ザ・ビーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・ビーチ
The Beach
監督 ダニー・ボイル
脚本 ジョン・ホッジ
原作 アレックス・ガーランド
製作 アンドリュー・マクドナルド
出演者 レオナルド・ディカプリオ
ロバート・カーライル
ヴィルジニー・ルドワイヤン
音楽 アンジェロ・バダラメンティ
撮影 ダリウス・コンジ
編集 マサヒロ・ヒラクボ
製作会社 Figment Films
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年2月2日
日本の旗 2000年4月22日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
フランス語
スウェーデン語
タイ語
クロアチア語
製作費 $50,000,000[1]
興行収入 $144,056,873[1]
16億5000万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

ザ・ビーチ』(原題:The Beach)は、アレックス・ガーランドの小説、またはそれを元にした2000年アメリカ映画

タイタニック』で一世を風靡したレオナルド・ディカプリオが、次に何に出るか、100本以上のオファーを蹴ってまで、出演を決めた異色作である。

あらすじ[編集]

何かを求めるように、一人旅でタイにやってきたリチャード(レオナルド・ディカプリオ)だが、新しい事をしようとしても、結局、同じ事の繰り返し。そんな時、カオサン通りの安宿でダフィという奇妙な男と知り合う。ダフィは伝説のビーチについて、とり憑かれたように語る。そこは、美しすぎるほどに美しく、日常の全てから解放される夢の楽園。だが、その翌日、ビーチの場所を記した地図を残し、ダフィは変死していた。ビーチの存在に半信半疑なリチャードだったが、ダフィの死をきっかけに、隣室にいたフランス人のカップル、フランソワーズとエティエンヌと共に、楽園を探す旅へ出かける事になる。

その島へ近づくため、とりあえず観光ルートをたどる事になるが、さらに、その道中で知り合ったサミーとゼフからも、今、タイで密かに流行っている伝説のビーチの噂を聞かされる。そのビーチは、外界からは完全に遮断された場所にあり、真っ白な砂浜に、どこまでも透き通った綺麗な海、しかも、大麻が大量に茂っていて、朝から晩まで吸い放題だという。冗談めかして話す二人だったが、地図を持つリチャードは、彼らと別れる前に、こっそり、楽園への行き方を記した地図を書き映して置いていく。その事が、後に思ったよりも恐ろしい事態を招く事に気づくよしもなかった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 日本テレビ
リチャード レオナルド・ディカプリオ 松田洋治 石田彰
サル ティルダ・スウィントン 唐沢潤 榊原良子
ダフィ ロバート・カーライル 岩崎ひろし 安原義人
フランソワーズ ヴィルジニー・ルドワイヤン 高橋理恵子 佐古真弓
エティエンヌ ギヨーム・カネ 遊佐浩二 川島得愛
ゼフ ピーター・ヤングブラッド・ヒルズ 高木渉
キーティ パターソン・ジョゼフ 石塚運昇 大川透
バッグス ラース・アレンツ・ハンセン 若本規夫
その他の日本語吹き替え:佐藤せつじ後藤敦中田和宏土方優人西凛太朗後藤史彦佐々木健藤原美央子朴璐美田村真紀加藤沙織原沢勝広、天田真人(四反田マイケル)、大橋世津
演出:鍛冶谷功、翻訳:高山美香、調整:長井利親、効果:リレーション、編集・録音:ムービーテレビジョンスタジオ、制作:小川眞紀子、佐藤陽子、プロデューサー補:野地玲子、村井多恵子、プロデューサー:大塚恭司、北島有子(日本テレビ)

原作小説との違い[編集]

リーダーのサルやフランソワーズの人物描写がかなりの部分で違う。また、ジェドという人物と、その活躍が全て削られている。 ライスランでは、キーティが電池を買ってきてもらって喜んでいたが、原作では、電池がタイ製であった事に文句を言っていた。

前半だけを評価し、後半を批判する声も多いが、死や病の描写を入れる事によって、楽園にリアリティーさが加えられている。

撮影時のトラブル[編集]

撮影が行われたタイピーピー諸島は、撮影以前から進んでいた観光開発により環境破壊が危惧されていた地域であった。そこに、映画の撮影で砂浜の造成やヤシを植える予定が発表されたことから、タイ政府による抗議を受けることになった。結果的に、撮影条件として原状回復措置を図ることが盛り込まれることで折り合い、実際に撮影終了後には砂浜の撤去などが莫大な費用を掛けて実行された。外界から遮断された設定なので、CGを用いて、閉じたような風景であるが、実際のピピ島は、映画のように遮断されていない。

サウンドトラック[編集]

この映画で使用されサントラは評価が高く、収録されたモービー(Moby)ポルセリン(Porcelain)」、オール・セインツ(All Saints)ピュア・ショアーズ(Pure Shores)」やニュー・オーダー(New Order)の「ブルータル(Brutal)」、ダリオG(dario G)の「ヴォイセス(voices)」などは欧米のラジオ局などでヘビーローテーションされた。特にオール・セインツの「ピュア・ショアーズ」は2000年2月20日から2週連続で全英シングルチャート第1位に輝き、ポルセリン(Porcelain)が収録されたモービーの1999年のアルバム『Play』は1000万枚を超えるヒットとなった。

# 曲名 歌唱・演奏 曲長
1 スネイク・ブラッド
Snake Blood
レフトフィールド
Leftfield
5:39
2 ピュア・ショアーズ
Pure Shores
オール・セインツ
All Saints
4:24
3 ポルセリン
Porcelain
モービー
Moby
3:58
4 ヴォイセス
Voices
ダリオG・フィーチャリング・ヴァネッサ・キノーンズ
Dario G Featuring Vanessa Quinones
5:19
5 8 ボール
8 Ball
アンダーワールド
Underworld
8:51
6 スピニング・アウェイ
Spinning Away
シュガー・レイ
Sugar Ray
4:23
7 リターン・オブ・ジャンゴ
Return Of Django
エイジアン・ダブ・ファウンデイション
Asian Dub Foundation
3:34
8 オン・ユア・オウン(クラウチ・エンド・ブロードウェイ・ミックス)
On Your Own (Crouch End Broadway Mix)
ブラー
Blur
3:32
9 イエ・ケ・イエ・ケ(ハードフロア・ミックス)
YeKe Yeke (Hard Floor Mix)
モリ・カンテ
Mory Kante
3:54
10 ウーズィー
Woozy
フェイスレス
Faithless
7:53
11 リチャード、イッツ・ビジネス・アズ・ユージュアル
Richard, It's Business As Usual
バリー・アダムソン
Barry Adamson
4:17
12 ブルータル
Brutal
ニュー・オーダー
New Order
4:49
13 ロンリー・ソウル
Lonely Soul
U.N.C.L.E. フィーチャリング・リチャード・アシュクロフト
UNCLE Featuring Richard Ashcroft
8:53
14 ビーチド
Beached
オービタル・アンド・アンジェロ・バダラメンティ
Orbital And Angelo Badalamenti
6:45

脚注[編集]

外部リンク[編集]