HK 変態仮面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

HK 変態仮面』(エイチケー へんたいかめん)は、あんど慶周の漫画『究極!!変態仮面』を原作とする日本映画のシリーズ。2013年に第1作が公開された。

シリーズ概要[編集]

2013年4月に第1作『HK 変態仮面』、2016年5月に続編『HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』が公開された[1]。いずれも福田雄一の監督、鈴木亮平の主演による。漫画では端役だった大金玉男が全編通しての敵として登場、紅優高校の地下に眠る金鉱を手中に収めるため、戸渡を始めとする刺客を学校に差し向ける。同作では大金自身も変態仮面と渡りあえるほどの空手を駆使する他、最終的には巨大ロボットを駆って変態仮面と直接対決に赴くなど、原作の雰囲気は踏襲しつつも、物語は完全にオリジナルであり、登場人物も一部異なる。

第1作[編集]

HK 変態仮面
監督 福田雄一
脚本 福田雄一
脚本協力:小栗旬
原作 あんど慶周
製作総指揮 間宮登良松、百武弘二、宮路敬久
出演者 鈴木亮平
清水富美加
片瀬那奈
ムロツヨシ
安田顕
佐藤二朗
池田成志
音楽 瀬川英史
主題歌 MAN WITH A MISSION「Emotions」
撮影 工藤哲也
編集 栗谷川純
製作会社 変態仮面製作委員会
配給 ティ・ジョイ
公開 2013年4月6日(先行公開)
2013年4月13日(全国公開)
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス
テンプレートを表示

第1作『HK 変態仮面』は、2013年4月13日に公開された。監督の福田雄一が脚本も手がけているが、原作のファンである小栗旬が脚本協力として参加している。主演の鈴木亮平は、超筋肉質の変態仮面を演じるため、体重を一度15kg増量した上で脂肪をそぎ落とすという肉体改造を行った[2]

PG12指定。キャッチコピーは「愛子ちゃん、どうか俺の闘う姿を見ないで欲しい。」「俺は正義の味方だが どうやら正義は俺の味方ではないらしい」。

2012年11月、映画館にて予告編が告知上映された[3]。予告編の最後には『“変態”って言えなかったらタイトル「HK」でも買えるよ』とある。2013年2月、実写映画化が正式発表された[4]

2013年4月6日に新宿バルト9にて先行公開の後、同年4月13日より全国で公開された。配給はティ・ジョイ。公開前から大きな反響を呼んでおり、公開後には上映館数を当初の12館から27館まで増やした。また、公開規模にもかかわらず4月30日には興行収入が1億円を突破する破竹の勢いをみせた[5]

上映マナー用の短編フィルムも作成されており、変態仮面が劇場マナー違反の迷惑客を必殺技で注意するのだが、一番の迷惑客は全裸に近い変態仮面自身だったという内容である。

日本国外での公開[編集]

台湾では、2013年4月9日に台湾ゴールデンホース・ファンタスティック映画祭でプレミア上映され[6]、同年5月3日に一般公開された。公開前からテレビCMが流れ、首都・台北の街中には150台の『変態仮面』ラッピングバスが走った。公開3日間の興収も468万台湾元となり、週末興行収入ランキングで『アイアンマン3』、ダニー・ボイル監督の最新作『トランス』に続く第3位につけた[7]

この他、香港では2013年7月に公開、アジア以外でもニューヨーク、スイス、スペインなど10近くの映画祭からのオファーが殺到した[8]

キャスト(第1作)[編集]

スタッフ(第1作)[編集]

製作委員会メンバー[編集]

  • 東映ビデオ - 安村基、吉田啓昭
  • ショウゲート - 小林宏至、吉田純子
  • 日本出版販売 - 根岸悟、室谷洋平
  • レスパスビジョン - 中島睦巳

賞歴(第1作)[編集]

英題は"HENTAI KAMEN: FORBIDDEN SUPER HERO"[10]

受賞

第2作[編集]

