浅香光代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あさか みつよ
浅香 光代
浅香 光代
田口二州 著『占いのデパート』(1955年、明玄書房)より
本名 北岡 昭子
生年月日 (1928-02-20) 1928年2月20日
没年月日 (2020-12-13) 2020年12月13日(92歳没)
出身地 日本の旗 日本, 東京都千代田区神田
死没地 日本の旗 日本, 東京都
民族 日本人
血液型 B型
ジャンル 女優
活動期間 1937年 - 2020年
配偶者 世志凡太事実婚
テンプレートを表示

浅香 光代(あさか みつよ、本名;北岡 昭子<きたおか しょうこ>、1928年2月20日[1] - 2020年12月13日[2])は、日本の剣劇女優東京府東京市神田区(現:東京都千代田区神田)出身。身長163.5cm、体重55kg。血液型B型

愛称は「ミッチー」。内縁の夫はコメディアン世志凡太

来歴[編集]

1937年、9歳のときに、映画界で活躍していた浅香新八郎森静子らの舞台劇団「新生国民座」の門戸を叩き、座長から芸名「浅香光代」を贈られた。1944年に座長の浅香新八郎が急逝し、森静子の意向から新生国民座は解散した。亡くなった座長から覚えめでたい存在だった浅香は担ぎ上げられる格好で「浅香光代一座」を発足させた[3]。新劇団は以前からのプログラム演目に中堅看板役者達を引き継いだものの、知名度の無い劇団の人気は結団暫く低迷していたが、戦局悪化で曖昧な規制対象にされていた女剣劇の復活に携わると、たちまち人々の話題にのぼった。

浅香光代一座はやがて浅草新宿などの芝居小屋で専属など長期興行を張る中堅人気劇団へ成長した。一座にはのちにてんぷくトリオで有名になる戸塚睦夫三波伸介などが在籍しており[4]、その幕間には玉川良一らが客演していた。

1970年(昭和45年)には一座を解散[5]。以後は一女優となり、劇の他にテレビのレポーターなどでも活躍した[6]

2010年5月3日、プロレス団体「MAP」の旗揚げ戦に参戦し、高山善廣と対戦した[7]

2013年、週刊誌上にて19歳のときに30歳以上年上の妻子持ちの政治家との間に子を妊娠し、未婚のまま息子を2人出産したことを告白した。その後の2014年1月にも、雑誌(『婦人公論』2014年2月7日号)にて20代で出産した隠し子がいることを公表した。子の父親は既婚者の政治家で総理大臣、副総理を歴任した人物(故人)であり、子に対しても名を明かしていないという。

2018年、2月20日で90歳になり5月11日都内のホテルで卒寿を祝う会を行いお祝いに駆けつけた萩本欽一山東昭子深谷隆司亀井静香ら約300人を前に「浅香光代、これからも頑張ります」としっかりとした元気な声であいさつした[8]

2020年12月13日午前1時47分、入院先の東京都内の病院にてすい臓がんのため92歳で死去[9][2]

生前最後のテレビ出演は2020年12月22日に放送された「アナザーストーリーズ阿部定事件 〜昭和を生きた妖婦の素顔〜』」(NHK BSプレミアム)。収録は10月8日、生前の阿部定を知る人物として証言した[10]

人物[編集]

自身の殺陣に絶対の自信を持ち、番組企画等でお笑いタレント等に殺陣や演技指導するという企画に参加することがあった。

野村沙知代に剣劇を教えたことで交流があり、舞台でも共演していたものの、『大沢悠里のゆうゆうワイド』の降板前最後の回(1999年3月31日)において、沙知代を批判をしたことがきっかけとなり、沙知代の逮捕2001年12月)まで続くミッチー・サッチー騒動へと発展。連日に渡り民放各局のワイドショーで取り上げられたことにより、これまでの高年齢者にシフトしていた知名度が若い世代でも認知されるようになった。が、沙知代に対する名誉毀損2004年に110万円の支払い命令を受けている[11]

大沢悠里のゆうゆうワイド』の水曜レギュラーを務めていた時代はオープニングに舞台での決め台詞である「御用だ!御用だ!!御用だ!!!お控えなすってぇ〜」がジングルコールとして使用されており、降板後も不定期で使用されている。

日本におけるチラリズムの先駆者でもあった。

松村邦洋のモノマネレパートリーの1人であり、必ず「あたしゃね!」で始まるのが特徴であった。

経歴[編集]

CD[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

著書[編集]

  • 『女剣劇』学風書院 1958
  • 『太りすぎよ、さようなら! 浅香式耳飾美容痩身法のすべて』ジェーアンドエー出版 1978
  • 『手さぐりの幸せ』海竜社 1983
  • 『斬って恋して五十年』東京新聞出版局 1991 日本図書センター 人間の記録 2000
  • 『浅香光代の代謝復活ダイエット』泉書房 2008

脚注[編集]

  1. ^ プロフィールでは1931年2月20日、自伝『女剣劇』(学風書院、1958年、p.3)では昭和4年(1929年)となっている。
  2. ^ a b 浅香光代さん、死去 92歳、女剣劇で活躍”. 日刊スポーツ (2020年12月14日). 2020年12月14日閲覧。
  3. ^ 資料によって浅香光代一座結団時期と新生国民座活動期間について異なった表記がみられる。
  4. ^ 笑伝・三波伸介―びっくりしたなあ、もう (西条昇著・風塵社・2000年1月) ISBN 4938733765
  5. ^ 女剣劇 - コトバンク(2020年12月23日閲覧)
  6. ^ 森秀男『夢まぼろし女剣劇』(筑摩書房、1992年、p.222)
  7. ^ 浅香光代、魔性のスリーパー魅せた!/リング/デイリースポーツonline
  8. ^ 浅香光代90歳お祝い「つえでも舞台に」亀井静香氏日刊スポーツ、2018年5月11日
  9. ^ “浅香光代さんが死去 女剣劇スターとして活躍、「ミッチー・サッチー騒動」でも話題に”. Abema Times. (2020年12月14日). https://times.abema.tv/news-article/8637713 2020年12月14日閲覧。 
  10. ^ “浅香光代さん“昭和の妖婦”阿部定語る「女は弱い」”. 日刊スポーツ. (2020年12月22日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202012220001021.html 
  11. ^ あのくさ こればい! 第1181回(2021年1月23日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]