トランス (2013年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トランス
Trance
監督 ダニー・ボイル
脚本 ジョー・アヒアナ英語版
ジョン・ホッジ
製作 ダニー・ボイル
クリスチャン・コルソン
製作総指揮 フランソワ・イヴェルネル
バーナード・ベリュー
出演者 ジェームズ・マカヴォイ
ロザリオ・ドーソン
ヴァンサン・カッセル
音楽 リック・スミス
撮影 アンソニー・ドッド・マントル
編集 ジョン・ハリス
製作会社 クラウド・エイト・フィルムズ
パテ・インターナショナル
フィルム4・プロダクションズ英語版
配給 イギリスの旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
日本の旗 20世紀フォックス
公開 イギリスの旗 2013年3月27日
日本の旗 2013年10月11日
上映時間 101分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 $24,261,569[1]
テンプレートを表示

トランス』(Trance)は2013年イギリスサイコスリラー映画英語版ダニー・ボイル監督、ジョー・アヒアナ英語版ジョン・ホッジ脚本。出演はジェームズ・マカヴォイロザリオ・ドーソンヴァンサン・カッセルらである[2]。プレミア上映は2013年3月19日にロンドンで行われた[3]

ストーリー[編集]

ギャンブル依存症で借金まみれの競売人サイモンは、借金を肩代わりしてくれたギャング、フランクらと結託し、彼らが起こした騒動に紛れてゴヤの名画『魔女たちの飛翔英語版』をオークション会場から盗み出すことに成功するが、何故かフランクらを裏切り、密かに絵を隠す。ところが、フランクに殴られたことでサイモンは隠し場所を完全に忘れてしまう。そこでフランクは、サイモンが適当に選んだ催眠療法士エリザベスを使ってサイモンの記憶を探ろうとするが、エリザベスは逆にフランクらに接近し、自分をパートナーにするように提案する。こうして仲間になったエリザベスの催眠療法によってサイモンの記憶が徐々に取り戻されて行くが、その一方で、エリザベスはフランクともサイモンとも肉体関係を持つなどの不審な行動をとり、彼女の正体と企みが次第に明らかになって行く。また、それと同時に、サイモンの「封印された記憶」も明らかになる。

全ては1年半前に始まっていた。ギャンブル依存症のサイモンは、その治療のためにエリザベスのもとに通うようになるうちに彼女と恋人同士になるが、すぐに異常な嫉妬心から暴力を振るうようになり、エリザベスに捨てられる。ストーカーとなったサイモンに、エリザベスは催眠療法を使って自分を忘れるように仕向ける。こうしてサイモンはエリザベスを完全に忘れ去ったのだが、事件当日にフランクに殴られたことから部分的に記憶を取り戻してしまったのである。その日、フランクに殴られて気を失ったサイモンはしばらくして意識を取り戻すと、朦朧とする中でオークション会場から逃げ出す。ところが、そこで偶然に出会った女性を、自分を裏切って記憶を封印したエリザベスと思い込んで殺してしまう。彼女の車のトランクに彼女の遺体とジャケットの中に隠し持っていた絵を隠したサイモンは、車を駐車場に置いて逃げ出した後に一連の記憶を失ったのである。

記憶を取り戻したサイモンは女性の遺体とともにフランクを車ごと焼き払おうとするが、絵を持って逃げ出したエリザベスがトラックでサイモンに突進し、フランクの乗った車ごと川に落とす。サイモンは絶命するが、フランクは何とか車から脱出する。

しばらくしてフランクのもとにエリザベスから荷物が届く。中に入っていたタブレット端末で再生された動画には盗まれた絵画とともにエリザベスが映っていた。実は一連の出来事の全てはエリザベスの企みだったのだ。エリザベスは催眠療法でサイモンに自分を忘れさせた際に、同時にサイモンのギャンブル依存症を悪化させることで、借金まみれの末に絵画を盗ませるように暗示をかけ、その上で盗んだ絵を自分に渡すように仕向けていたのだ。まんまとしてやられたことを知ったフランクは動画の中のエリザベスに言われるままに催眠療法で今回の一連の記憶を消そうとするが思い直してやめようとする。

フランシスコ・デ・ゴヤ『裸のマハ

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

本作は2001年のイギリスの同名のテレビ映画が部分的に基となっている。脚本のジョン・ホッジ英語版と監督のダニー・ボイルは今作が通算5回目のコラボレーションとなる[5]

