米村でんじろう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

米村 でんじろう(よねむら でんじろう、1955年2月15日 - )は、日本サイエンスプロデューサーサイエンスライタータレント有限会社でんじろうサイエンスプロダクション代表取締役本名米村 傳治郎(読みは同じ)名義での執筆も行っている。 弟子にサイエンスエンターテイナーのチャーリー西村ジャイアン村上市岡元気海老谷浩がいる。

来歴[編集]

千葉県市原市出身。千葉県立市原高等学校卒業。高校時代は理科が嫌いだった(子供たちに科学の楽しさを伝えたいと思っている理由の一つである)。3浪ののち東京学芸大学教育学部に進学し、同大学院理科教育専攻科修了。学校法人自由学園非常勤講師都立高校教諭を経て、1998年に「米村でんじろうサイエンスプロダクション」設立。それ以後、サイエンスプロデューサーとしてメディアや雑誌へ出演するなど、活動は多岐にわたる。ニックネームは「でんじろう先生」。米村家の婿養子で旧姓は「戸谷」(とや)[1][出典無効]。趣味はフライフィッシング

  • 出演番組内(主にバラエティ番組)で様々な実験を行い、それを通じて科学の面白さを伝えている。
  • 元は高校の理科教師であり、最初の勤務校である自由学園では実験を主体とした斬新な授業が受け入れられていたが、都立高校へ赴任後は学習指導要領や「生徒にケガをさせては大変だ[2]」「くだらない実験よりも成績を上げるための授業を優先するように」という保護者や学校側の意見の多さから、教えたいと思っていた多くの実験が教えられないことを知りショックを受ける。「実験を通じて科学を好きになって欲しい」という想いを伝えられない憤りから退職、退職に際しても学校側の対応は冷ややかなものだった。
  • その後、自身の理念を実現したいと思い立ち、サイエンスプロデューサーという立場で活動を始めた。
  • 弟子のチャーリー西村ジャイアン村上市岡元気海老谷浩と共に演出の試行錯誤を重ね、現在の「サイエンスショー」のスタイルを築き上げた。
  • テレビ番組などで、タレントらに人体に危険を及ぼさない程度の微量の電気ショックを用いるという実験を何度も行っているが、実は自分自身が電気ショックでビリビリするのは苦手であると発言している。

主な出演番組[編集]

テレビ番組[編集]

テレビCM[編集]

主なパフォーマンス実験[編集]

プラコップ蓄電器
二個のプラコップを重ね、その間にアルミ箔を挟むことによってできる簡易蓄電器。フランクリンが凧上げの実験に使用したライデン瓶の現代リメイク版といえる。テレビ番組で頻繁に披露している実験。充電は長い風船をわき等でこすって発生させる静電気を用いるが、充電できる電気量は少ないので心臓に持病がある人間、ペースメーカーを内蔵している人間以外であれば安全。これを応用して、プラコップのアルミ箔を棒状かつ複雑な形にひねり、それに触れないようにアルミ箔の輪を通すが、誤って触れると電気ショックが起こるという実験も行われる(『ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!』の電流イライラ棒に近い)。
段ボール空気砲
長方形の段ボール箱をガムテープでめばりして、一面だけに丸い穴を開ける。両サイドを叩くと丸い穴から空気の塊が飛び出る。段ボールの中で線香を焚いておくと空気の塊(渦輪と呼ばれる円形の気流)が目視できる。
厚紙ブーメラン
三枚の厚紙を対称性よくブーメラン形にする。厚紙を一方向に癖付けしてやると完成。ブーメランのように投げると大きく弧を描いて自分のところに戻ってくる。米村が地方公演の時に「つかみ」として用いる実験で、大人の心をも鷲づかみにするほど盛り上がるという。
紙コップ蓄音機
紙コップの底面に粘土を介して爪楊枝を取り付けレコード型の厚紙に爪楊枝だけ触れるようにしたもの。録音する時は手で厚紙を回しながら紙コップに音を聞かせる。再生する時はそのまま厚紙を回せば良い。高度な工作技術とテクニックが必要。
浮くシャボン玉
ティッシュなどとの摩擦により帯電させたパイプをシャボン玉に近づけると、シャボン玉がクーロン力を受けて運動する。シャボン液に洗濯のりを混ぜるとシャボン玉が割れにくくなる。

主な著書[編集]

受賞歴[編集]

  • 1996年 - 第1回科学技術体験活動アイデアコンテスト・科学技術庁長官賞
  • 1998年 - 科学技術庁長官賞

脚注[編集]

  1. ^ 日本テレビ系『いつみても波瀾万丈』出演時の紹介VTR より
  2. ^ 実際はさほど危険性のない実験でも、万一を考慮してできなかったという。

外部リンク[編集]