マイク眞木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイク 眞木
出生名 眞木 壮一郎
生誕 (1944-04-27) 1944年4月27日(72歳)
日本の旗 日本東京都
学歴 日本大学藝術学部放送学科
ジャンル フォークソング
職業 歌手・俳優
活動期間 1966年 -
レーベル 日本フォノグラム

マイク眞木(マイク まき、1944年4月27日 - )は、日本俳優フォーク歌手。本名、眞木 壮一郎 (まき そういちろう)。真木と表記される場合もあるが、正確には眞木である。日本大学藝術学部放送学科卒業。東京都出身。

来歴・活動[編集]

少年期から音楽に熱中しており、中学生の頃には地元のクラブに演奏に来ていたザ・ドリフターズのファンであったことを後年、『ドリフ大爆笑』(144回、1992年)の「雷様コント」にゲスト出演した際に語っている。

また、舞台美術家の父の影響もあり、幼い頃から模型作りが好きで、部屋中模型やプラモデルだらけだった。高校3年生の頃には自宅近所のTBSの美術部で特撮のアルバイトをしていた事もある。

音楽活動[編集]

1963年昭和38年)、モダン・フォーク・カルテットを結成。

1966年(昭和41年)、ソロデビュー曲「バラが咲いた」が30万枚以上を売り上げる大ヒット。同曲は、レコード原盤をレコード会社(ビクター)が音楽出版社(新興楽譜出版・現シンコー・ミュージック)に依頼して制作した日本初の楽曲である。

1967年(昭和42年)、ザ・ブロードサイド・フォーのメンバーらと共にGSバンドのザ・マイクスを結成。シングル2枚をリリース。

1971年(昭和46年)から翌年にかけ、NHKステージ101』のMCを前妻前田美波里とともに担当した。

1971年(昭和46年)のモービル石油CMソングとして「のんびり行こう」を作詞・作曲。またボーイスカウトの歌集には彼の作詞・作曲による「キャンプだホイ」が収録されている。

2013年(平成25年)、小学校1年生から6年生までの同級生で作詞家の髙田戸雷から大量の歌詞が送られてきたことがきっかけで、かつての同級生に向けたアルバム「OLD SCHOOL」を発売。自身も作詞と全作曲を担当した。

その他の活動[編集]

車好きとして知られている。かつて「モーター新党」の候補として第16回参議院議員通常選挙に出馬し落選したことがある。

本籍地が茨城県水戸市である縁で、水戸大使も務めている。

家族[編集]

父は日本の舞台美術家、衣裳デザイナーの真木小太郎(または眞木小太郎まき こたろう、1909年6月4日 - 1984年7月28日[1])。元日本舞台テレビ美術家協会会長。

女優の前田美波里は最初の妻である。俳優の真木蔵人は彼女との間に授かった実子。 2度目の結婚・離婚を経た現在の家族構成は、元歌手の妻和田加奈子(一度真木と離婚したが再々婚)、長男・真木蔵人、次男・真木勇人(プロサーファー)、三男・真木泰人(プロサーファー)、四男、長女。6人の孫がいる。孫のノア(蔵人の子)は2010年にヒップホップの2人組ユニットEWUとしてデビュー[1]。離婚のインタビューでは「気がついたらいなかった」と語っている。

2002年平成14年)にも子供が生まれているが、高齢であることから親子というよりはむしろ祖父と孫に見られることも多いと「ごきげんよう」などのトーク番組などで何度か語っている。また本人によると自身の長女は長男である蔵人の長女と同じ年齢で同じ幼稚園に通っていた」との事である。

先祖の真木景信水戸藩に家禄三千石で仕え、その妻は藩主である徳川頼房の十女で徳川光圀の妹にあたる千姫であることがテレビ番組『私の何がイケないの?』での検証で明らかになった[2]

出演作[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

ビデオ[編集]

テレビドラマ[編集]

音楽番組[編集]

  • ステージ101(1971年10月 - 1972年3月、NHK) - レギュラー司会 (前妻の前田美波里と共に)

バラエティ[編集]

CM[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 1966年 第17回「バラが咲いた」

アルバム[編集]

  • BORO BORO GAKU GAKU(ボロボロ楽学)(1990、東芝EMI)
  • KO MO MAI PARTY(1997、ファンハウス)
  • 今でも STILL(2000、FFA)
  • OLD SCHOOL(2013、キャピタルヴィレッジ)

楽曲[編集]

自作[編集]

  • バラが咲いた
  • からすと柿のたね
  • ありがとう〜こころのバラ〜
    NHK『みんなのうた』2006年8月・9月期の曲として放映された。
  • のんびり行こう
    「気楽に行こう」をアレンジ、『Beポンキッキ』にてダンテ・カーヴァーとデュオ。ステージ101のレギュラーグループ「ヤング101」がカバーしたバージョンでは題が『のんびり』になっている。また1973年にはザ・モップスが「気楽に行こう」をカバーしている(リーダーの鈴木ヒロミツがモービル石油のCMに出演していたため)。
  • キャンプだホイ
  • 5人(みんな)
    自身出演の『救急戦隊ゴーゴーファイブ』のイメージソング。
  • 星のうた

提供曲[編集]

著作[編集]

  • 『マイク・美波里のアメリカふたりぼっち』 (大和書房, 1971) ※前田との共著
  • 『ジーンズとポケバイ -- マイク真木の子育て奮闘記』 (有楽出版社, 1983年1月)
  • 『親父塾 -- 私のアウトドア子育て奮戦記』 (日之出出版, 1988年12月)
  • 『いつもそこには空がある -- オート・キャンプハンドブック 全国126か所オート・キャンプ場ガイド』 (日本オート・キャンプ協会, 1989年4月)
  • 『キャンプ・ダ・ホイ -- マイク流。たのしいキャンプガイド』 (センチュリー, 1996年6月)
  • 『粋な不良になれ! -- いつも心に楊枝をくわえて…』 (ルーツ出版局, 1997年12月)※真木蔵人との共著

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]