元谷芙美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

元谷 芙美子(もとや ふみこ、1947年7月8日 - )は、日本の実業家アパホテル社長。歌手としても活動。

経歴[編集]

福井県福井市出身[1]。1歳のときに福井地震で生家が倒壊したが、落ちてきた観音開きになった仏壇に守られて助かった[2]お茶の水女子大学に進学し、学校教員になることを夢見ていたが[3]、父親が鉛中毒で倒れたため、福井県立藤島高等学校を卒業後、福井信用金庫に入庫[1]。北陸に拠点を置く金融機関の労働組合の会合にて、小松信用金庫(現・北陸信用金庫)に勤務していた元谷外志雄と知り合い、結婚した[1]1971年、夫・外志雄が起業した信金開発株式会社(現アパ株式会社)の取締役を経て、1994年、アパホテル株式会社取締役社長に就任した[1]

半生での不幸を話題に講演を行ったり、不幸を克服した「強運」を売る「ふみこ携帯ストラップ」を作り自社ホテルで販売するなど、自社の広告塔として活動した[4]。「私が社長です」のキャッチコピー、派手な帽子ミニスカートレディーススーツの“正装”風の姿、メディアへの大量露出で有名社長となる[4]

2001年、法政大学人間環境学部入学[1]、2005年卒業。早稲田大学大学院公共経営研究科に入学、2006年3月に修士号を取得、同年博士課程に合格した[2]。その後、博士課程修了[3]

東京国際大学客員教授[3]

エピソード [編集]

  • 政治団体日本会議のイベントにたびたび参加している。2014年の忘年会、2015年に日本会議が開催した憲法改正を求める集会などにも参加した[5][6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]