SUMMARY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

SUMMARY(サマリー)は、日本舞台作品。企画・構成・総合演出はジャニー喜多川

概要[編集]

「SUMMARY」とは日本語で「要約」という意味があり[1]、その意味の通り、現在までのジャニーズ事務所の歴史を披露する舞台。

公演の大まかな内容は、出演しているグループが歴代のジャニーズタレントの映像を織り交ぜながら、その映像に映し出されているタレントの楽曲を歌うというもの[要出典]

「世代を超えていつまでも子供たちが楽しめるイベントにしたい」というジャニー喜多川の意向で、夏休み期間中に開催されている[2]。2011年に東京ドームと、初の地方公演を京セラドーム大阪にて決行。

公演概要[編集]

SUMMARY 2004[編集]

正式名称は『Johnnys Theater"SUMMARY"of Johnnys World[4]。総勢100人のジャニーズJr.が出演し[7]、360度の会場内全面スクリーンやリフターを駆使したステージで、青い衣装のNEWS(錦戸亮、内博貴を抜いた6人[※ 1])と赤い衣装のKAT-TUNのメンバー計12人がステージ中央で手をつなぎ、200本の噴水が高さ8メートルに立ち昇る中を輪になってフライングしたり、初代ジャニーズからタッキー&翼までの先輩の映像をバックに、ジャニーズ事務所42年の歴史を振り返るヒット曲のメドレーを披露[6][8]。計35公演で12万3000人を動員し[6][7]、コンサート史上最多の一斉フライングが話題となった[2][7]

SUMMARY 2005[編集]

正式名称は『Johnnys Theater"SダUイMジMェAスRトY2005"[12]。製作費は前回と同じく12億円[10]。公演はグループ別で、NEWSは“スポーツ”をテーマに、Ya-Ya-yahは“芝居”をテーマに公演を行い[11]Kis-My-Ft2[12]J.J.Express[13]らジャニーズJr.総勢150人も出演した[10]

SUMMARY 2008[編集]

正式名称は『サマーなら歌って踊けて JohnnYs SUMMARY 2008』。JohnnysのYが大文字で表記されている。総製作費は15億円で、お台場の約1万5000平方メートルの敷地に直径60メートル・高さ30メートルの円形ドーム型の会場(約3300人収容)が作られた[16]。ステージでは24トンの水を使用して高さ11メールまで上がる噴水の演出や、Hey!Say!JUMPの当時のメンバー10人による約16メートルの高さでのフライング[19]などが披露された他、“7 VS BEST”のテーマに沿って2つの軍が様々な技で勝負したり、中山優馬が主人公となって世界各国を回るというストーリーでショーが展開され[15]、総勢約200人が出演した[16]。B.A.D.の中間淳太は初日の8月2日初回公演のオープニングで足をひねり、右足くるぶしとかかとの間の骨の剥離骨折で1か月の重傷であると診断されたが、「迷惑はかけられない」と当初からの予定通り、8月10日まで[※ 5]の11ステージをテーピングをしながら出演した[20]

本公演のチケットは即日完売し[18]、元々は休演日だった8月29日に2公演の追加特別公演が決定[16]。また、ファンへの感謝、そして五輪にちなんでタイトルを「金SHOW」としたこの特別公演[16]の場で9月1日 - 5日の再追加(アンコール)公演と[17][18]、A.B.Cに橋本良亮が加入してA.B.C-Zが結成されることが発表された[17]。全37公演で12万4000人を動員[18]

SUMMARY 2010[編集]

JCBホールになぞらえ[23]、会場は「Johnnys' Circus Boys Hall」というサーカス会場に[22]、Hey! Say! JUMPのメンバーも「Johnnys' Circus Boys」(ジャニーズ・サーカス・ボーイズ[24])と銘打ってサーカス団員に変身[23]。水30トンを使用し[23]、高さ15メートルまで噴き上げる水の中で全員でフライングをしたり、山田と有岡は距離15メートルの綱渡りをしたりした[22]。知念は2か月前にメキシコ人のプロに指導を受けて空中ブランコを10日程で習得し[25]、地上10メートルで命綱なしで披露した[22]曲の中心は主にHey! Say! JUMPのファーストアルバム『JUMP NO.1』で作られた[要出典]。全56公演で14万人を動員[22]

SUMMARY 2011[編集]

