鈴木杏奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木 杏奈
生誕 (2003-12-05) 2003年12月5日(16歳)
出身地 日本の旗 日本栃木県下都賀郡野木町
職業 歌手声優
事務所 エイベックス・ピクチャーズ

鈴木 杏奈(すずき あんな、2003年12月5日 - )は、日本歌手声優栃木県下都賀郡野木町出身。エイベックス・ピクチャーズ所属[1]テレビ番組THEカラオケ★バトル』でのU-18四天王の一人。

来歴・人物[編集]

幼少期から地元の歌謡教室に通い、テレビ番組THEカラオケ★バトル』に2014年5月28日放送で初出場[2]。その後の2014年12月24日放送の「2014 U-18最強トーナメント」からU-18四天王の一人となる[3]

2019年5月18日に「野木町観光大使」に任命された[4]。同年9月4日には 『THEカラオケ★バトル』でともに活躍する同じ栃木県(足利市)出身の堀優衣とともに県の「とちぎ未来大使」に任命された[5]

『THEカラオケ★バトル』での活躍[編集]

2014年5月28日放送で初出場[2]後も出場を重ね、2014年10月15日放送の「U-18最強王者決定戦」では出場者中予選4位(予選は敗退)になったこともあり、2014年12月24日放送の「2014 U-18最強トーナメント」で設けられた「U-18四天王」の一人に堀優衣佐々木麻衣、角田龍一とともになる。この大会では一回戦で四天王ではない西川怜伽に敗れた[3]

翌2015年2月18日の「U-12歌うまキッズ2」[6]、4月1日「U-18最強王者決定戦2」[7]では続けて優勝する。

さらに翌2016年2月10日の「U-18歌うま甲子園4」でも優勝[8]、2016年9月7日の「U-18歌うま甲子園5」では決勝で自身初の100点満点を獲得し4度目の優勝となる[9]。2016年10月12日の「2016年間王者決定戦」では予選で100点満点を獲得し決勝に進出、トップ7の称号も併せ持つ。またこの年に新設された「U-18歌うま大甲子園 2016王座決定戦」でも優勝し、U-18 2016年間王者にもなる[10]

2017年6月21日「U-18歌うま甲子園7 2017夏の頂上決戦」でも優勝、6度目の優勝となる[11]

トップ7の称号は2017年3月15日「2017春のグランプリ」で予選敗退したため一度失う[12]が、2017年10月18日「2017年間チャンピオン決定戦」で決勝に進出、再度トップ7となる[13]

四天王就任当初は優勝も決勝進出もなく「四天王四番手」という扱いであったが、現在は18歳以下の出場者では最多の優勝回数となり、佐々木麻衣とともに「U-18ツートップ」とも呼ばれる。

声優として[編集]

2019年、音楽バトルプロジェクト『IDOL舞SHOW』内のユニット「X-UC」(てんゆーし)の百合ヶ丘みさき役で声優デビュー。また、ナレーションにも挑戦するなど活躍の場を広げている[14]

出演[編集]

テレビ[編集]

YouTube[編集]

ディスコグラフィ[編集]

舞乃杏奈[編集]

藤井舞乃空とのユニット。

  • 祭囃子が聞こえたら(2017年7月24日配信)
  • 恋吟醸(2017年9月18日配信)

歌手参加作品[編集]

キャラクターソング[編集]

発売日 商品名 楽曲 備考
2020年1月8日 カレント・ザナドゥ X-UC[メンバー 1] 「カレント・ザナドゥ」
「Smile×Work!」
IDOL舞SHOW』関連曲
カレント・ザナドゥ 通常盤 NO PRINCESS[メンバー 2]三日月眼[メンバー 3]X-UC[メンバー 1] 「SENRAN!アイドル天下道へ」
2020年10月7日 Papier Mache IDOL X-UC[メンバー 1] 「Papier Mache IDOL」
「Brave Call ! 〜& Just Now We come ! 〜」

脚注[編集]

[脚注の使い方]

