鈴木あきえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すずき あきえ
鈴木 あきえ
プロフィール
別名義 鈴木 明恵(本名)[要出典]
愛称 アッキー
生年月日 1987年3月12日
現年齢 30歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 A型
公称サイズ(2011年[1]時点)
身長 / 体重 154 cm / kg
スリーサイズ 80 - 59 - 83 cm
カップサイズ D[要出典]
靴のサイズ 22.5 cm
活動
デビュー 2004年[2]
ジャンル グラビア
モデル内容 一般、水着
他の活動 タレント
女優
リポーター
司会者・MC
ラジオパーソナリティ
事務所 プロダクションノータイトル
モデル: テンプレート - カテゴリ

鈴木 あきえ(すずき あきえ、1987年3月12日 - )は、日本タレント女優リポーター司会者・MC[2]ラジオパーソナリティー、元グラビアアイドル。本名、鈴木 明恵(読み同じ)[要出典]

東京都出身。東京都立雪谷高等学校卒業[3]プロダクションノータイトル所属。

来歴[編集]

東京都品川区立伊藤中学校を経て[要出典]東京都立雪谷高等学校在学中の2004年、17歳の時に『週刊ヤングジャンプ』(集英社)のグラビアを飾りデビュー[4][5]。編集者に「金太郎体形」と指摘されたことでさまざまなダイエット法に挑戦し半年間で13kgの減量に成功[5]グラビアアイドルとして写真集やDVDを発表する[6]

水着になることを苦手に感じていたことから、19歳のころ芸能界を辞めようと事務所に相談し、グラビアの仕事は辞めてタレントとしてテレビの仕事に専念することとなる[5]。一方で、2006年より1年間、秦建日子が主宰する「演劇ワークショップTAKE1」の第4期生として演劇を学び、女優として秦作品の舞台に立つ[7]

2006年に『BSブランチ』(BS-TBS)のオーディションに挑戦して不合格となった後、同年12月に『王様のブランチ』(TBS)のリポーターオーディションに合格して翌2007年2月より同番組のリポーターとなり、人気コーナー「買い物の達人」でははっぴ姿でゲストとの買い物・トークを仕切って、持ち前の明るさと元気に加えて臨機応変なタレント力により注目を集める[8][5]2013年5月11日からはリポーターを兼務する形でレギュラー出演者となっている。

また、ラジオパーソナリティとして、『チャイム!』(FM NACK5)では22歳で深夜1時から朝6時までの5時間生放送の番組のパーソナリティを1人で務めて1晩に平均1300通以上のメッセージがメールで寄せられるほどの人気を集め、番組内ではモノマネも度々披露。2010年6月20日放送の深夜の冠特番『アッキー RADIO SHOW!』(FM NACK5)では、日曜の深夜(25時 - 29時)にも関わらず1000通以上のメッセージが寄せられこの時間帯の最高記録を大幅に塗り替えた。2012年8月にスタートした『鷹の爪団の世界征服ラヂヲ』(TOKYO FM)は業界誌『GALAC』(放送批評懇談会)12月号でラジオ部門にノミネートされている。

2010年3月には舞台『少年X』で吉本興業神保町花月の舞台にも立ち、人気芸人の中にまじり、喜劇女優デビューを果たしている[9]2014年公開の劇場アニメ『サミーとシェリー 〜七つの海の大冒険〜』ではヒロインのウミガメ・シェリーの声を担当し、声優としてアニメの吹き替えにも初挑戦した[10]

2017年3月には、10年にわたる『王様のブランチ』リポーターにおいて培った経験をもとに、初対面や年齢が離れているなどどのような相手に対しても円滑にコミュニケーションがとれる極意や技術を解説した自身初のビジネス書『誰とでも3分でうちとける ほんの少しのコツ』(かんき出版)を上梓した[8][11]

私生活では、知人を介して知り合った同い年のテレビディレクターと約2年の交際期間を経て、2017年3月11日放送の『王様のブランチ』の番組冒頭にて婚約を発表[11][12]。同年6月24日に婚姻届を提出し挙式した。結婚式では出川哲朗が「スペシャル牧師」を務めた[13][14]

人物[編集]

特技はチアリーディングピアノ[1]東京都立雪谷高等学校在学中はチアリーディング部に所属し、関東2位・全国5位となる[15]2003年夏に雪谷高校が東東京代表として第85回全国高等学校野球選手権大会に出場した際には阪神甲子園球場のアルプススタンドでチアリーダーとして応援した[16]

趣味は山登り、映画鑑賞、釣り、アクセサリー作り。また、手話検定5級の資格を持つ[1]

家族には1歳上の姉と9歳下の弟がいる。また、タレントの田中絵里花従妹にあたる[17]

エピソード[編集]

  • 17歳でグラビアデビューした当時、あまりのぽっちゃり体型に、雑誌社の人から、「もう、ちょいシャープに!」と言われ、半年で13kg以上のダイエットに成功した経験をもつ。その間、ありとあらゆるダイエットを試し、ダイエット方法に詳しいタレントと自負している。今でもその体重を維持し、ダイエット誌である、学研『FYTTE(フィッテ)』を愛読している。2010年6月号には、巻頭特集で常食のヨーグルトを紹介している。
  • NHKワンセグ2の『ワンセグランチボックス』では、不定期で「あっきーの素敵オフィスお邪魔」というコーナーに中継レポーターとして出演している。
  • 2013年6月29日放送の『王様のブランチ』内で鈴木あきえがリポーターを務める『買い物の達人』コーナー[18]において、ゲストの水沢アリーとの掛け合いの中で「お笑い芸人を目指している」というアリーが鈴木あきえをリスペクトしていると発言した[19]
  • 現在はグラビアアイドルを引退している。

