市原郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千葉県市原郡の位置(薄黄:後に他郡に編入された区域)

市原郡(いちはらぐん)は、千葉県上総国)にあった

古代・中世[編集]

現在の市原市北部を支配していた「菊麻国造」の領域を中心に編成された。「上海上国造」の支配領域であった養老川左岸は海上郡とされ、当郡は養老川右岸を領域としていたと考えられている。

律令制の下で上総国の中心とされ、国府国衙)、国分寺国分尼寺総社のいずれもが当郡に置かれていた。

平安時代末期頃に東西に分割され、市西郡(しさいぐん)[注 1]」・市東郡(しとうぐん)となった。

[編集]

和名類聚抄』に記される郡内の(6郷)。

海部、市原、江田、湿津、山田、菊間

近世[編集]

江戸時代初期に市西郡・市東郡、および元の海上郡であった海北(かいほう)郡・佐是(さぜ)郡などが統合されて市原郡となった。おおよそ養老川の全流域に相当する(ただし最上流域は夷隅郡)。

郡内の支配は細分化され、幕府直轄領(天領)、旗本知行地、大名)領が複雑に入り組んでいた。 当郡内に支配の拠点(陣屋)を置く藩もあったが、いずれも2万石以下の小藩であり、しかも江戸時代を通じて存続した藩はなかった。 1867年慶応3年)の大政奉還の時点で郡内に陣屋を置いていたのは鶴牧藩(1.5万石)のみである。

1868年明治元年)、徳川宗家(旧将軍家)の駿府(静岡)入封に換えて遠江浜松藩主であった井上正直が当郡を中心に6万石の領地を与えられ、石川村の台地上に陣屋を置いた。台地上に整備された城下町鶴舞と名づけられたことから、この藩は鶴舞藩と呼ばれる。また、駿河沼津藩主であった水野忠敬が菊間村に陣屋を置き菊間藩(5万石)が成立した。

近代以降の沿革[編集]

1878年明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域にあたる。

町村制以前の沿革[編集]