ボイルが1994年に『シャロウ・グレイヴ』を撮り終えた後、ジョー・アヒアナ英語版はボイルに『トランス』の脚本を送った。ボイルはこの当初の脚本ではプロジェクトの実現は「非常に難しい」と考えた。アヒアナは2001年のテレビ映画用に脚本を流用した[6]。それから約20年後、脚本のことを忘れていなかったボイルは長編映画化に向けてアヒアナに連絡を取った[7]

フランク役には当初はマイケル・ファスベンダーがキャスティングされていたが[8][9]、スケジュールの都合により降板した。その後コリン・ファースが代役に考えられていたが、最終的にはヴァンサン・カッセルに決定した[10][11]。エリザベス役にはスカーレット・ヨハンソンメラニー・ティエリーゾーイ・サルダナが考慮されていたが、最終的にロザリオ・ドーソンに決定した[11][12]

主要撮影は2011年9月に開始された。撮影終了後、ボイルは2012年のロンドンオリンピック開会式に取り組むために本作の作業を一時中断した。ポストプロダクションは2012年8月より再開された[13]

ボイルは「私は女性を映画の中心に置いたのは初めてだ」と述べている[5]。彼はまた当初は舞台をニューヨークにする構想であったが[14]、オリンピック開会式の作業のためにイギリスに滞在しなければならなかったためにロンドンとケントで撮影した[15]

評価[編集]

Rotten Tomatoesでは158件の批評家レビューで支持率は68%となっている[16]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Trance (2013)” (英語). Box Office Mojo. 2014年9月1日閲覧。
  2. ^ a b c d O'Connell, Mikey (2011年7月24日). “James McAvoy, Rosario Dawson, Vincent Cassel all set to join Danny Boyle's 'Trance'”. Zap2it. Tribune Media Services, Inc.. 2012年1月14日閲覧。
  3. ^ Trance kept us sane”. Reuters. Khaleej Times (2013年3月21日). 2013年3月20日閲覧。
  4. ^ a b Danny Boyle Adds Vincent Cassel & Rosario Dawson To Heist Thriller TRANCE”. Obsessed with Film (2011年7月28日). 2012年1月14日閲覧。
  5. ^ a b Wloszczyna, Susan (2012年12月27日). “Sneak peek: Boyle falls into 'Trance' with thriller”. USA Today. 2013年3月23日閲覧。
  6. ^ Danny Boyle is Next Directing Art Heist Thriller 'Trance', Due 2013”. FirstShowing.net (2011年5月4日). 2013年4月11日閲覧。
  7. ^ Horn, John (2013年3月30日). “Danny Boyle Calls for a Retake on Trance. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/movies/moviesnow/la-et-mn-ca-trance-20130331,0,6415621.story 2013年4月2日閲覧。 
  8. ^ Reel Fanatic (2011年6月24日). “A Friday Report with Wargames Madness, Danny Boyle and Aaron Sorkin”. Reel Fanatic. 2013年4月2日閲覧。
  9. ^ Fassbender in talks for Danny Boyle’s ‘Trance’”. Variety. 2013年4月11日閲覧。
  10. ^ Gallagher, Brian (2011年7月5日). “Trance Loses Michael Fassbender, Eyes Colin Firth”. MovieWeb.com. 2012年1月14日閲覧。
  11. ^ a b Danny Boyle May Put Colin Firth & Scarlett Johansson in a TRANCE”. Obsessed with Film (2011年7月7日). 2012年1月14日閲覧。
  12. ^ O'Connell, Mikey (2011年7月5日). “Zoe Saldana Reportedly Being Considered For Role In New Thriller Trance”. Allvoices.com. 2012年1月14日閲覧。
  13. ^ Fleming Jr., Mike (2011年5月4日). “Danny Boyle To Squeeze In Trance Before Summer Olympics”. Deadline.com. 2013年3月23日閲覧。
  14. ^ Sacks, Ethan (2013年3月31日). “Academy Award-winning director Danny Boyle hopes to cross 'film a movie in New York' off his bucket list”. New York Daily News. http://www.nydailynews.com/entertainment/tv-movies/danny-boyle-talks-trance-filming-nyc-article-1.1303785 2013年4月2日閲覧。 
  15. ^ Filming locations for Trance (2013)”. Internet Movie Database. 2013年4月2日閲覧。
  16. ^ Trance”. Rotten Tomatoes. 2013年6月30日閲覧。

外部リンク[編集]