サニー・フランシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さにー・ふらんしす
サニー・フランシス
本名 アラパト・ジョシ・フランシス
生年月日 (1964-07-01) 1964年7月1日(57歳)
出生地 Gujarat & Kerela
国籍 インドの旗 インド
身長 180cm
血液型 O+
職業 ラジオ+テレビパーソナリティ+職人レポーター+映画評論家+旅行コーディネート+翻訳通訳+イベントMC+自営業
活動期間 1988年 -
配偶者
著名な家族 子供3人
事務所 フリーランス(気軽に連絡下さい)
公式サイト sunny@journeyjapan.org
主な作品

ビートたけしの 「ここがへんだよ日本人」レギュラー 爆笑問題の 「スゴイデスネ・視察団」レギュラー 爆笑問題の 「ニッポン・視察団」レギュラー スゴイデスネ・視察団 綾小路きみまろコーナーアシスタント レギュラー 「スーパーニュースアンカー 」コメンテーター サンテレビ情報スタジアム 「4時キャッチ」コメンテーター、レポーター サンテレビ情報スタジアム 「キャッチプラス」コメンテーター、職人レポーター ABCラジオ 毎週日曜日 「サニーフランシスのマサララジオ」

FM Cocolo インド情報エンターテイメント番組 「バーラト キ ダルカン」96年〜
テンプレートを表示

サニー・フランシスSunny Francis1964年7月1日[1] - )はインド出身の俳優ラジオパーソナリティ。178cm、86kg(2020年4月時点)。本名、アラパト・ジョシ・フランシス。

来歴[編集]

南インドケーララ州ティルワダナプロム生まれ、西インドグジャラート州アフマダーバード育ち[1]。ケーララ州出身でクリスチャンの父は月給600ルピーの工場労働者。5歳上の兄、1歳上の兄、9歳下の弟の男4人兄弟。1歳の時にケララからグジャラートに移る。セント・ザビエルズ・ハイ・スクール英語: St. Xavier's High School, Mirzapur[2] を経て、1986年3月、L.D.Arts大学英文科を3年で卒業し、同年4月4日に訪日[3]YMCA日本語学校に入学し、1988年3月に卒業[3]。この間、留学生と共に劇団を設立し日本各地で公演を行う。1988年4月大阪ビジュアルコミュニケーションズ映像学科に入学[3]1988年「東芝日曜劇場 恋していました」に、インド人の弁護士役とパキスタン人の犯罪者役の二者択一で、強制送還されるパキスタン人の犯罪者役で初めてテレビ出演した[要出典]。1990年3月、大阪ビジュアルコミュニケーションズを卒業[3]。母国語はマラヤーラム語。第二言語(2外)はヒンディー語

1995年10月に開局した「FM COCOLO」のDJオーディションにデモテープを送り、採用が決定[4]。当初はヒンディ語番組『BHARAT KI DHARKAN』を、さらに翌年の1996年には日本語での生放送を担当し、FM COCOLOにて多くのレギュラー番組を担当していく。ただし2010年4月にFM COCOLOがFM802傘下に入り、大幅なリニューアルが行われてからは、ヒンディ語番組「From Overseas India」のみとなった(2017年4月現在)。2001年には金曜23時から土曜1時の生放送『SUNNY DONBURI』を担当する。また、1998年に放送が開始された『ここがヘンだよ日本人』(TBS)に3年半に渡ってレギュラー出演した。

2004年公開の映画『リアリズムの宿』(山下敦弘監督)で初めて劇場公開映画に出演を果たす。2007年10月からは、『FNNスーパーニュースアンカー』(関西テレビ)の不定期コメンテーターとして出演している。

ポートタウン東(インテックスとんかつ店運び係)、西成区(ミナミのパブ店員、南津守のカラオケ店店長、アントニオ猪木後援会大阪事務所で翻訳通訳)を経て、神戸市に在住。やはり留学生として訪日した、YMCAの劇団の後輩で東芝日曜劇場「恋していました」で一緒だった台湾人女性と1995年に結婚し1男2女がいる。宗教は父と同じクリスチャン。神戸市灘区で、インド料理と台湾料理の両方を提供するエスニック料理店....wife is bossを経営している。「家族は妻のつくる料理に尽きる」が命名の理由。

人物[編集]

  • ラジオパーソナリティーになったきっかけは、訪日して半年経った頃、関西のラジオ番組に出演したことだった。通っていた日本語学校にラジオ局から問い合わせがあり、教師の勧めで出演した[4]
  • 『ここがヘンだよ日本人』では、出演者の外国人のなかで自身のイメージをどれだけ出せるか、自身の発言が実際の放送でどれだけ残るかに苦心していた[4]
  • インド映画にも造詣が深い[3]
  • 日本の永住ビザを取得している[4]
  • 下戸。かなづち。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

現在出演番組
過去出演番組

ドラマ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

  • リアリズムの宿(2004年)
  • UDON(2006年)
  • 眠れる美女の限界 - THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY (2014年)
  • 劇場版 神戸在住(2015年)
  • たこ焼きの詩 (2015年)
  • 切り子の詩 (2016年)
  • 恐竜の詩 (2018年)
  • 痩馬の詩 (2020年)

CM[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b オフィスハツガイ公式Webサイト サニー フランシス
  2. ^ [1][2]
  3. ^ a b c d e ハウス食品 ハウスの出張授業講師プロフィール
  4. ^ a b c d インド人というよりも、ひとりの人間として、自分を試したい”. 国際人権ひろば No.47(2003年01月発行号). アジア・太平洋人権情報センター. 2015年4月28日閲覧。
  5. ^ 前身番組の、『これぞ!ニッポン流!』からの出演
  6. ^ 2014年3月までは金曜日の不定期コメンテーター、4月以降は火曜日の不定期コメンテーター
  7. ^ 妹尾の劇団公演、夏休みの代理で2010年7月2日、2011年4月8日、2012年4月6日、2013年8月9日に出演
  8. ^ サニー・フランシスのマサララジオ”. 朝日放送ラジオ. 2019年4月3日閲覧。
  9. ^ [3]
  10. ^ FM COCOLOにて1997年4月から1999年3月までSaturaday Spice Jungleを共に担当していた。
  11. ^ 2013年9月まで共演
  12. ^ 2013年9月以前も金曜日に共演
  13. ^ 「スーパーニュースアンカー」で金曜日に共演していた

外部リンク[編集]