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での当郡域の支配は以下の通り。●は村内に寺社領が、○は寺社除地(領主から年貢免除の特権を与えられた土地)が存在。下記の他、岩崎新田が存在したが、五井村の一部として扱われたのか記載されていない。
知行 村数 村名
幕府領 幕府領 7村 中村、矢田村、金杉浜新田、出津村、廿五里村、小折村、万田野村
旗本領 91村 根田村、板倉村、藤井村、門前村、西ノ谷村、●菊間村、市原村、二日市場村、川在村、●奉免村、山口村、大作村、本郷村、岩崎村、岩村、大戸村、○新井村、宗角村、●能満村、高倉村、岩野見村、平野村、加茂村(現市原市高滝)、北崎村、小佐貫村、大坪村、久々津村、神崎村、小草畑村、櫃狭村、相川村、西広村、浅井小向村、五所村、山木村、国吉村(2ヶ所に存在)、皆吉村、山田久保村、金沢村、大蔵村、萓橋村、寺谷村、●上高根村、内田宿村、内田島田村、内田堀越村、内田市場村、内田奥野村、内田水沢村、内田石川村、内田江子田村、内田安久谷村、内田大西村、内田腰巻村、内田真福寺村、内田真ヶ谷村、原田村、土宇村、高坂村、安須村、西野村、柳原村、古市場村、海士有木村、福増村、新堀村、海保村、下野村、中野村、高田村、瀬又村、立野村、駒込村、荒巻村、金剛地村、吉沢村、大桶村、松島村、妙香村、●田尾村、牛久村、上原村、大馬屋村、久保村、藪村、山田橋村、○大和田村、山田村、外部田村、●米原村
与力給知 1村 引田村
同心給知 5村 新生村、権現堂村、十五沢村、糸久村、分目村
幕府領・旗本領 11村 ●八幡村、滝ノ口村(滝口村)、神代村、下矢田村、勝間村、平田村、●村上村、押沼村、番場村、今津朝山村、●池和田村
旗本領・与力給知 1村 武士村
藩領 上総鶴牧藩 7村 片又木村、草苅村、豊成村、今冨村、●○姉ヶ崎村、天羽田新田、●椎津村
上総久留里藩 14村 ○菅野村、石塚村、根向村、芋原村、折津村、大久保村、○柳川村、国本村、田淵村、川崎村、月崎村、日竹村、徳氏村、柿木台村
上総請西藩 5村 松崎村、古部村(古都部村の誤記か)、畑木村、飯沼村、宮原村(現市原市宮原)
下総高岡藩 6村 ●○郡本村、小田部村、大作村、犬成村、喜多村、●風戸村
安房館山藩 1村 平蔵村
上野前橋藩 1村 玉前新田
武蔵岩槻藩 5村 ●麻生原村、黒川村、石神村、戸面村、月出村
請西藩・西大平藩 1村 ○宮原村(現市原市高滝)
佐貫藩・請西藩 1村 佐瀬村
幕府領・藩領 幕府領・旗本領・鶴牧藩 3村 古敷谷村、●小谷田村、君塚村
幕府領・旗本領・鶴牧藩・前橋藩 1村 五井村
幕府領・旗本領・請西藩 1村 野毛村
幕府領・旗本領・高岡藩 1村 ○加茂村(現市原市加茂)
幕府領・旗本領・前橋藩 1村 町田村
幕府領・旗本領・上総佐貫藩 1村 青柳村
幕府領・与力給知・高岡藩 1村 山小川村
幕府領・旗本領・佐貫藩・三河西大平藩 1村 不入斗村
旗本領・鶴牧藩 1村 山倉村
旗本領・久留里藩 1村 ●飯給村
旗本領・請西藩 8村 白塚村、柏原村、永吉村、荻作村、○不入村、馬立村、惣社村、天王河原村
旗本領・佐貫藩 3村 中高根村、●磯谷村、潤井戸村
旗本領・高岡藩 2村 葉地村(葉木村)、奈良村
旗本領・西大平藩 1村 島野村
  • 慶応4年
    • 請西藩が廃藩。
    • 真福寺村、腰巻村、大西村が合併して米沢村が成立。
    • 7月2日1868年8月19日) - 請西藩領、岩槻藩領、与力給知の全域、幕府・旗本領の大部分(内田江子田村、内田安久谷村、内田大西村、内田腰巻村、内田真福寺村、内田真ヶ谷村、原田村、土宇村、下野村、立野村、久保村、山田橋村の全域、八幡村、滝ノ口村〔滝口村〕、新井村、皆吉村、瀬又村の各一部を除く)、鶴牧藩領の大部分(山倉村、五井村、君塚村、今富村を除く)、佐貫藩領の一部(磯谷村)、西大平藩領の一部(現市原市高滝の方の宮原村)が安房上総知県事の管轄となる。また、以降の藩の設置にはすべて旧寺社領、寺社除地も含む。
