世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
これぞ!ニッポン流!

世界が驚いたニッポン!
スゴ〜イデスネ!!視察団
ジャンル バラエティ番組
企画 奥川晃弘(統括)
出演者 爆笑問題太田光田中裕二
井澤健太朗(テレビ朝日アナウンサー)
など
製作
プロデューサー 奥田創史(GP)
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
これぞ!ニッポン流!
放送期間 2014年4月13日 - 9月28日
放送時間 日曜 0:45 - 1:15(土曜深夜)
放送分 30分
公式サイト
世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団
オープニング 「『大江戸捜査網』のテーマ」(作曲 - 玉木宏樹
放送期間 2014年10月11日 -
放送時間 土曜 18:56 - 19:54
放送分 58分
公式サイト

世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団』(せかいがおどろいたニッポン スゴ〜イデスネ しさつだん)は、テレビ朝日2014年4月13日未明(12日深夜)から放送されているバラエティ番組。この記事では、前身番組『これぞ!ニッポン流!』(これぞ ニッポンりゅう)についても記述する。

内容[編集]

「もっと日本のことが知りたい!」とい外国人生徒とともに身近な商品やサービスにひそむ日本ならではのスゴイもの、これぞ!ニッポン流!というもの、事を学ぶ。

お願い!ランキング』で放送された「日本ツウ学院」をベースに2014年4月から9月まで『これぞ!ニッポン流!』として放送され、10月11日よりゴールデンタイムに昇格し[1]現在の番組名となる。

『これぞ!ニッポン流!』の当初では教室を模したスタジオで担任役の芸人が外国人生徒に教える形をとっていたが、『これぞ!ニッポン流!』末期と『世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団』ではテーマに沿った海外の専門家が日本に招かれテーマに関するスポットを視察して海外と比較しつつ日本の凄さを学ぶ形となっている。

ゴールデンに移動してからは、前番組『お願い!ランキングGOLD』シリーズ同様、土曜20時台の『関ジャニの仕分け∞』→『池上彰のニュースそうだったのか!!』との交互2時間特番が続いている。

特番では高視聴率を獲得することがあり、回によっては12%~16%を獲得し、その週のバラエティ番組の視聴率でトップ10に入ることも珍しくない[2]

MCの3人は『お願い!ランキング』に引き続き、特別番組『◯◯総選挙』シリーズでも司会を務めている(『視察団』と直接関係はない)。

2018年5月19日放送より、番組表上の番組表記が『ニッポン視察団』というタイトルに変わっている。

司会の一人・ウエンツ瑛士が2018年10月よりイギリスロンドンに留学するため、同年9月28日放送の3時間SPを以て降板した。

出演者[編集]

世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団[編集]

現在[編集]

MC

進行

  • 井澤健太朗(テレビ朝日アナウンサー)(2018年10月13日から)

番組プレゼンター

  • 綾小路きみまろ - 毎回冒頭では、彼の「只今土曜夜6時56分、綾小路きみまろでございます。土曜の夜は『スゴ〜イデスネ!!視察団』!」という口上を述べ、本編内ではVTRの合間にその週のテーマに関連した漫談を披露する。なお2017年9月9日放送分では口上と漫談が無くオーディエンスに参加、その席上で口上と漫談はオーディエンスとは別撮りしていた事が明かされた。

世界各国代表オーディエンス

ほか

過去[編集]

MC

これぞ!ニッポン流![編集]

副担任

学級委員

生徒

ほか

放送リスト[編集]

これぞ!ニッポン流![編集]

主に通常回と全国ネットでのSPについて記す。関東ローカルで通常回とは別枠で放送された総集編や予告・未公開編等は除く。

世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団[編集]

ネット局と放送時間[編集]

これぞ!ニッポン流![編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送開始日 遅れ
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 日曜 0:45 - 1:15(土曜日深夜) 2014年4月13日 制作局
福島県 福島放送(KFB) 同時ネット
山口県 山口朝日放送(yab) 金曜 10:00 - 10:30[5] 2014年4月18日 遅れネット
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat) 土曜 1:20 - 1:50(金曜日深夜)
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT) 火曜 1:20 - 1:50(月曜日深夜) 2014年4月22日
中京広域圏 メ〜テレ(NBN) 日曜 1:45 - 2:15(土曜日深夜) 2014年4月27日
長野県 長野朝日放送(abn) 2014年5月3日
鹿児島県 鹿児島放送(KKB) 日曜 1:45 - 2:20(土曜日深夜) 2014年7月6日