出演[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

  • 人生大爆走(2006年11月2日 - 5日、MK-Box、アートボックスホール)
  • 地図 〜朝焼けに君をつれて〜(2007年3月15日 - 18日、演劇ワークショップTAKE1、きゅりあん小ホール)
  • ひょ〜い、ドン!(2007年7月24日 - 29日、OFFICE BLUE、小劇場「楽園」)
  • 比翼の鳥/ファインディング・サトコ(2007年12月19日 - 23日、OFFICE BLUE、アイピット目白)
  • 少年X
  • 大!天才てれびくんスペシャル 迷走劇場ウラシマ(2012年1月9日、神奈川芸術劇場
  • 大!天才てれびくんスペシャル 真夏の夜の虫(2012年8月4日、NHKホール
  • 大!天才てれびくんスペシャル パズルの迷宮とゼロの秘宝(2014年1月11日、パルテノン多摩)

CM[編集]

作品[編集]

写真集[編集]

DVD[編集]

書籍・連載[編集]

連載[編集]

  • BREAK Max「アイドル井戸端コラム・山手線フーチャー」(コアマガジン
毎月、山手線の各駅に下車しその駅の周辺の歴史から街の様子までを紹介していく2年計画のコーナー

書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 鈴木 あきえ”. TALENTS. プロダクションノータイトル. 2017年3月14日閲覧。
  2. ^ a b 鈴木 あきえ”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年3月11日閲覧。
  3. ^ 鈴木あきえ (2009年7月29日). “都立 雪谷高校”. 鈴木あきえオフィシャルブログ「エンガワとさつまいも」. 2017年3月12日閲覧。
  4. ^ 鈴木あきえ (2007年8月19日). “人生が変わる瞬間”. 鈴木あきえオフィシャルブログ「エンガワとさつまいも」. 2017年3月12日閲覧。
  5. ^ a b c d “【私の逆境時代】鈴木あきえ、「金太郎体形」だったグラビア時代…ダイエットで13キロ減”. zakzak by 夕刊フジ (産経デジタル). (2013年7月19日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130719/enn1307190732000-n1.htm 2017年3月12日閲覧。 
  6. ^ “甘酸っぱい色香、鈴木あきえ初々しいボディー”. ZAKZAK (産経デジタル). (2005年2月4日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_02/g2005020409.html 2017年3月14日閲覧。 
  7. ^ 鈴木あきえ (2007年3月19日). “TAKE1 4期 卒業”. 鈴木あきえオフィシャルブログ「エンガワとさつまいも」. 2017年3月14日閲覧。
  8. ^ a b “「王様のブランチ」でおなじみ、鈴木あきえによる初のビジネス書『誰とでも3分でうちとける ほんの少しのコツ』発売決定。3/12(日)サイン会開催!” (プレスリリース), かんき出版, (2017年2月14日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000011466.html 2017年3月12日閲覧。 
  9. ^ “街中でナイスボディ露出全開!?鈴木あきえがアレ初挑戦”. zakzak by 夕刊フジ (産経デジタル). (2010年3月2日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20100302/enn1003021632011-n1.htm 2017年3月14日閲覧。 
  10. ^ “ブランチリポーター・鈴木あきえ、アニメ吹き替え声優初挑戦”. ORICON NEWS (オリコン). (2014年7月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2040042/full/ 2017年3月14日閲覧。 
  11. ^ a b “鈴木あきえ、結婚後も『ブランチ』出演「バリバリ続けたい」”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年3月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2087277/full/ 2017年3月12日閲覧。 
  12. ^ “王様のブランチ」鈴木あきえ結婚、テレビ関係者と”. 日刊スポーツ. (2017年3月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1790560.html 2017年3月11日閲覧。 
  13. ^ 鈴木あきえ (2017年6月25日). “ご報告。”. 鈴木あきえオフィシャルブログ「エンガワとさつまいも」. 2017年6月26日閲覧。
  14. ^ “鈴木あきえが婚姻届提出、出川がスペシャル牧師担当”. 日刊スポーツ. (2017年6月25日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1845672.html 2017年6月26日閲覧。 
  15. ^ a b 鈴木あきえ、異色キャラとラジオ共演!”. zakzak. 2013年2月2日閲覧。
  16. ^ 鈴木あきえ (2007年8月17日). “甲子園燃え萌え”. 鈴木あきえオフィシャルブログ「エンガワとさつまいも」. 2017年3月12日閲覧。
  17. ^ 鈴木あきえオフィシャルブログ「エンガワとさつまいも」2011年1月3日 お正月大好きです(笑)
  18. ^ 2013年6月29日の買い達|TBSテレビ:王様のブランチ”. TBSテレビ. 2013年7月12日閲覧。 “リポーター:鈴木あきえ”
  19. ^ TVでた蔵. “王様のブランチ|2013/06/29(土)放送”. 株式会社ワイヤーアクション. 2013年7月12日閲覧。
  20. ^ NEXUS フェンシング普及に向けチーム創設”. 娯楽産業協会 (2009年4月17日). 2012年6月4日閲覧。

外部リンク[編集]