翔央のCM出演情報”. ORICON STYLE. 2015年12月27日閲覧。

関連項目[編集]

  • Hey! Say! JUMP ‐ 薮と八乙女が所属する男性アイドルグループ。