Dreams come true (Hey! Say! JUMPの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Dreams come true
Hey! Say! JUMPシングル
初出アルバム『JUMP NO.1
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ジェイ・ストーム
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1位(ビルボードジャパン ホット100)
  • 1位(ビルボードジャパン ホットシングルセールス)
  • 2008年度年間25位(オリコン)
  • 登場回数34回(オリコン)
  • Hey! Say! JUMP シングル 年表
    Ultra Music Power
    (2007年)
    Dreams come true
    (2008年)
    Your Seed/冒険ライダー
    (2008年)
    テンプレートを表示

    Dreams come true」(ドリームズ・カム・トゥルー)は、Hey! Say! JUMPの2ndシングルである。2008年5月21日ジェイ・ストームから発売。

    概要[編集]

    「Dreams come true」は2008年5月17日に開幕した『北京オリンピックバレーボール世界最終予選』(フジテレビ系列/TBS系列)のイメージソングになっている。また、シングルとしては未発売だった「Chance to Change」(『春の高校バレー』テーマ曲)も通常盤に収録されている。ジャケットは初回限定盤と通常盤で異なる。CMにも曲の一部が使用されている。

    コンサート披露の時には、薮宏太の「OK、みんなの声を聴かしてくれ。」という合図で観客に中サビの部分を合唱させるのが定番となっている[要出典]

    オリコン週間シングルチャートでは、デビュー曲「Ultra Music Power」から2作(前身グループのHey! Say! 7を含めると3作)連続で首位を獲得。

    通常盤に収録されている「俺たちの青春」はテレビドラマ『ごくせん 第3シリーズ』の挿入歌で、ドラマに出演した髙木雄也のソロ曲。またサビのコーラスにはジャニーズWEST(当時B.A.D.)の中間淳太桐山照史が参加している。ジャニーズJr.のオリジナル曲「ジタバタ純情」がベースで、歌詞とテンポを変更した[要出典]

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    ※「俺たちの青春」以降、通常盤のみ収録。

    1. Dreams come true
      作詞: 久保田洋司、作曲: 馬飼野康二、編曲: CHOKKAKU
    2. 俺たちの青春 - 髙木雄也
      作詞: 久保田洋司、作曲: 馬飼野康二、編曲: 石塚知生
    3. Chance to Change
      作詞: MSS、作曲: 馬飼野康二、編曲: 岩田雅之
      • 「春の高校バレー2008」テーマソング
    4. Dreams come true(オリジナル・カラオケ)
    5. 俺たちの青春(オリジナル・カラオケ)
    6. Chance to Change(オリジナル・カラオケ)

    DVD[編集]

    ※初回限定盤のみ

    1. Dreams come true」ビデオ・クリップ+メイキング

    外部リンク[編集]