ユニットメンバー

  1. ^ a b c 羽美野りさ(諏訪ななか)、猿野さくら(花谷麻妃)、星月小春(豊田萌絵)、掛川こころ(長谷川玲奈)、安奈あき(酒井美沙乃)、百合ヶ丘みさき(鈴木杏奈)、霧野しおり(北原侑奈)、八村かをり(青山桜子)、伊佐山エリナ(二ノ宮ゆい)、清見みさ緒(石飛恵里花
  2. ^ 花園ユイカ(三澤紗千香)、星野しほ(倉知玲鳳)、明瀬亜美(堀内まり菜)、胡桃坂らぶ(阿部寿世
  3. ^ 綾瀬双葉(木戸衣吹)、若月美鈴(岡咲美保)、金剛寺ゆい(中島由貴

出典[編集]

  1. ^ VOICE ACTOR”. エイベックス・ピクチャーズ. 2020年1月10日閲覧。
  2. ^ a b THEカラオケ★バトル 【歌うまキッズU-12】 の番組概要ページ - gooテレビ番組
  3. ^ a b THEカラオケ★バトル 【「2014 U-18最強トーナメント」2時間SP!】 の番組概要ページ - gooテレビ番組
  4. ^ イベント情報一覧 野木町煉瓦窯3周年感謝祭開幕(2019/05/18掲載)”. 野木町観光協会. 2020年5月30日閲覧。
  5. ^ “未来大使にカラオケ女王 鈴木さんと堀さんに栃木県が委嘱”. 下野新聞. (2019年9月5日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/215748 2020年5月30日閲覧。 
  6. ^ THEカラオケ★バトル 【バトル「U-12大会」】の番組概要ページ - gooテレビ番組
  7. ^ THEカラオケ★バトル 【春休みSP「U-18最強王者決定戦」1部】2部】の番組概要ページ
  8. ^ 2016年2月10日放送 【U-18歌うま甲子園】1部の番組概要2部の番組概要 - gooテレビ番組
  9. ^ 2016年9月7日放送 【U-18歌うま甲子園「史上初!四天王入れ替え!?」】番組概要 - gooテレビ番組
  10. ^ [THEカラオケ★バトル 【 U-18歌うま大甲子園 2016王座決定戦 4時間SP】 ]の番組概要ページ - gooテレビ番組
  11. ^ [THEカラオケ★バトル 【SP【史上初の大事件勃発!U-18歌うま甲子園】】 ]の番組概要ページ - gooテレビ番組
  12. ^ [THEカラオケ★バトル 【【2017春のグランプリ頂上決戦4時間スペシャル】】 ]の番組概要ページ - gooテレビ番組
  13. ^ [THEカラオケ★バトル 【2017年間チャンピオン決定戦】 ]の番組概要ページ - gooテレビ番組
  14. ^ a b “歌うま16歳・鈴木杏奈、夜の六本木で夢追う女性の涙に「刺激を受けました」”. マイナビニュース. (2020年3月28日). https://news.mynavi.jp/article/20200328-suzuki_anna/ 2020年5月30日閲覧。 
  15. ^ [テレ東 音楽祭 【2017!思わず歌いたくなるヒットソング100連発!4時間半生放送】 ]の番組概要ページ - gooテレビ番組
  16. ^ [珍種目No.1は誰だ!?ピラミッド・ダービー 【吉岡里帆、大暴れ!?風船を使い水の上を走る!?】 ]の番組概要ページ - gooテレビ番組
  17. ^ [洋子の演歌一直線 (2017年11月5日放送回) ]の番組概要ページ - gooテレビ番組
  18. ^ 「年忘れにっぽんの歌」大晦日に本当に聞きたい「日本の名曲」をたっぷり6時間お届け!”. テレビ東京 (2019年12月31日). 2020年5月30日閲覧。
  19. ^ THEカラオケ★バトル BEST ALBUM | ポニーキャニオン
  20. ^ 「THE カラオケ★バトル」BEST ALBUM Ⅱ|ポニーキャニオン
  21. ^ 「THE カラオケ★バトル」BEST ALBUM III|ポニーキャニオン
  22. ^ テレビ東京系「THEカラオケ★バトル」5th Anniversary BEST|ポニーキャニオン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]