    • 7月13日(1868年8月30日) - 駿河小島藩転封し、上総金ヶ崎藩となる。
    • 9月5日(1868年10月20日) - 遠江浜松藩が転封し、上総鶴舞藩となる。
  • 明治元年
    • 9月12日(1868年10月27日) - 駿河沼津藩が転封し、上総菊間藩となる。
    • また、上記3藩の入封にともない鶴牧藩、佐貫藩、久留里藩、高岡藩、館山藩、前橋藩、西大平藩で領地替えが行われ、郡内は4藩の管轄となる(村名は幕末時点のもの)。
知行 村数 村名
藩領 鶴舞藩 103村 古敷谷村、小谷田村、佐瀬村、山小川村、葉地村(葉木村)、大作村、犬成村、喜多村、奈良村、風戸村、板倉村、麻生原村、黒川村、石神村、戸面村、月出村、藤井村、門前村、西ノ谷村、川在村、奉免村、山口村、大作村、本郷村、松崎村、古部村、永吉村、宗角村、高倉村、平野村、宮原村(現市原市高滝)、加茂村(現市原市高滝)、北崎村、小佐貫村、不入村、中高根村、神崎村、小草畑村、櫃狭村、相川村、国吉村(2ヶ村とも)、磯谷村、草苅村、山田久保村、金沢村、大蔵村、萓橋村、寺谷村、上高根村、内田宿村、内田島田村、内田堀越村、内田市場村、内田奥野村、内田水沢村、内田石川村、内田江子田村、内田安久谷村、内田大西村、内田腰巻村、内田真福寺村、内田真ヶ谷村、原田村、土宇村、下野村、高田村、立野村、荒巻村、金剛地村、大桶村、豊成村、牛久村、上原村、平蔵村、今冨村、久保村、藪村、山田橋村、菅野村、石塚村、根向村、芋原村、折津村、大久保村、柳川村、国本村、田淵村、川崎村、月崎村、日竹村、徳氏村、柿木台村、飯給村、池和田村、大和田村、潤井戸村、外部田村、米原村、姉ヶ崎村、天羽田新田、椎津村、万田野村
菊間藩 72村 八幡村、加茂村(現市原市加茂)、郡本村、根田村、小田部村、菊間村、市原村、二日市場村、岩崎村、引田村、神代村、島野村、中村、矢田村、下矢田村、岩村、白塚村、柏原村、大戸村、新井村、勝間村、野毛村、畑木村、玉前新田、荻作村、能満村、岩野見村、大坪村、久々津村、西広村、浅井小向村、片又木村、五所村、金杉浜新田、山木村、平田村、山倉村、五井村、出津村、村上村、廿五里村、町田村、惣社村、高坂村、安須村、宮原村(現市原市宮原)、西野村、柳原村、小折村、武士村、古市場村、海士有木村、福増村、新堀村、新生村、権現堂村、十五沢村、糸久村、分目村、君塚村、海保村、中野村、押沼村、番場村、瀬又村、今津朝山村、天王河原村、青柳村、松島村、妙香村、田尾村、大馬屋村
鶴舞藩・菊間藩 6村 滝ノ口村(滝口村)、馬立村、皆吉村、駒込村、吉沢村、山田村
金ヶ崎藩・菊間藩 1村 飯沼村
鶴牧藩・鶴舞藩 1村 不入斗村
  • 明治初年に以下の変更が行われた。
    • 天羽田新田が姉ヶ崎村に編入。
    • 「内田」の冠称を廃止。
  • 明治2年3月 - 上総金ヶ崎藩が上総桜井藩に改称。
  • 明治4年
  • 明治5年 - 石川村より鶴舞村が分村。
  • 明治6年(1873年6月15日 - 木更津県が印旛県に統合して千葉県が発足。
  • 明治7年(1874年
    • 八幡村が八幡宿に改称。
    • 五所村、金杉浜新田が合併して五所金杉村が成立。
    • 宮原村、加茂村(ともに現市原市高滝)が合併して高滝村が成立。
    • 根向村、芋原村が折津村に編入。
    • 川崎村が田淵村に、黒川村が麻生原村に編入。
  • 明治8年(1875年
    • 北崎村、小佐貫村が合併して養老村が成立。
    • 天王河原村が青柳村に編入。
  • 明治11年(1878年11月2日 - 郡区町村編制法の千葉県での施行により、行政区画としての市原郡が発足。「千葉市原郡役所」が千葉郡千葉町に設置され、同郡とともに管轄。
  • 明治12年(1879年) - 2ヶ所の国吉村が、それぞれ東国吉村、西国吉村に改称。
  • 明治15年(1882年) - 山田久保村、日竹村が、それぞれ皆吉村、田淵村に編入。

