真弓倫子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まゆみ ともこ
真弓 倫子
プロフィール
別名義 市来 倫子(本名)[1]
生年月日 1971年6月27日
現年齢 49歳
出身地 日本の旗 日本鹿児島県
血液型 A型
公称サイズ(1989年時点)
身長 / 体重 162 cm / 45 kg
BMI 17.1
スリーサイズ 80 - 55 - 83 cm
活動
デビュー 1987年
他の活動 タレント女優
モデル: テンプレート - カテゴリ

真弓 倫子(まゆみ ともこ、1971年6月27日 - )は、日本女優タレント鹿児島県出身[1]エムティ企画所属。

略歴[編集]

堀越高等学校卒業[要出典]。一時期、真弓倫子(まゆみ りんこ)という芸名を使用していた[いつ?]

原宿で街頭スカウトされて、芸能界入り。[2] デビュー当時は、大手芸能事務所ビッグアップルに所属し、TBS系の連続ドラマ『毎度おさわがせします3』で女優デビュー。テレビCM「ビオグール」出演で注目を浴び、そのCM曲でアイドル歌手として(RVC)より「片思いグラフティー」で歌手デビュー。また、日本テレビ系『歌のトップテン』の注目曲として出演し、鳴り物入りのデビューであった。高い歌唱力には当時定評があった。

サードシングル「アイ・ハード・ア・ルーマー」からは、バーニングプロダクション同系列事務所の荻野目洋子長山洋子のカバー曲ブレイク方式をねらったが、失敗に終わり、ビッグアップルとの契約もまもなく切られた。その後、事務所を移籍し、コンスタントに曲をリリースするが、ヒット曲には恵まれなかった。

芸能活動を休止している時期は、徳永英明のマンションに住んでいる、保坂尚輝と同棲しているなどと週刊誌でスクープされたもあったが、週刊誌の間違いだった。1994年から再びヘアヌード写真集「RE-BIRTH」(スコラ)で芸能界に復帰し、その後濡れ場を中心にVシネマ、映画、ドラマなどで活動する。現在は資格を取り女性専用のサロンでエステティシャンとしての活動に専念している。

2011年4月11日、全シングル+アルバムの音源を収録したベスト盤(2枚組)『オールソングスコレクション』をソニー・ミュージックエンタテインメントから発売した。

主な出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画・Vシネマ[編集]

CM[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 オリコン
最高位
規格品番
RVC
1 1987年
6月6日
A面 片想いグラフィティー 三浦徳子 都志見隆 船山基紀 19位 RHS-287
B面 センチメンタル・夏少女 松本一起 馬飼野康二 大谷和夫
2 1987年
9月16日
A面 9月のプロムナード 三浦徳子 都志見隆 中村哲 50位 RHS-301
B面 瞳のフラッシュ 竜真知子
BMGビクター
3 1987年
12月16日
A面 アイ・ハード・ア・ルーマー[3] 兼松正人 M.Aitken
M.Stock
P.Waterman
Michael Korgen 89位 B07S-5
B面 黄昏のシャララ 三浦徳子 都志見隆 中村哲
4 1988年
8月21日
A面 Confusion-静けさを破って- 三浦徳子 石田正人 戸塚修 121位 B07S-22
B面 Septemberから… 山田ひろし
5 1989年
2月21日
A面 こしゃくなMy Halation 山田ひろし 小森田実 中村哲 157位 B07S-35
B面 ビスケットBI・JI・N 松宮恭子 戸塚修

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  1. Sincerely Yours(1989年3月21日、BMGビクター/R32H-1074)

ベスト・アルバム[編集]

  1. 真弓倫子 オールソングスコレクション(2011年4月11日、ソニー・ミュージック/DYCL-326)

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ
1987年 片想いグラフィティー スポーツドリンク「ビオグール」CMソング
1988年 アイ・ハード・ア・ルーマー フジテレビ系テレビドラマ「ときめきざかり」挿入歌
1989年 ビスケットBI・JI・N イトウ製菓・イメージソング

書籍[編集]

写真集
  • RINCO Will Be...(1987年、近代映画社
  • ORGANDIE(1989年、近代映画社)
  • RE-BIRTH(1993年、スコラ
  • 1994 INDIA(1994年、KK ベストセラーズ)
  • Ichi-Rin(1996年、英知出版

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 公式プロフィール”. エムティ企画. 2013年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月16日閲覧。
  2. ^ オリコン 1987年6月1日号
  3. ^ バナナラマの同名曲の日本語カバー。