世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 遅れ
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 毎週土曜日 18:56 - 19:54 制作局
北海道 北海道テレビ(HTB) 同時ネット
青森県 青森朝日放送(ABA)
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT)
宮城県 東日本放送(KHB)
秋田県 秋田朝日放送(AAB)
山形県 山形テレビ(YTS)
福島県 福島放送(KFB)
新潟県 新潟テレビ21(UX)
長野県 長野朝日放送(abn)
石川県 北陸朝日放送(HAB)
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV)
中京広域圏 メ〜テレ(NBN)
近畿広域圏 朝日放送(ABC)
広島県 広島ホームテレビ(HOME)
山口県 山口朝日放送(yab)
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB)
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat)
福岡県 九州朝日放送(KBC)
長崎県 長崎文化放送(NCC)
熊本県 熊本朝日放送(KAB)
大分県 大分朝日放送(OAB)
鹿児島県 鹿児島放送(KKB)
沖縄県 琉球朝日放送(QAB)
  • 『これぞ!ニッポン流!』のゴールデンタイムにおけるSP(2014年5月10日〈土〉・6月28日〈土〉のいずれも18:56 - 20:54)については、いずれも上記各局で同時ネットされた。

スタッフ[編集]

これぞ!ニッポン流[編集]

  • ナレーション:小野寺一歩、松尾由美子
  • 企画:奥川晃弘
  • 構成:中野俊成、水野将良、鹿谷忠弘
  • TM:大島秀一
  • TD:廣瀬義幸
  • カメラ:住田清志、外川真一、玉手康裕
  • 音声:高橋英史、長谷川新、猪俣晃
  • VE:岡村亮、苫米地要二
  • 照明:岡村勝彦、櫻井篤
  • 美術:井磧伸介
  • デザイン:谷口絵梨果
  • 美術進行:高崎絵織、三木晴加
  • 大道具:畠山豊
  • 小道具:西原枝里
  • 電飾:田中徳一、佐々木航
  • フラワー装飾:(有)フルール・ノンノン
  • モニター:鈴木久
  • メイク:北原由梨、段久美子、水上牧子、荻山夏美
  • 編集/MA:TSP
  • 編集:加藤弘行、竹田賢二郎
  • MA:寺田朋美
  • 音効:岡戸久幸、有坂香
  • イラスト:もりいくすお
  • CG:福田隆之、ぴーたん
  • 編成:田中真由子、船引貴史、谷山沙要
  • 宣伝:残間理央
  • 衣装協力:永島服飾株式会社
  • 技術協力:ヴイ・ビジョンスタジオ
  • リサーチ:インスティテュート・ワープ、廣原彩子
  • デスク:永野智子、丹代小百合
  • 制作スタッフ:青木浩幸、宗田祐佳、関口周、椎橋友司、岩松悠、吉本真理、中村有里沙、奥田朋之、松岡正樹、上野貴司、黒木明紀、山村裕一
  • AP:辻美子
  • ディレクター:高森大資、高橋健二、鴇田一樹、稲垣哲也、名古屋陵、鈴木博久、杉浦智、梅村泰成、飯島政紀
  • 演出:鈴木コーイチ、津田克久
  • プロデューサー:荻野健太郎、佐藤尚子、竹下やすし・小林大剛(ユーコム)/ 樋口圭介
  • ゼネラルプロデューサー:奥田創史
  • 制作協力:ユーコム
  • 制作著作:テレビ朝日

世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団[編集]