追加公演として『Hey! Say! JUMP さよなら夏休み! SUMMARYスペシャル』と題して京セラドーム大阪と東京ドームでも公演が行われた[26]

SUMMARY 2011
オープニングではHey!Say!JUMPのメンバーとジャニーズJr.合計20人が横1列に並び、Vの字になったり波を作ったりするフライングからスタート[31]。その後、「水の国」「森の国」「鏡の国」「火の国」といったファンタジックな世界を旅する中で、山田がカーペットでフライングをしたり、中島と知念がフライングしながらジャグリングをしたり、犬が伊野尾や岡本の合図でフリスビーやダブルダッチを披露したりした[31]。その後はニューヨークに舞台を移し、新曲「Magic Power」をダンス班とバンド班のW構成で披露[31]。有岡が弁慶、山田が牛若丸を演じ、弁慶が刀狩りの果てにニューヨークに辿り着く設定で、高さ3.5メートル・全長30メートルの綱渡りや空中ブランコも披露された[30][31]
Hey! Say! JUMP さよなら夏休み! SUMMARYスペシャル
出演者総数は350人+犬9匹という東京ドーム史上最大となり、15万5000人の観客を動員[32]。恒例の水の演出の中[32]、Hey! Say! JUMPのメンバーが30メートルの高さでバルーンを使って円になるフライング[33][34]、山田と有岡が綱渡り[35]、知念が30メートルの高さからのバンジージャンプなどアクロバットな技を披露した[36]

Johnny's Dome Theatre 〜SUMMARY〜[編集]

今までのSUMMARYとは違い、「Johnny's Dome Theatre」のサブタイトルとして「〜SUMMARY〜」と表記されている。また、“Theater”ではなく、“Theatre”である。

A.B.C-Z公演
Sexy Zone公演
  • 出演:Sexy Zone / ジャニーズJr.[37]高田翔[38]
  • 公演期間・会場:2012年8月11日 - 15日、梅田芸術劇場メインホール(全11公演) / 8月21日 - 9月2日、TOKYO DOME CITY HALL(全21公演)[37]
ジャニーズJr.公演
内博貴 with Question?公演
  • 出演:内博貴 with Question?[37]
  • 公演期間・会場:2012年9月8日・9日、TOKYO DOME CITY HALL(全2公演)[37]

作品[編集]

SUMMARY of Johnnys world Digest(2004年11月)
2004年8月23日に行なわれた公演のダイジェスト版で、写真集とDVDがセットになった商品。公式携帯サイト「Johnny's web」にて限定販売された。
SUMMARY of Johnnys world(2005年4月20日)
先に発売されたダイジェスト版の公演内容を完全収録したもの。
SUMMARY2010(2011年1月12日発売)JABA-5079
2010年8月25日に行なわれた公演を収録。Hey! Say! JUMPのコンサートDVDの扱いである。
SUMMARY 2011 in DOME(2012年3月7日発売)JABA-5094〜5095
2011年9月25日に行なわれた東京ドーム最終公演を収録。Hey! Say! JUMPのコンサートDVDの扱いである。当初はスペシャルゲスト陣も収録されると発表されていたが中止となり[要出典]、Hey! Say! JUMPと ジャニーズJr. のみ収録されている。
Johnny's Dome Theater〜SUMMARY2012〜 A.B.C-Z(2013年1月16日発売)Blu-ray:PCXP-50200 DVD:PCBP-52228[39]
2012年8月18日に行われたA.B.C-Z公演を収録。
Johnny's Dome Theatre〜SUMMARY2012〜 Sexy Zone(2013年2月13日発売)Blu-ray:PCXP-50120 DVD:PCBP-52240[40]
2012年8月に行われたSexy Zone公演を収録。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 錦戸亮内博貴は同時期に開催されていた『関ジャニ8 サマースペシャル2004』に出演のため、本公演には出演していない[3]
  2. ^ 当初は8人での出演が予定されていたが[3]、飲酒問題により実際は7人での出演となった[9]
  3. ^ 公演期間中は「ジャニーズシアター」と改名された[10]
  4. ^ このJ地区の“J”は元々このような名称であって、ジャニーズの“J”ではない。
  5. ^ 大阪松竹座で8月19日 - 28日まで開催される『関西ジャニーズJr. @大阪松竹座2008夏』出演のため、関西ジャニーズJr.は期間途中までの出演だった。

