決定!これが日本のベスト100全国一斉○○テスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
決定!これが日本のベスト100
全国一斉○○テスト
ジャンル バラエティ番組
企画 平城隆司
出演者 爆笑問題
中山エミリ
はしのえみ ほか
製作
プロデューサー 寺田伸也河口勇治
放送分 62分
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2002年4月28日 - 2005年9月25日
放送時間 毎週日曜 18:56 - 19:58


全国一斉○○テスト』(ぜんこくいっせいまるまるテスト)は、2002年4月28日から2005年9月25日までテレビ朝日で毎週日曜日18:56から19:56(のちに19:58)まで放送されていたバラエティ番組である。司会は爆笑問題はしのえみ

番組タイトルの変遷

  • 『決定!これが日本のベスト100』(2002年4月~2003年3月)
  • 『決定!これが日本のベスト』(2003年4月~2004年2月)
  • 『決定!これが日本のベスト100』(2004年3月~2004年12月)
  • 『決定!これが日本のベスト100全国一斉○○テスト』(2005年1月~3月)
  • 『全国一斉○○テスト』(2005年4月~9月)

番組概要[編集]

2001年と2002年の年越しに放送された特別番組「決定!あなたが選ぶ昭和の名場面ベスト100」が高視聴率をとったことから、2002年4月にレギュラー化。

番組開始当初は「決定!これが日本のベスト100」と題し、毎回様々なテーマをランキング形式で紹介していくものであった。番組開始から2003年9月28日までの司会は爆笑問題と中山エミリ

ランキングの多くの企画は「あの人は今?」や「懐かしのアニメ」などの昭和時代、あるいは昭和世代が懐かしがるものを題材にしたものが中心で、ローテーションで毎回少しずつ企画を変えながら(アニメの場合「主題歌」「名台詞」「名脇役」といった具合)放送していた。

それ以降はネタ切れとなったのか、徐々に内容が変わっていき(「なりきりカラオケ」というランキングとは全く関係のない企画も登場)、スタッフも『いきなり!黄金伝説』側に乗っ取られたような形になる。

決定!これが日本のベスト」への改題を経て、2004年11月頃から一般常識問題や冠婚葬祭のマナーに関する問題等に答えるというクイズ番組のスタイルにリニューアル。このときの正式タイトルは「決定!これが日本のベスト100全国一斉○○テスト」である(2005年4月3日より正式に「全国一斉○○テスト」に改題)。スタジオに呼ばれた6名と事前に同じ問題を受験した94名の合計100名の芸能人の成績をランキング形式で発表。

2005年4月からは「芸人雑学王」という雑学クイズ企画に変更され、芸人が雑学クイズで戦う番組になった。2005年9月25日の「芸人雑学王決定戦SP」でゴールデンタイムのレギュラー放送を終了した。

番組終了後[編集]

2005年10月からは土曜未明(金曜深夜)に枠移行し、同企画を、クイズではなく合間のトークをメインとした『爆笑問題の検索ちゃん』と番組名等を変えて再出発。後枠には火曜19時台に放送していた『旅の香り 時の遊び』が枠移行され、改題した『旅の香り』を放送、この番組よりは改善されていたが、2007年10月からは日曜18時30分枠に移行した。ただし、現在も不定期に特別番組として放送されているので、最終回の新聞欄には「(終)」と表記されなかった。

コーナー[編集]

  • 全国一斉常識テスト
  • これが太田のテスト3
    太田が写真パネルで多種多様なものを紹介。ランキング時代はアンケートの少数意見を太田がピックアップする「これが太田のベスト2」、「これが太田のベスト3」。いずれも極端なネタを発掘したものが多かった。