  • ナレーション:真地勇志寺瀬今日子
  • 構成:中野俊成、水野将良、鹿谷忠弘、櫻井昭宏、植田靖章、秋葉高彰野口悠介(毎週)
  • TM:高田格
  • TD:廣瀬義幸、玉手康裕
  • カメラ:玉手康裕、保坂健一
  • 音声:長谷川新、加藤翠、猪俣晃、中田孝也
  • VE:永洞栄子、伊藤洋人、菅原将
  • 照明:櫻井篤、菅原祐、湯浅洋一、五十嵐久夫
  • 美術:井磧伸介
  • デザイン:谷口絵梨果
  • 美術進行:三木晴加
  • 大道具:久保里志
  • 小道具:鳴嶋篤史
  • 電飾:佐藤優
  • 装飾:中山沙織
  • メイク:川口カツラ店
  • 編集:手塚貴幸
  • MA:妻藤卓也、兼清和寛(兼清→一時離脱→復帰)
  • 音効:岡戸久幸(一時離脱→復帰)、上山宏之
  • TK:小宮高子
  • CG:原田甫、渡辺雅章
  • イラスト:もりいくすお、河野雅樹
  • 編成:三浦靖雄、岩井健太郎
  • 宣伝:西田沙希
  • 企画協力:山田圭介・山本浩二(博報堂DYメディアパートナーズ
  • デスク:永野智子
  • 技術協力:TSP、ヴイ・ビジョンスタジオ
  • リサーチ:インスティテュート・ワープ、GPA、ワンバイワンプラス、フリード、プラトン企画、コラボレーション、H&S WORLDWlDE
  • 制作スタッフ:岩松悠/織田智、椎橋友司、松岡正樹、浜野美咲 / 市岡まさひこ、黒木明紀、竹田阿弥乃、平敢夫、西山寛基、関川愛、内田侑希、廣原彩子、峯田大介、田隝宗昭、大西駿介、新田彩希、鳴海貴彰、黒木希実、和久津一成、白井達也、赤田麻稀、黒木明紀、丹治哲雄、井下純貴、伊東沙耶香、松藤豪(チーフディレクター兼務)、中野智周、三ツ井裕、櫻井琴子、廣原彩子、長谷川清志、吉岡瑞葵、小川颯英、中山満里奈、後藤喜男、小泉ゆかり、櫻井悟、小川颯英、横井悟、井下純貴、中川結葵、丸山里佳、谷田雄貴、佐藤雄斗、穂滿眞帆、枡村チャンリカ裕美、トラウトマンあす香、呉霧虹、立山葵、齋藤瑞生、田口信佳、五十嵐脩平、孫祥云、末井聡(週替り)/ 堀脇慎志(一)郎(毎週)、齋藤瑞樹、五十嵐脩平、田嶋香里
  • AP:辻美子、山田裕司、佐々木千夏、亀井明日香、板野夏季、米重絵理、金銀善、高取佑(高取→以前は制作スタッフ)
  • 統括:奥川晃弘
  • FD:矢野和久
  • ディレクター:福田裕治、垣花勇樹、川崎貴博、水上貴史、町田亘、鴇田一樹、有馬康士、花田憲明、飯島政紀、神戸謙六郎、鈴木博久、野坂啄、安納隆仁、中林房丈、新岡隆一(チーフディレクター兼務)、関口周(新岡・関口→以前は制作スタッフ)、岡田倫太郎、飛田佳朗、高野信治、萬俊之、内原弘二、牛窪真二、関川智実、尾藤領太郎、山田健史(以前はAP)、八木幹雄、吉倉瑞穂、中島孝志、笹田和宏、杉浦智(チーフディレクター兼務)、伊藤暁、田中慎一、深代琢也、久留島かほ里、椎橋友司、芳賀善之、北野拓、尾藤領太郎、足立原円香、蔡理皓、松尾竜二、大村嘉範、岡本光浩、岩渕純一、若菜久利、筏津英一、萬俊之、柳瀬寿明、菊地弘文、堀英樹、青山敏雄、佐藤興平(佐藤→以前は制作スタッフ)、石原久嗣、野口昌希、松原まりも、原英一、林昇平、国玉靖仁、松井一樹、久佐賀浩之、勝部大輝、児玉光生、宮内佑弥、浅井裕太郎、鈴木慶昭、大熊一成、小松聡、永井裕史(週替り)/ 藤井雅彦(毎週)
  • チーフディレクター:安井章浩、内堀知人、中山幹夫、杉浦智、白根伸一、尾越功(尾越→以前はディレクター)、松藤豪(松藤→制作スタッフ兼務)、新岡隆一(新岡→ディレクター兼務)(週替り)、丸山淳也(毎週)
  • 演出:津田克久、近藤大輔(近藤→以前はディレクター)
  • プロデューサー:佐藤尚子、稲垣哲也(ユーコム、以前はチーフディレクター)
  • プロデューサー・演出:荻野健太郎
  • ゼネラルプロデューサー:奥田創史
  • 制作協力:ユーコム
  • 制作著作:テレビ朝日