町村制以降の沿革[編集]

市原郡(町村制施行時)
1.八幡町 2.五井村 3.千種村 4.鶴牧村 5.東海村 6.海上村 7.菊間村 8.湿津村 9.市東村 10.市原村 11.市西村 12.養老村 13.戸田村 14.明治村 15.内田村 16.鶴舞村 17.高滝村 18.富山村 19.平三村 20.里見村 21.白鳥村
現在の行政区画
紫:市原市
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により市原郡に以下の町村が発足。特記以外は全域が現・市原市。(1町20村)
    • 八幡町 ←八幡宿、五所金杉村、山木村
    • 五井村 ←五井村、出津村、玉前新田、岩崎新田、平田村、村上村、君塚村、岩野見村
    • 千種村 ←青柳村、松ヶ島村、今津朝山村、柏原村、白塚村
    • 鶴牧村 ←姉ヶ崎村、畑木村、椎津村、豊成村、立野村、片又木村、不入斗村、深城村、迎田村
    • 東海村 ←廿五里村、野毛村、町田村、海保村、島野村、飯沼村
    • 海上村 ←今富村、小折村、柳原村、十五沢村、西野村、引田村、分目村、新生村、浅井小向村、権現堂村、糸久村、神代村、安須村、高坂村、宮原村
    • 菊間村 ←菊間村、古市場村、大厩村、草刈村
    • 湿津村 ←大成村、大作村、喜多村、滝口村、葉木村、勝間村、荻作村、小田部村、神崎村、潤井戸村、下野村、久々津村
    • 市東村 ←瀬又村、番場村、押沼村、中野村、東国吉村、金剛地村、永吉村、高田村、高倉村、奈良村、古都辺村(現・市原市)、板倉村(現・千葉市緑区)
    • 市原村 ←郡本村、西野谷村、藤井村、山田橋村、能満村、市原村、門前村、根田村、惣社村、西広村
    • 市西村 ←海士有木村、大坪村、相川村、福増村、山倉村、新堀村、武士村
    • 養老村 ←松崎村、磯ヶ谷村、山田村、土宇村、二日市場村、櫃挟村、大桶村、川在村、新巻村
    • 戸田村 ←馬立村、上原村、上高根村、中高根村、風戸村、栢橋村、岩崎村、寺谷村
    • 明治村 ←牛久村、奉免村、妙香村、中村、佐是村、西国吉村、皆吉村、金沢村、大蔵村、藪村、岩村
    • 内田村 ←石川村、米沢村、真ヶ谷村、安久谷村、原田村、江子田村、奥野村、堀越村、宿村、島田村、市場村、水沢村
    • 鶴舞村 ←鶴舞村、田尾村、池和田村、矢田村、下矢田村、山小川村
    • 高滝村 ←高滝村、養老村、本郷村、大和田村、久保村、外部田村、駒込村、山口村、不入村
    • 富山村 ←古敷谷村、小谷田村、吉沢村、新井村
    • 平三村 ←平蔵村、米原村、小草畑村
    • 里見村 ←飯給村、徳氏村、平野村、大戸村、万田野村、月出村、柿木台村、田淵村
    • 白鳥村 ←大久保村、石塚村、菅野村、月崎村、国本村、柳川村、石神村、折津村、朝生原村、戸面村
  • 1891年(明治24年)
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 郡制を施行。
  • 1923年大正12年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 1926年(大正15年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 1924年(大正13年)7月15日 - 明治村が町制を施行し牛久町と改称。(5町16村)
  • 昭和17年(1942年)7月1日 - 「市原地方事務所」が八幡町に設置され、本郡を管轄。
  • 昭和29年(1954年
    • 1月15日 - 高滝村、富山村、里見村、白鳥村が合併して加茂村が発足。(5町13村)
    • 11月3日 - 五井町と東海村が合併し、改めて五井町が発足。(5町12村)
    • 11月15日 - 牛久町、鶴舞町、戸田村、内田村、平三村が合併して南総町が発足。(4町9村)
  • 昭和30年(1955年
    • 2月11日 - 湿津村と市東村が合併して市津村が発足。(4町8村)
    • 3月20日 - 五井町と千種村が合併し、改めて五井町が発足。(4町7村)
    • 3月31日
      • 八幡町、菊間村が合併して市原町(市原村とは別)が発足する。(4町6村)
      • 市西村、養老村が合併、町制を施行して三和町が発足。(5町4村)
      • 五井町のうち旧千種村の一部(今津朝山、柏原、白塚)が姉崎町に編入。
  • 昭和31年(1956年
    • 3月25日 - 三和町と海上村が合併し、改めて三和町が発足。(5町3村)
    • 7月1日 - 市原村の東部(郡本、西野谷、藤井、山田橋、能満、市原、門前)が市原町に、西部(根田、加茂、惣社、西広)が五井町に編入。(5町2村)
    • 9月1日 - 三和町のうち旧海上村の一部(今富、小折、柳原、十五沢、西野)が五井町に編入。
    • 11月25日 - 三和町のうち旧海上村の一部(引田、神代の一部)が五井町に編入。
  • 昭和36年(1961年)4月1日 - 市津村が町制を施行し市津町となる。(6町1村)
  • 昭和38年(1963年5月1日
    • 市原町・五井町・姉崎町・三和町・市津町が合併して市原市が発足し、郡より離脱。(1町1村)
    • 市津町の一部(板倉)が山武郡土気町(現千葉市緑区)に編入。
  • 昭和42年(1967年10月1日 - 南総町・加茂村が市原市に編入。同日市原郡消滅。