出典[編集]

  1. ^ a b “歴史的舞台「ジャニーズ」の42年をショー化”. zakzak. (2004年6月3日). オリジナルの2004年6月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040604032722/http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_06/g2004060305.html 2017年12月28日閲覧。 
  2. ^ a b c “ジャニーズ祭を毎夏やる!今年は品川”. nikkansports.com. (2005年6月18日). オリジナルの2005年6月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050620002340/http:/www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050618-0008.html 2017年12月28日閲覧。 
  3. ^ a b “NEWS ライブハウスでサマリー再演”. Sponichi Annex. (2005年5月6日). オリジナルの2005年5月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050526143602/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20050506043.html 2017年12月28日閲覧。 
  4. ^ a b Biography 2004 Kis-My-Ft2”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2017年12月28日閲覧。
  5. ^ 「4piece」『Wink up』2004年11月号、ワニブックス、 76頁。
  6. ^ a b c “歌う!踊る!空も飛ぶ!!ジャニーズ夏祭り12億円ド派手ステージ”. 東京中日スポーツ. (2004年8月11日). オリジナルの2004年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040811063518/http:/tochu.tokyo-np.co.jp/00/hou/20040811/spon____hou_____005.shtml 2017年12月28日閲覧。 
  7. ^ a b c “ジャニーズ100人出演ド派手ショー開幕”. スポニチアネックス. (2004年8月11日). オリジナルの2004年8月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040813071950/http:/www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2004/08/11/04.html 2017年12月28日閲覧。 
  8. ^ “NEWSやKAT-TUNらでホッテストな「SUMMARY」”. SANSPO.COM. (2004年8月11日). オリジナルの2004年8月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040813042136/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200408/gt2004081105.html 2017年12月28日閲覧。 
  9. ^ “NEWS、エンターテインメントショー公演冒頭で謝罪”. SANSPO.COM. (2005年7月27日). オリジナルの2005年11月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051129044709/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200507/gt2005072708.html 2019年4月11日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f “「ジャニーズサマリー」品川がラスベガスに”. Sponichi Annex. (2005年6月18日). オリジナルの2005年12月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051220165118/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20050618031.html 2017年2月16日閲覧。 
  11. ^ a b c “NEWSとYa-Ya-yah今夏開催「SUMMARY」”. SANSPO.COM. (2005年6月18日). オリジナルの2005年8月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050826031949/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200506/gt2005061804.html 2017年12月28日閲覧。 
  12. ^ a b Biography 2005 Kis-My-Ft2”. Johnny's net. ジャニーズ事務所. 2017年12月28日閲覧。
  13. ^ 「Big Challenge!!!」『Wink up』2005年9月号、ワニブックス、 94-96頁。
  14. ^ a b c ジャニーズJr. > Concert/Srage > SUMMARY 2008”. ジャニーズ事務所. 2008年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月21日閲覧。
  15. ^ a b c d 「永久保存版 サマーなら歌って踊けてJohnnys' SUMMARY 2008 超密着BOOK」『POTATO』2008年10月号、学研、2008年9月6日、 75-81頁。
  16. ^ a b c d e “ジャニーズ総出のサマリーは水24トン使用”. nikkansports.com. (2008年8月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20080804-391480.html 2017年8月14日閲覧。 
  17. ^ a b c 「SUMMARY」アンコール公演発表デイリースポーツonline(2008年8月30日)、2008年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月14日閲覧。
  18. ^ a b c d e “Hey!Say!JUMP、「サマリー」再追加公演発表”. スポーツ報知. (2008年8月30日). オリジナルの2009年2月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090207190303/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20080829-OHT1T00324.htm 2017年8月14日閲覧。 
  19. ^ “ヘイセイジャンプ 10人全員でフライング”. Sponichi Annex. (2008年8月4日). オリジナルの2008年10月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081012005813/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/special/2008jani/KFullNormal20080804052.html 2017年8月14日閲覧。 
  20. ^ 中間淳太、骨折隠して舞台出演9日間デイリースポーツonline(2008年8月13日)、2008年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月14日閲覧。
  21. ^ a b c Concert/Stage「SUMMARY 2010」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2010年). 2010年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月11日閲覧。
