池谷幸雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
池谷 幸雄 Gymnastics (artistic) pictogram.svg
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1970-09-26) 1970年9月26日(47歳)
生誕地 東京都府中市
故郷 大阪府大阪市東淀川区(現・淀川区
身長 170cm[1]
体重 61kg[1]
種目 男子体操競技
学歴 清風高校日本体育大学
 
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 体操競技
オリンピック
1992 バルセロナ ゆか
1988 ソウル 団体総合
1988 ソウル ゆか
1992 バルセロナ 団体総合
テンプレートを表示

池谷 幸雄(いけたに ゆきお, 1970年9月26日 - )は、体操選手、タレント。東京都府中市出身、大阪府大阪市東淀川区(現・淀川区)育ち。清風高等学校日本体育大学卒 日本体操協会理事。タレントの池谷直樹は弟。

略歴[編集]

4歳で体操競技を始める[2]。18歳でソウルオリンピックに出場し団体総合で銅メダル、個人種目別ゆかで銅メダルを獲得。4年後のバルセロナオリンピックでは団体総合で銅メダル、個人種目別ゆかで銀メダルを獲得した[3]

2007年12月31日に「池谷銀牙」としてプロレスデビュー[4]

2015年6月12日東京都現代美術館で行われたデザイナー山本寛斎のファッションイベントで、退場する際、演出の一部として助走→バック転→後方1回宙返りを披露した際に、右アキレス腱断裂、左ふくらはぎ肉離れで全治2から3カ月の怪我を負った[5]

参議院議員選挙出馬[編集]

2010年1月、民主党第22回参議院議員通常選挙比例代表区に池谷を擁立する方向で調整を始めた。池谷も出馬の姿勢を示し、同年2月の東京都町田市長選挙では民主党推薦候補の秋山哲男の応援演説をするなど、政治活動を開始した(秋山は落選)。同年3月、比例代表区に民主党から立候補することが決まり、同党から第1次公認候補者に内定したと発表された。街頭活動では選挙カー上で倒立を披露するなどしたが、7月11日投票の選挙では45人中27位で落選した。

政策[編集]

  • 毎日新聞2010年参院選候補者アンケートでは「選択的夫婦別姓制度」に対し「賛成」と回答した[6]

現役時代の成績[編集]

指導者として[編集]

芸能活動と並行して自ら体操教室(「池谷幸雄体操倶楽部」)を設立、東京都小平市に体操専用の体育館を建て関東に4校(小平市立川市渋谷区横浜市)、関西に1校(近江八幡市)を開校した。倶楽部には村上茉愛明星学園高等学校、2013年NHK杯体操選手権3位)など一線級で活躍する選手が所属している。

主な出演番組[編集]

著書[編集]

その他[編集]

  • 2007年(平成19年)9月9日 - 第1回岐阜県民スポーツ大会にて体操教室を開催。
  • 仮面ライダーファンであり、一番好きなライダーは一号。体操を始めた当初、体操がうまくなれば仮面ライダーになれるが、体操がうまくならないとショッカーにされると思い込んでいた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b IGC IKETANI GYMNASTIC CLUB -池谷幸雄体操倶楽部-
  2. ^ [虎四ミーティング]池谷幸雄(体操競技指導者)<後編>「仮面ライダーになりたかった!?」”. 現代ビジネス. p. 1 (2013年10月25日). 2016年5月26日閲覧。
  3. ^ [虎四ミーティング]池谷幸雄(体操競技指導者)<後編>「仮面ライダーになりたかった!?」”. 現代ビジネス. p. 3 (2013年10月25日). 2016年5月26日閲覧。
  4. ^ “銀牙プレス”池谷勝った/ハッスル”. 日刊スポーツ (2008年1月1日). 2016年5月26日閲覧。
  5. ^ 池谷幸雄、右アキレス腱断裂 体操メダリストがバック転で…”. スポニチ (2015年6月23日). 2015年6月23日閲覧。
  6. ^ 「2010参院選 候補者アンケート」毎日jp (毎日新聞社)、2010年6月26日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]