変遷表[編集]

自治体の変遷
明治22年4月1日 明治22年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和29年 昭和30年 - 昭和37年 昭和38年 - 昭和64年 平成1年 - 現在 現在
明治村 大正13年7月15日
牛久町に町制改称
昭和29年11月15日
南総町
南総町 昭和42年10月1日
市原市に編入
市原市 市原市
鶴舞村 明治24年1月9日
町制
戸田村 戸田村
内田村 内田村
平三村 平三村
高滝村 高滝村 昭和29年1月15日
加茂村
加茂村
富山村 富山村
里見村 里見村
白鳥村 白鳥村
五井村 明治24年5月20日
町制
昭和29年11月3日
五井町
昭和30年3月20日
五井町
昭和38年5月1日
市原市
東海村 東海村
千種村 千種村 千種村
市原村 市原村 市原村 昭和31年7月1日
五井町に一部編入
昭和31年7月1日
市原町に一部編入
菊間村 菊間村 菊間村 昭和30年3月31日
市原町
八幡町 八幡町 八幡町
鶴牧村 明治24年6月1日
姉崎町に町制改称
姉崎町 姉崎町
海上村 海上村 海上村 海上村 昭和31年7月1日
三和町
養老村 養老村 養老村 昭和30年3月31日
三和町
市西村 市西村 市西村
市東村 市東村 市東村 昭和30年2月11日
市津村
昭和36年4月1日
町制
湿津村 湿津村 湿津村

行政[編集]

千葉・市原郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治11年(1878年)11月2日
明治30年(1897年)3月31日 廃官
市原郡長

特記なき場合『千葉県市原郡誌』による[2]

氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 小沼量平 明治30年(1897年)4月5日 明治30年(1897年)6月21日
2 美濃部巌夫 明治30年(1897年)6月21日 明治32年(1899年)4月9日
3 井上定次郎 明治32年(1899年)4月9日 明治35年(1902年)2月
4 川瀬渡 明治35年(1902年)2月 明治35年(1902年)6月24日
5 介川常保 明治35年(1902年)6月28日 明治41年(1908年)5月28日
6 池内才次郎 明治41年(1908年)5月28日 明治43年(1910年)3月7日
7 渡辺信 明治43年(1910年)3月7日 大正2年(1913年)3月12日
8 山下謙一 大正2年(1913年)3月12日 大正2年(1913年)10月6日
9 加藤輝夫 大正2年(1913年)10月6日 大正4年(1915年)1月22日
10 熊田淳 大正4年(1915年)1月22日 大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 現在の長生郡長柄町にある眼蔵寺の弘長4年(1264年)の梵鐘の銘文には「上総国市西郡長柄山胎蔵寺」とある[1]

出典[編集]

  1. ^ 『千葉県の地名』 808頁
  2. ^ 千葉県市原郡教育会 1916, 126頁.

参考文献[編集]

  • 千葉県市原郡教育会 編 『千葉県市原郡誌』 千葉県市原郡、1916年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/951002 
  • 角川日本地名大辞典』12 千葉県、「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1984年3月1日。ISBN 4040011201
  • 小笠原長和 監 『千葉県の地名(日本歴史地名大系 12)』 平凡社、1996年、ISBN 4-582-49012-3
  • 旧高旧領取調帳データベース

関連項目[編集]