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態
関東広域圏 テレビ朝日 テレビ朝日系列 制作局
北海道 北海道テレビ 同時ネット
青森県 青森朝日放送
岩手県 岩手朝日テレビ
宮城県 東日本放送
秋田県 秋田朝日放送
山形県 山形テレビ
福島県 福島放送
新潟県 新潟テレビ21
長野県 長野朝日放送
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列 遅れネット
静岡県 静岡朝日テレビ テレビ朝日系列 同時ネット
富山県 北日本放送 日本テレビ系列 遅れネット[1]
石川県 北陸朝日放送 テレビ朝日系列 同時ネット
中京広域圏 名古屋テレビ
近畿広域圏 朝日放送
島根県
鳥取県
山陰放送 TBS系列 遅れネット
広島県 広島ホームテレビ テレビ朝日系列 同時ネット
山口県 山口朝日放送
香川県
岡山県
瀬戸内海放送
愛媛県 愛媛朝日テレビ
高知県 高知放送 日本テレビ系列 遅れネット
福岡県 九州朝日放送 テレビ朝日系列 同時ネット
長崎県 長崎文化放送
熊本県 熊本朝日放送
大分県 大分朝日放送
鹿児島県 鹿児島放送
沖縄県 琉球朝日放送

スタッフ[編集]

  • ナレーション : 杉本るみ
  • 構成
  • 技術:二瓶友美
  • カメラ:大島秀一、浅川英俊
  • 音声:深津友裕
  • 映像:小田切泰道
  • 照明:桑原則幸
  • 美術:石井哲也
  • デザイン:出口智浩
  • 美術進行:原澤太郎
  • 大道具:松岡美都司
  • 電飾:畠沢優一
  • マルチ:小材剣吾
  • メイク:板谷博美
  • フラワーアレンジ:松井達彦
  • CG:福田隆之、森山ヒロカズ
  • 編集:名和田健介
  • MA:西村善雄
  • 音響効果:井上竜一
  • 広報:坂内雅弘(番組初期)
  • 編成:永末里奈(番組初期)
  • TK:中里優子
  • 美術協力:テレビ朝日クリエイト
  • 技術協力:オムニバス・ジャパン(番組初期)、IMAGICA(番組中期~末期)、東京サウンドプロダクション
  • 協力:インフォシーク、ranking ranQueen ランキン・ランキン
  • 制作協力:TV BOX(番組初期のみ)、メディア・バスターズ
  • デスク:齋藤友香、佐土秀美
  • データ:浅利智恵
  • 制作スタッフ:渡辺章太郎、矢野和久
  • アシスタントプロデューサー:松瀬俊一郎(番組初期)
  • ディレクター
    • 番組初期:星利也、小林賢一・齊藤直史、大槻圭介、井上陽史、高須慶太、須賀俊英、谷知明、依田穣、上條昌樹
    • 番組中期~末期:山崎典昭、林洋輔、福島幸生、荻野健太郎、大岡慎介、飯干友樹、三藤豊、金子友広、中田智也、宮澤義則、奥村篤人、立澤哲也、蝦名奈月/岩本浩一
  • チーフディレクター
    • 番組初期:奥川晃弘
    • 番組中期~末期:甲斐候一
  • プロデューサー
    • 番組初期:苅田英次、吉川昌克 → 小菅聡之
    • 番組中期~末期:西新、奥川晃弘、河口勇治
  • プロデューサー・演出:寺田伸也(番組中期~末期)
  • チーフプロデューサー:平城隆司
  • 制作著作:テレビ朝日

脚注[編集]

  1. ^ 一時期のみ放送。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ朝日系列 日曜19時台(2002年4月 - 2005年9月)
前番組 番組名 次番組
決定!これが日本のベスト(100)

決定!これが日本のベスト100
全国一斉○○テスト

全国一斉○○テスト
テレビ朝日系列 日曜19:56 - 19:58枠(2002年10月 - 2005年9月)
大改造!!劇的ビフォーアフター
※19:56 - 20:54
【2分縮小して継続、この番組までABC制作】
決定!これが日本のベスト(100)

決定!これが日本のベスト100
全国一斉○○テスト

全国一斉○○テスト
【ここからテレビ朝日制作】
旅の香り
※18:56 - 19:58