石田章洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石田 章洋(いしだ あきひろ、1963年12月 - )は、岡山県出身の日本の放送作家、プランナー。ライター&プランナーズオフィス、株式会社フォーチュンソワーズ代表取締役社長。

石田いしだ 章洋あきひろ
(三遊亭さんゆうてい 花楽京はならっきょう)
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}石田(いしだ) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}章洋(あきひろ) (.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}三遊亭(さんゆうてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}花楽京(はならっきょう))
三ツ組橘は、圓楽一門の定紋である。
本名 石田いしだ 章洋あきひろ
生年月日 1963年12月
出身地 日本の旗 日本岡山県
師匠 三遊亭楽太郎(現・6代目三遊亭円楽)
名跡 1.三遊亭楽京
2.三遊亭花楽京
活動内容 構成作家
プランナー
落語家
備考
現在は本名名義で放送作家。

来歴[編集]

日本大学法学部在学中に落語サークルで三遊亭楽太郎(現・6代目三遊亭円楽)の知己を得て、大学を中退して弟子入り(前座名・三遊亭楽京[1])。二つ目に昇進し、三遊亭花楽京を名乗るが、程なく落語家を廃業し、放送作家に転身。

放送作家の事務所を紹介してくれたのも師匠の楽太郎であり、現在も身内として扱っている[2]

駆け出し作家の頃に担当した『激突!あごはずしショー』(1987年、ニッポン放送)に数合わせとして弟弟子の三遊亭楽大を出演させるが、その時、楽大が名乗ったのが伊集院光である。

世界・ふしぎ発見!』は初期より担当しており、1997年には「エディ・タウンゼント 青コーナーの履歴書」 の回で第45回コロンバス国際フィルム&ビデオ・フェスティバル優秀作品賞を受賞している。

著書[編集]

  • スーパー速書きメソッド(2014年、マイナビ新書)
  • 企画は、ひと言。(2014年、日本能率協会マネジメントセンター)
  • スルーされない技術(2014年、かんき出版)
  • ビジネスエリートは、なぜ落語を聴くのか?(2015年、日本能率協会マネジメントセンター)※横山信治(元・笑福亭手遊)との共著

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 三遊亭楽京は石田が廃業後に入門した弟弟子(二つ目時代は花楽京を名乗った)が真打ち昇進後に名乗っている。
  2. ^ 噺家から転身 世界不思議発見を書き続けた ベテラン 石田章洋さん”. カフェ・ラ・テ(ラジオ日本) (2010年4月30日). 2014年6月23日閲覧。

外部リンク[編集]