TBSラジオ珍プレー好プレー大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

TBSラジオ珍プレー好プレー大賞(ティービーエスラジオちんプレーこうプレーたいしょう)とは、2003年から例年12月のスペシャルウィークに放送されるTBSラジオの全番組、及びJRN系列各局の放送内容を対象とした「珍プレー・好プレー」(NG)を選出する企画である。

2003年から2007年までは『伊集院光 日曜日の秘密基地』の中で放送され、『秘密基地』が終了した2008年からは後番組の『爆笑問題の日曜サンデー』で放送されている。

当初はTBSラジオで放送された内容のみが対象とされていたが、2007年からはJRN系列各局の放送内容も、対象とされるようになった。

開始経緯[編集]

もともとは『伊集院光 日曜大将軍』でのレギュラーコーナーとして放送されていた「週刊TBS」(のちに「月刊TBS」に変更)の企画を引き継ぐ形で、2003年12月21日放送の『伊集院光 日曜日の秘密基地』内でスペシャルウィーク企画「2003輝く!TBSラジオ珍プレー好プレー大賞」として放送されたもので、その後は12月のスペシャルウィークの『秘密基地』番組内で毎年放送されるようになった(コーナー名は放送される年によって多少変化する場合がある)。『秘密基地』が2008年3月で終了した際は、この企画の存続について詳細が明らかにされなかったものの、『秘密基地』の後番組となった『爆笑問題の日曜サンデー』が、伊集院光の承諾を得た上で、この企画を引き継いで放送することになった。

内容[編集]

その年、TBSラジオで放送された全放送内容のうち、「珍プレー」(失敗が面白いもの)、「好プレー」(失敗するもののフォローが上手くいき感動するもの)をリスナーに投稿してもらい、当日の放送の中でその場面を振り返り、リスナーからの投票によって、大賞作品を決定するもので、スポーツ実況やトーク番組の言い間違いなどのほか、ベテランパーソナリティの数少ないNG、放送スタッフによるNGや、放送機材の不調等による放送事故なども、対象として取り上げる。

ただし、2003年の放送は、「その年」にこだわらず、過去の作品(たとえば、1995年榎本勝起が『三菱ふそう全国縦断・榎さんのおはようさん〜!』の放送後にスタジオに閉じ込められた模様など)も対象とし、番組単位で大賞を決定した。2007年からは、リスナーからの応募のほか、JRN系列局から寄せられた「珍プレー好プレー」作品も、選考の対象とされるようになった。

珍プレー好プレー大賞[編集]

受賞番組 内容
 2003年   生島ヒロシのおはよう一直線 天気予報中にTBSラジオショッピングで紹介したみかんを食べ、適当に相槌を打った挙句、むせかえる生島ヒロシ(ほか3本[1])。
 2004年   豊田綾乃 プレシャスサンデー 番組内で、『ラジオ朗読版「なぜ生きる」』のテープが半分の回転数で再生されてしまうトラブルが起きたが、動揺することなくフォローしたTBSアナウンサー豊田綾乃
 2005年   全国こども電話相談室 テレビに出たい」という6歳の女の子に対して「遊びじゃない」「そんなことよりを読みなさい」と説教を始め、ついには半泣き状態にさせてしまった永六輔
 2006年   大沢悠里のゆうゆうワイド 休みの大沢悠里に代わってパーソナリティを務めた際、時報前にTBSラジオのコールサイン「JOKR」を言おうとして間違えて文化放送コールサインJOQR」を言ってしまったTBSアナウンサー・蓮見孝之
 2007年   RCCカープデーゲーム中継
RCCラジオ
巨人戦プロ野球中継の実況中、球場のアナウンスブースにスズメバチが入り込んだことにより、パニックに陥ったRCCアナウンサー・一柳信行
 2008年   午後はとことんワイド しげちゃん横丁〜Hey!らっしゃい〜
FBCラジオ
ラジオショッピングの商品であるラジコンヘリの紹介をすればするほど「大人のおもちゃ」の話にしか聞こえなくなったFBCアナウンサー・重盛政史
 2009年   大沢悠里のゆうゆうワイド TBSラジオショッピングで、空気清浄機の商品名「アレルオフイオン」を正しく読むことができず、何度も噛んだ挙げ句に「なんだコレ」と投げ槍になった大沢悠里[2]。TBSラジオの番組が大賞を受賞するのは3年ぶり。
 2010年   こども音楽コンクール(新井麻希 プレシャスサンデー内) 』を歌い出すが、音程ズレていたTBSアナウンサー(『プレシャスサンデー』出演当時)・新井麻希

2011年 
12月18日

安住紳一郎の日曜天国 東京マラソン2011当日の交通規制に引っかかり[3]、スタジオに向かいながら携帯電話で通話する様子を「一人東京マラソン」としてTBSアナウンサー・安住紳一郎に実況された、ゲストのピーコ(2011年2月27日放送)。

2012年 
12月16日

クラブ954スペシャル 趣味である詩吟を、音が割れるほどの大音量で披露した954情報キャスター岡本祥子(2012年4月16日放送)。

2013年 
12月15日

赤江珠緒 たまむすび 赤江珠緒が2013年の放送中に起こした珍プレー盛り合わせ10本[4]

2014年 
12月14日

大賞史上初の連覇
赤江珠緒が2014年の放送中に起こした珍プレー9本と、赤江の夏休み中にTBSアナウンサー・外山惠理が代理で出演した生放送の冒頭に遅刻したピエール瀧

2015年 
12月20日

三連覇! 殿堂入り
赤江珠緒が2015年の放送中に起こした珍プレー7本と「およげ!たいやきくん」のレコードDJプレー[5][6]

2016年 
12月18日

 
つながるワイド・服部直樹の全開!月曜日
WBSラジオ
制作スタッフが番組の終了時間を同日に2度も間違えてしまい、締め台詞「サラバじゃ!」を3回も言わされる羽目になった、パーソナリティの服部直樹(2016年9月5日放送)[7]

2017年
12月17日

リクエストマンデー
IBC岩手放送
IBCアナウンサー・加藤久智テレサ・テンの「つぐない」を放送している際の「意図しないデュエットヴァージョン」[8]

例外[編集]

2014年においては、16時台の投票受付中のスペシャルゲストとして、TBSアナウンサー堀井美香が招かれたが、理由は堀井が関わる複数の出演番組で、好プレー・珍プレーが聴取者から寄せられたためで、通常のノミネートとは別枠の扱いとなった。該当する番組は次の通り。

脚注[編集]

  1. ^ 先述した通り、この年は一番組につき複数の珍プレーが放送され、番組単位で大賞を選ぶ形式だった。
  2. ^ 生島ヒロシ アナウンサー生命を心配される - ライブドアニュース、2009年12月28日10:03配信
  3. ^ ピーコは実際は番組に出演することを忘れていて遅刻したと、『日曜天国』(2011年2月27日)や『土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界』(同年3月5日)で話している。
  4. ^ 赤江の珍プレーの多さが目立っていたことから、16時台のゲストとして赤江が出演しており、大賞のトロフィーと賞状は赤江に直接授与された。
  5. ^ 12月20日の「日曜サンデー」
  6. ^ 帰って来たのね…私の元に - 赤江珠緒 たまむすび
  7. ^ 珍プレー好プレー大賞第1位獲得後、番組と服部が電話で語り合った。『急に電話かかってきたんよ!』 - つながるワイド、2016年12月19日
  8. ^ 珍プレー好プレー大賞が決定! 2017年はベテランのやらかし(笑)”. TBSラジオ (2017年12月17日). 2017年12月17日閲覧。

関連項目[編集]