友寄隆英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ともより たかひで
友寄 隆英
生誕 日本の旗 日本兵庫県[1]
別名 ナスD
元ナスD
職業 テレビプロデューサー
代表作 陸海空 こんな時間に地球征服するなんて 部族アース

友寄 隆英(ともより たかひで)はテレビ朝日総合編成局制作1部所属のテレビプロデューサー演出家兵庫県出身[1]

経歴[編集]

兵庫県出身。岡山県高校を経て、大学進学後、劇団に入団。もともとは獣医師志望だったが、19歳から日本テレビ珍プレー好プレー」などで製作会社のアシスタントディレクターアルバイトを始める。大学卒業後は、オーディションに落ちたためテレビスタッフを志すようになり[2][3]、フリーディレクターを経て2003年にテレビ朝日入社。以前は奥川晃弘ゼネラルプロデューサーの下でプロデュース演出などを担当してきた。2010年には、ゼネラルプロデューサーに昇格し一部の番組で担当している(演出兼務の番組もある)[4]

いきなり!黄金伝説。』では、ディレクター(後に演出・プロデューサー→ゼネラルプロデューサー)として裏方を務め、一ヶ月一万円生活や無人島0円生活においてよゐこに無茶をやらせる。その結果、よゐこ濱口曰く「おしゃれでシュールな」芸風を現在の芸風に変えてしまったという。

2010年に放送したスペシャルドラマ「特別編『毒トマト殺人事件』」では監督・脚本・編集を担当した。

2017年から放送されている旅バラエティー番組『陸海空 地球征服するなんて』ではゼネラルプロデューサーとして番組制作を統括する傍ら、部族アースの取材ディレクターも担当している。通称「ナスD」として出演。

2017年7月のNEWSポストセブンにて、妻が料理研究家の森崎友紀であると報道された[5]

人物[編集]

信条は、演者にやらせる前に自分でやってみる。

『いきなり!黄金伝説。』では多くの無人島を自らロケハンし無人島生活を行なう。そうした経験から無人島のことなら日本一詳しいと豪語する。モリを用いた漁が上手く、漁師にスカウトされる程の腕前である。

『陸海空 地球征服するなんて』の部族アースでは、現地の川魚を生で食す、川の水をそのまま飲む、高アルコールの酒を飲み干す、タトゥーの原料の強力な染料となるウィトという果物の汁を、シピボ族英語版のプエルトフィルメーサ村の女性に「美容に良い」と言われ、取れないとは知らず全身に塗りたくったため全身真っ黒になってしまう、四日間全く睡眠を取らず気絶する等の破天荒さを見せる。染料を塗った後の色がナス色に見えることから、番組内では「ナスD」(ナスディレクターの略称)や「破天荒ナスD」と呼ばれることとなった[6]。その後、訪れたシピボ族のロボヤナティバ村に住む女性から、漂白剤で落とせると聞き数日かけて色を落としたため、「元ナスD」と改名された。番組内では多くの無茶を行なうが、帰国後の健康診断の結果は異常なしだった。

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]