HK 変態仮面
アブノーマル・クライシス
監督 福田雄一
脚本 福田雄一
原作 あんど慶周
出演者 鈴木亮平
清水富美加
片瀬那奈
ムロツヨシ
安田顕
柳楽優弥
音楽 瀬川英史
主題歌 CTS
「WAVINESS feat. 南波志帆
撮影 工藤哲也
編集 栗谷川純
製作会社 「HK2」製作委員会
配給 東映
公開 2016年5月14日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 1億1500万円[11]
前作 HK 変態仮面
テンプレートを表示

HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス』(エイチケー へんたいかめん アブノーマルクライシス)は、2016年5月14日公開の映画で、『HK 変態仮面』の続編となる。前作に引き続き監督・脚本は福田雄一、主演は鈴木亮平が務める[1]。前作では予算が足りずに制作できなかったパンフレットが、本作では前作の未公開画像も収録して発売された[12][13]

前作と異なり、PG-12の年齢制限が外れている。キャッチコピーは「世界からパンティが消える。正義が消える。」。

キャスト(第2作)[編集]

スタッフ(第2作)[編集]

受賞(第2作)[編集]

小説[編集]

HK/変態仮面
ひなたしょうによる映画第1作準拠のノベライズ[18]。集英社から出版された。映画同様の内容を展開しつつ、本編で描写されなかった細かい部分などもある程度回収している。
巻末にはスタッフや出演者、原作者のコメント等が寄せられている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 鈴木亮平が再びパンティを被る「HK/変態仮面」続編5月公開、柳楽優弥らも出演”. 映画ナタリー (2016年2月23日). 2016年2月23日閲覧。
  2. ^ 『HK 変態仮面』鈴木亮平、15kg増の筋骨隆々肉体改造を語る 東京ウォーカー2013年04月04日
  3. ^ ITmedia (2012年11月19日). “「変態仮面」映画化か!? 謎の映画「HK」予告が話題に”. 2013年2月14日閲覧。
  4. ^ ORICON STYLE (2013年2月14日). “大ファンの小栗旬が脚本協力! 『変態仮面』、鈴木亮平主演で映画化決定”. 2013年2月14日閲覧。
  5. ^ 興収1億突破「変態仮面」が早くも自宅で!オンライン劇場で配信決定 映画.comニュース 2013年5月4日
  6. ^ シネマトゥデイ (2013年4月10日). “映画「変態仮面」がついに海外進出!変態奥義の数々に台湾が大熱狂!”. 2013年4月15日閲覧。
  7. ^ 台湾でも大ヒットの『HK/変態仮面』、アジア映画としてはトップの興行ランキングに MOVIE COLLECTION
  8. ^ マイナビニュース (2013年4月13日). “鈴木亮平、世界よ!これが映画だ、これがクールジャパンだ!『HK/変態仮面』公開初日から大盛況で「パンティ」おひねりも!(テレビドガッチ)”. 2013年4月15日閲覧。
  9. ^ 劇場で上映のマナーCMでも使用。
  10. ^ HENTAI KAMEN wins New York Asian Film Festival 2013 Audience Award J!-ENT2013年07月17日
  11. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.70
  12. ^ Twitter・福田雄一@fukuda_u1 - 2016年5月8日 22:19
  13. ^ Twitter・「HK/変態仮面」公式@HK_hentai - 2016年5月13日 9:38
  14. ^ a b 『HK/変態仮面』続編決定、鈴木亮平が再びパンティかぶり「念願かなった」 柳楽優弥も参戦”. ORICON STYLE (2016年2月23日). 2016年2月23日閲覧。
  15. ^ 好きな言葉はアブノーマル。”. 戸塚純貴オフィシャルブログ「とつかじゃなくて、とづかです。」 (2016年5月13日). 2016年5月15日閲覧。
  16. ^ 映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』にHIKAKINと瀬戸弘司が出演!”. UUUM (2016年5月13日). 2016年5月15日閲覧。
  17. ^ 南波はストリートミュージシャン役で映画本編にも出演している(Twitter・南波志帆@nanba44 - 2016年5月13日 22:14)。
  18. ^ 『HK/変態仮面』劇場版ノベライズ本日発売!! 冒頭試し読みも公開中!!

外部リンク[編集]