岩田雅之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩田 雅之(いわた まさゆき、1960年(昭和35年)9月12日 - )は、日本の作曲家編曲家ヴォーカリスト愛知県出身。東京都在住。血液型はB型。

略歴[編集]

1987年(昭和62年)にCBS/SONYよりユニット「PAZZ」でデビュー。アルバム「BANANA FISH」、ミニアルバム「Empty Heart」、シングル「愛の行方」を発表。

PAZZ解散後フジパシフィック音楽出版と作家契約し、ribbon郷ひろみ宮沢りえらに楽曲を提供。フジパシフィック音楽出版に所属中はアイドル全盛時代だったこともありCoCo、ribbonなどに楽曲の提供を多く行う。CoCo「はんぶん不思議」、ribbon「サイレントサマー」など80年代アイドルヒットとして記憶に残る楽曲も多い。

1995年(平成7年)、シングル「Nobody loves me like my baby」(映画「君を忘れない」のメインテーマ)発表。(英語詞だったこともあり外国曲と認識されている事も多い)

2000年(平成12年)、ビクターより初のソロアルバム「Something left unsaid」を発表。

フジパシフィック音楽出版がフジテレビ系だった事もあり、「ひらけ!ポンキッキ」のオープニング曲「もっと!」、エンディング曲「ハロー・マイフレンズ」の他、「かいぶん21めんそう」「ねぼすけペーパームーン」「いとしのパップタップ」など多数の編曲を行っている。

同社を離れた後、現在に至るまで作曲編曲に加えプロデュース、一人多重録音によるコーラスアレンジでの活動を活発に行う。

少年隊関連のアレンジに起用された事がきっかけでSMAPKinki KidsV6などジャニーズへの作品提供が多くなる。この時期はスティーヴ・ガッドトニー・レヴィン、Barnard Pardy、ウィル・リーハイラム・ブロックオマー・ハキムマイケル・ブレッカー等のフュージョン系ミュージシャンを起用したレコーディングをニューヨークにて行う。

近年では嵐、テゴマスなどのジャニーズから高橋真梨子のような超ベテラン歌手にまで幅広く楽曲提供、アレンジ、コーラスアレンジを行っている。デジタル録音環境の進化もあって自宅スタジオでの創作活動を中心としながら次世代の才能を発掘することにも関心を広げている。

提供作品[編集]

ABC-Z Rock with U アレンジ テレパシーOne! Two! コーラスアレンジ Whippy 編曲・コーラス

성시경 ソンシギョン sungsikyung 鼓動は届く 作曲 編曲 しぶんぎ座流星群

Sexy Zone Love Confusion コーラスアレンジ

Kinki Kids 夜を止めてくれ コーラスアレンジ

Hey! Say! JUMP Fantastic Time コーラスアレンジ

Hey! Say! JUMP Mr.Flawless コーラスアレンジ

Hey! Say! JUMP Tasty U コーラスアレンジ

  • SMAP俺たちに明日はある」「I wanna be your man」「働く人々」「シャンプー3つ」「それじゃまた」「人知れずバトル」「Duo」「Theme of 006」「あの夏の日」「愛がないと疲れる」「波風も悪くない」「声を聞くよりも」「Let's go to 週末ヘヴン」「最後の冬の日」「夏が来る」「Duo」「気になる」 など多数。編曲、コーラスのみの参加も多い。

音楽番組[編集]

カラオケバトル コンピレーション・アルバム編曲 ひこうき雲 White love おひさま

こども番組[編集]

  • ポンキッキ(「ふしぎいろのプレゼント」「ハローマイフレンド」「こねこのしーにゃん」「もっと!」「ねぼすけペーパームーン」「8月ってすてき」「かいぶん21めんそう」「おべんとおべんと」「ハローマイフレンズ」「いとしのパップタップ」など編曲多数)
  • NHK みんなのうた「季節はすぎても」(作編曲)「太陽の詩」(作編曲)「アオゾラ」(編曲のみ)

劇中音楽[編集]

外部リンク[編集]