激突!あごはずしショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
激突!あごはずしショー
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 1987年10月10日 - 1988年3月26日
放送時間 土曜 20:00 - 21:00
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 越前屋俵太
出演 今井由美子
常倉十紀二
プロデューサー 勅使川原昭
ディレクター 安岡喜郎
寺内壮
テンプレートを表示

激突!あごはずしショー(げきとつあごはずしショー)はニッポン放送で1987年10月10日から1988年3月26日まで放送されていたバラエティ番組

概要[編集]

ニッポン放送は、1987年の週末ナイターオフ枠にてタモリのナイターオフ枠のレギュラー番組として放送されていた『だんとつタモリ おもしろ大放送!』の以降の時間枠を、公開オーディション番組として編成する事となった。番組構成は、予選オーディションを勝ち抜いてきた素人、芸人が自分のネタを観客や審査員の前で披露し、それが面白くないと感じた審査員は手を上げ、審査員全員が手を上げるか持ち時間いっぱいまでネタを披露できるゴングショー形式の公開オーディションコーナーを柱としており、優勝賞品はニッポン放送の番組のレギュラー獲得だった。

また、番組は基本的に公開生放送形式を採用しており、リスナー観覧も事前のハガキ抽選では無く、当日の先着順で観覧が可能で渋谷109スタジオをメインにニッポン放送有楽町旧社屋のラジオハウス銀河にて放送していた。

また、この番組の司会(パーソナリティ)は、同年9月迄『オールナイトニッポン』火曜2部を担当していた、俵太が担当し、アシスタントは、元オールナイターズの今井が担当した。

電話帳から任意に選んだ家庭に電話して番組を聞いていたら(「激突」に対して「あごはずしショー」と合い言葉を言えたら)賞金100万円をプレゼントするという企画もやっていた。当然のようにプレゼントされることはなかった。

出演者[編集]

パーソナリティ[編集]

アシスタント[編集]

審査員[編集]

固定ではない

ゲスト[編集]

ネット局[編集]

スタッフ[編集]

  • ディレクター:安岡喜郎(現:日本テレビ制作局チーフプロデューサー)寺内壮(現:日本テレビ制作局プロデューサー)
  • プロデューサー:勅使川原昭(当時:営業部所属)
  • 構成作家:石田章洋(伊集院光の兄弟子)ほか

その他[編集]

エピソード[編集]

1987年12月に、当時、円楽一門会三遊亭楽太郎の弟子であった、落語家三遊亭楽大が当該番組の構成作家である、石田(三遊亭花楽京)から実質的な人数合わせのサクラとして当該番組のオーディションに参加。しかし、石田が当時はまだ二つ目の身分であったため、落語家とバレない別の芸名である「伊集院光」を命名し、元ギャグオペラ歌手というふれ込みで送り込み、公開オーディションで優勝し『山口良一のそれゆけ!土曜日行進曲』のレギュラーを獲得した[1]

以後、当時のラジオ番組は2020年時点の様に顔を出す事が無いため、架空の経歴を盛りながら番組に出演して来し、結果として伊集院として業界内外からの評価が上がって来ていたため、当該番組のディレクターから楽大としてカミングアウトする事を許されずそのままニッポン放送の番組出演し続ける事となった[2]

また伊集院が「審査員の方、この問題が分かったら手を上げてください」というネタを披露した所、本当に審査員全員が手を上げてしまい、あっという間にネタ見せが終了したことがある。また、グランドチャンピオン大会においても優勝している(賞品はダイハツ・リーザ)。

伊集院を含むグランドチャンピオン大会上位二組は大阪一泊二日旅行を獲得したが、それは翌週の大阪大会(会場:心斎橋筋2丁目劇場)に出場するためだった。大阪大会でのゲスト審査員は、当時初の看板番組『4時ですよ~だ』でブレイクしたダウンタウンで、松本人志からは「最後の人(伊集院)ね、最後の人はほんとになんかお金になりそうでしたね」と評された。

脚注[編集]

  1. ^ 初期の伊集院さん”. 上柳昌彦ラジオの人(ニッポン放送) (2019年6月21日). 2020年9月15日閲覧。
  2. ^

関連項目[編集]

ニッポン放送 土曜 ナイターオフの20:00 - 21:00
前番組 番組名 次番組
激突!あごはずしショー
1987年度
邦子とキッチュのTVで遊ぶ生ラジオ
1988年度