  22. ^ a b c d e “JUMP知念侑李命綱せず空中ブランコ”. nikkansports.com. (2010年7月22日). オリジナルの2010年7月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100725181837/http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20100722-656514.html 2010年7月25日閲覧。 
  23. ^ a b c “Hey! Say! JUMP飛んだ!舞った!”. デイリースポーツonline. (2010年7月22日). オリジナルの2010年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100811102236/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2010/07/22/0003229546.shtml 2010年8月11日閲覧。 
  24. ^ “「Hey! Say! JUMP」空中ブランコに成功!”. スポーツ報知. (2010年7月22日). オリジナルの2010年11月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101124111129/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20100722-OHT1T00014.htm 2010年11月24日閲覧。 
  25. ^ “Hey! Say! JUMP、曲芸を披露”. SANSPO.COM. (2010年7月22日). オリジナルの2010年7月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100725171126/http://www.sanspo.com/geino/news/100722/gng1007220509000-n1.htm 2010年7月25日閲覧。 
  26. ^ a b c d e Concert/Stage「Hey! Say! JUMP さよなら夏休み!SUMMARYスペシャル」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2011年). 2011年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月11日閲覧。
  27. ^ a b c Concert/Stage「SUMMARY 2011」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2011年). 2011年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月11日閲覧。
  28. ^ a b キンプリ岸優太さんは神宮寺勇太さんに出会ったころ嫉妬!?舞台DREAM BOYS上演中”. AERA dot.. 朝日新聞出版 (2020年12月19日). 2021年3月3日閲覧。
  29. ^ “輪島功一さん孫はジャニーズだった 初舞台でボクシング披露”. Sponichi Annex. (2011年8月8日). オリジナルの2011年12月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111230141207/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/08/08/kiji/K20110808001372090.html 2011年12月30日閲覧。 
  30. ^ a b “Hey!Say!JUMP謝罪 公演再開”. デイリースポーツonline. (2011年8月8日). オリジナルの2011年8月9日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110809105727/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2011/08/08/0004345336.shtml 2011年8月9日閲覧。 
  31. ^ a b c d 堀江純子「夏を彩る歌、ダンス、フライングから、綱渡り、空中ブランコ、噴水まで…Hey!Say!JUMPがめくるめくパフォーマンスで観客魅了!」『BEST STAGE』第37巻2011年10月号、音楽と人、2011年8月27日、 16-21頁。
  32. ^ a b c Hey! Say! JUMP (2011年10月1日). インタビュアー:桜井麻子. “Hey!Say!JUMP 東京ドーム公演『さよなら夏休み!SUMMARYスペシャル』インタビュー”. 観劇予報 演劇キック (えんぶ). http://kangekiyoho.blog.jp/archives/51733611.html 2022年3月10日閲覧。 
  33. ^ “「ジャニーの世界」でベガスに殴り込み”. デイリースポーツonline. (2011年9月25日). オリジナルの2011年10月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111009080434/http://daily.co.jp/gossip/johnnys_topics/2011/09/25/0004499511.shtml 2011年10月9日閲覧。 
  34. ^ “Hey! Say! JUMP 社長の記録更新「助けたい」”. Sponichi Annex. (2011年9月25日). オリジナルの2012年1月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120102002237/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/09/25/kiji/K20110925001691640.html 2012年1月2日閲覧。 
  35. ^ “Hey! Say!も「記録手伝いたい」ギネス入りのジャニー氏祝福”. スポーツ報知. (2011年9月25日). オリジナルの2012年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121202090454/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20110925-OHT1T00031.htm 2012年12月2日閲覧。 
  36. ^ “Hey!Say!新しい“舞台”に大興奮”. SANSPO.COM. (2011年9月25日). オリジナルの2011年11月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111123190651/http://www.sanspo.com/geino/news/110925/gng1109250504000-n1.htm 2011年11月23日閲覧。 
  37. ^ a b c d e f g h Concert/Stage(Sexy Zone)「Johnny's Dome Theatre 〜SUMMARY〜」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2012年). 2012年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月14日閲覧。
  38. ^ 「ラジオも舞台も、たくさんの人に夢や希望を与えられる存在」『BEST STAGE』第112巻2018年1月号、音楽と人、2017年11月27日、 28-31頁。
  39. ^ A.B.C-Z Official Site”. A.B.C-Z Official Site. 2022年3月10日閲覧。
  40. ^ Sexy Zone Official Site”. Sexy Zone Official Site. 2022年3月10日閲覧。