世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
これぞ!ニッポン流!

世界が驚いたニッポン!
スゴ〜イデスネ!!視察団
ジャンル バラエティ番組
企画 奥川晃弘(企画 → 統括)
司会者 爆笑問題(MC)
井澤健太朗(進行)
出演者 綾小路きみまろ
ほか
ナレーター 小野寺一歩
松尾由美子
製作
製作総指揮 奥田創史(ゼネラルプロデューサー)
制作 ユーコム[1](制作協力)
製作 テレビ朝日
放送
放送局 テレビ朝日系列
放送国・地域 日本の旗 日本
これぞ!ニッポン流!
音声形式 ステレオ放送
放送期間 2014年4月13日 - 9月28日
放送時間 日曜 0:45 - 1:15(土曜深夜)
放送分 30分
世界が驚いたニッポン!
スゴ〜イデスネ!!視察団
オープニング 「『大江戸捜査網』のテーマ」(作曲:玉木宏樹
放送期間 2014年10月11日 - 2019年9月7日
放送時間 土曜 18:56 - 19:54
放送分 58分
公式ウェブサイト
テンプレートを表示

世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団』(せかいがおどろいたニッポン スゴ〜イデスネ しさつだん)は、テレビ朝日系列で2014年4月13日未明(12日深夜)から2019年9月7日まで放送されていたバラエティ番組である。レギュラー放送の終了後にも不定期特別番組として放送されている。

内容[編集]

お願い!ランキング』で行われていた企画「日本ツウ学院」をベースにした番組。「もっと日本のことが知りたい!」と思っている外国人生徒たちとともに、身近な商品やサービスに潜む日本ならではのスゴイもの、これぞ!ニッポン流!と言えるものについて学ぶ。

当初は深夜番組で、2014年4月から9月まで『これぞ!ニッポン流!』と題して放送。そして同年10月11日をもってゴールデンタイムでの放送となり[2]、同時にタイトルも改めた。

『これぞ!ニッポン流!』の初期においては教室を模したスタジオで担任役の芸人が外国人生徒に教える形をとっていたが、『これぞ!ニッポン流!』の末期と『世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団』においてはテーマに沿った海外の専門家が日本に招かれ、テーマに関するスポットを視察して海外と比較しつつ日本の凄さを学ぶ形となっている。

ゴールデンタイムへ移動してからは、前番組『お願い!ランキングGOLD』シリーズと同様に土曜20時台の『関ジャニの仕分け∞』→『池上彰のニュースそうだったのか!!』との交互2時間特番が続いていた。

拡大スペシャル放送では高視聴率を獲得することがある。視聴率15%超えとなる回も多く、週間のバラエティ番組視聴率トップ10に入ることも珍しくなかった。例を挙げると、2018年4月7日の3時間半スペシャルでは15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録している。

MCの3人は『お願い!ランキング』に引き続き、特別番組『◯◯総選挙』シリーズでも司会を務めている(『視察団』と直接関係はない)。

2018年5月19日放送分をもって番組表上でのタイトル表記が『ニッポン視察団』に改められた。

司会の一人・ウエンツ瑛士が2018年10月よりイギリスロンドンに留学するため、同年9月29日放送の3時間SPをもって降板した。

番組は2019年9月7日をもってレギュラー放送を終了し、以後は不定期特番として放送されている。

出演者[編集]

世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団[編集]

現在[編集]

MC

進行

  • 井澤健太朗(テレビ朝日アナウンサー) - 2018年10月13日放送分から出演。

番組プレゼンター

  • 綾小路きみまろ - 毎回番組の冒頭で「只今土曜夜6時56分、綾小路きみまろでございます。土曜の夜は『スゴ〜イデスネ!!視察団』!」という口上を述べる。そして番組本編では、VTRの合間にその週のテーマに関連した漫談を披露する。2017年9月9日放送分では口上と漫談を行わずにオーディエンスに参加し、その席上にて口上と漫談はオーディエンスとは別撮りであったことを明かした。

世界各国代表オーディエンス

過去[編集]

MC

これぞ!ニッポン流![編集]

副担任

学級委員

生徒

放送リスト[編集]

これぞ!ニッポン流![編集]

主に通常回と全国ネットでのSPについて記す。関東ローカルで通常回とは別枠で放送された総集編や予告・未公開編等は除く。

世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団[編集]

ネット局と放送時間[編集]