過去のスタッフ[編集]

  • TM:福元昭彦、太田憲治、長谷川正和(太田・長谷川→共に一時離脱→復帰)
  • カメラ:朝香昌晃
  • 音声:志村剛
  • 音効:有坂香、小沼圭
  • 大道具:副島信太郎
  • 小道具:西原枝里、鈴木麻美子
  • 植木:鈴木雅氏
  • メイク:北原由梨
  • CG:パークグラフィックス、福田隆之
  • 編成:谷山沙要、高橋陣、田中真由子、篠宮康希、池田邦晃、山本文隆
  • 宣伝:残間理央、醍醐彩乃、堀場綾技子
  • 企画協力:川上純平、川村太一・前迫篤男(博報堂DYメディアパートナーズ)
  • 制作スタッフ:貴島彩理、池田クニヒコ、宗田祐佳、安達杏奈、吉本真理、真野雅史、岡田康行、木賀康元、冨山萌己、加藤恵子
  • AP:京谷知美、松山純子、中松希、泉さおり、平田新子、丹代小百合、森下絢香
  • ディレクター:豊嶋隆一
  • プロデューサー:矢﨑浩司、小林大剛・永橋奈美(ユーコム)

その他[編集]

  • 『世界が驚いたニッポン!』に変更されてからは、OPテーマは、かつてテレビ東京で放送された時代劇『大江戸捜査網』のテーマ(作曲 - 玉木宏樹)を使用した。
  • 2015年3月28日は当初放送休止となる予定だったが、放送予定だった『芸能界マネーダービー 1位とビリ 2時間SP』が諸事情により放送延期・差し替えとなったため、本番組はレギュラー復帰のうえ、2時間SPとして急遽放送されることとなった[6]
  • 2015年4月4日放送の2時間半SPと翌4月11日放送分は、いずれも直前番組が『人生の楽園』(前者は通常放送、後者は1時間SP)になったため、『人生の楽園』エンディングに当番組から綾小路きみまろが特別ナレーターとして出演し、『人生の楽園』ナレーターの西田敏行と共演するかたちで当番組を告知した。そして当番組の冒頭口上は、「『人生の楽園』の後は『スゴ〜イデスネ!!視察団』」で始まった。なお2016年3月26日放送分の2時間SPは、直前番組が『人生の楽園』1時間SPになるも、『人生の楽園』にはきみまろは出演せず、冒頭口上は「『人生の楽園』の後は」が無い通常版だった。

補足[編集]

  1. ^ お願い!ランキングGOLD : 4年の歴史に幕 後番組は爆問&ウエンツのバラエティー 毎日新聞デジタル 2014年9月10日閲覧。
  2. ^ 例を挙げると2018年4月7日の3時間半スペシャルでは15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得している。
  3. ^ 20:54の『ANNニュース・あすの空もよう』と20:58のミニ番組(通常は『今夜の土曜ワイド劇場』)は休止され、直後の『ドラマスペシャル 家政婦は見た!』(米倉涼子主演版)への接続はステブレレスとなった(2時間SPでステブレレス接続は初)。なお米倉はこの回にゲスト出演し、ラストに『家政婦は見た!』の宣伝をした。
  4. ^ こんなところにあるあるが 土曜あるある晩餐会』初回2時間SP(20:54 - 23:06)との接続はステブレレス。
  5. ^ 2014年5月30日 - 7月11日は特別編成のため休止。
  6. ^ 延期された『芸能界マネーダービー 1位とビリ』は、1時間に短縮されて2015年7月3日に放送された。

外部リンク[編集]

テレビ朝日 日曜0:45 - 1:15(土曜日深夜)枠
前番組 番組名 次番組
アレはスゴイはず!?
【日曜23:15に改題移動】
これぞ!ニッポン流!
テレビ朝日系列 土曜18:56 - 19:54枠
世界が驚いたニッポン!
スゴ〜イデスネ!!視察団
-