これぞ!ニッポン流![編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送開始日 遅れ
関東広域圏 テレビ朝日 (EX) テレビ朝日系列 日曜 0:45 - 1:15(土曜深夜) 2014年4月13日 制作局
福島県 福島放送 (KFB) 同時ネット
山口県 山口朝日放送 (yab) 金曜 10:00 - 10:30[3] 2014年4月18日 遅れネット
愛媛県 愛媛朝日テレビ (eat) 土曜 1:20 - 1:50(金曜深夜)
岩手県 岩手朝日テレビ (IAT) 火曜 1:20 - 1:50(月曜深夜) 2014年4月22日
中京広域圏 メ〜テレ (NBN) 日曜 1:45 - 2:15(土曜深夜) 2014年4月27日
長野県 長野朝日放送 (abn) 2014年5月3日
鹿児島県 鹿児島放送 (KKB) 日曜 1:45 - 2:20(土曜深夜) 2014年7月6日

世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 遅れ
関東広域圏 テレビ朝日 (EX) テレビ朝日系列 土曜 18:56 - 19:54 制作局
北海道 北海道テレビ (HTB) 同時ネット
青森県 青森朝日放送 (ABA)
岩手県 岩手朝日テレビ (IAT)
宮城県 東日本放送 (KHB)
秋田県 秋田朝日放送 (AAB)
山形県 山形テレビ (YTS)
福島県 福島放送 (KFB)
新潟県 新潟テレビ21 (UX)
石川県 北陸朝日放送 (HAB)
長野県 長野朝日放送 (abn)
静岡県 静岡朝日テレビ (SATV)
中京広域圏 メ〜テレ (NBN)
近畿広域圏 朝日放送 (ABC)
広島県 広島ホームテレビ (HOME)
山口県 山口朝日放送 (yab)
香川県・岡山県 瀬戸内海放送 (KSB)
愛媛県 愛媛朝日テレビ (eat)
福岡県 九州朝日放送 (KBC)
長崎県 長崎文化放送 (NCC)
熊本県 熊本朝日放送 (KAB)
大分県 大分朝日放送 (OAB)
鹿児島県 鹿児島放送 (KKB)
沖縄県 琉球朝日放送 (QAB)
  • 『これぞ!ニッポン流!』のゴールデンタイムにおけるSP(2014年5月10日〈土〉・6月28日〈土〉のいずれも18:56 - 20:54)については、いずれも上記各局で同時ネットされた。

その他[編集]

  • 『世界が驚いたニッポン!』への改題後からオープニングテーマに使われている曲は、かつてテレビ東京で放送された時代劇『大江戸捜査網』のテーマ(作曲:玉木宏樹)である。
  • 2015年3月28日は当初放送休止となる予定だったが、放送予定だった『芸能界マネーダービー 1位とビリ 2時間SP』が諸事情により放送延期・差し替えとなったため、本番組はレギュラー復帰のうえ、2時間SPとして急遽放送されることとなった。延期された『芸能界マネーダービー 1位とビリ』は、1時間に短縮されて2015年7月3日に放送された。
  • 2015年4月4日放送の2時間半SPと翌4月11日放送分は、いずれも直前番組が『人生の楽園』(前者は通常放送、後者は1時間SP)になったため、『人生の楽園』エンディングに当番組から綾小路きみまろが特別ナレーターとして出演し、『人生の楽園』ナレーターの西田敏行と共演するかたちで当番組を告知した。そして当番組の冒頭口上は、「『人生の楽園』の後は『スゴ〜イデスネ!!視察団』」で始まった。なお2016年3月26日放送分の2時間SPは、直前番組が『人生の楽園』1時間SPになるも、『人生の楽園』にはきみまろは出演せず、冒頭口上は「『人生の楽園』の後は」が無い通常版だった。

補足[編集]

  1. ^ TV PROGRAM 制作番組”. 株式会社ユーコム. 2019年11月23日閲覧。
  2. ^ お願い!ランキングGOLD:4年の歴史に幕 後番組は爆問&ウエンツのバラエティー”. MANTANWEB(運営:毎日新聞デジタル) (2014年9月10日). 2014年9月10日閲覧。
  3. ^ 2014年5月30日 - 7月11日には特別編成のために放送を休止。

外部リンク[編集]

テレビ朝日 日曜0:45 - 1:15(土曜日深夜)枠
前番組 番組名 次番組
アレはスゴイはず!?
【日曜23:15に改題移動】
これぞ!ニッポン流!
テレビ朝日系列 土曜18:56 - 19:54枠
世界が驚いたニッポン!
スゴ〜イデスネ!!視察団