森山直太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森山 直太朗
生誕 (1976-04-23) 1976年4月23日(44歳)
出身地 日本の旗東京都渋谷区
学歴 成城学園初等学校
成城学園中学校高等学校
成城大学経済学部(1999年卒業)
ジャンル J-POP
フォークソング
フォークロック
職業 シンガーソングライター
活動期間 2001年 -
レーベル ユニバーサルJ
2002年- 2006年
NAYUTAWAVE RECORDS
2007年 - 2014年
EMI RECORDS
2014年 - )
事務所 セツナインターナショナル
共同作業者 御徒町凧
公式サイト Naotaro Moriyama

森山 直太朗(もりやま なおたろう、1976年4月23日 - )は日本シンガーソングライター作詞家作曲家俳優。名前の由来は「素らか」から。セツナインターナショナル所属。身長172cm。

東京都渋谷区出身。成城大学卒業[1]。大学在学中から、吉祥寺井の頭公園などでギターを抱えて歌うようになる。

作詞は、ほとんどの楽曲を御徒町凧と共作している。2005年からは、作曲も共作となっている。

妻はピアニストの平井真美子[2]。母は森山良子、父はジェームス滝。異父姉にマネージャーの森山奈歩。また、義兄(姉の夫)に小木博明がいる。血液型はB型。デビュー当時、忙しすぎて自分のがヒットしていることを知らなかったことがあった。

概略[編集]

エピソード[編集]

ディスコグラフィー [編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル 形態 規格品番 オリコン記録
最高位 登場回数
インディーズ(直太朗 名義)
1st 2001年11月10日 ワスレモノ CD CJNR-3
メジャー(森山直太朗 名義)
1st 2002年11月27日 星屑のセレナーデ CD UPCH-5144 187位 1回
2nd 2003年3月5日 さくら(独唱) UPCH-5166 1位 133回
3rd 2003年8月20日 夏の終わり CD+DVD UPCH-9122 (初回限定盤) 6位 19回
CD UPCH-5213 (通常盤)
4th 2004年1月10日 太陽/声 CD UPCH-5228 5位 13回
5th 2004年3月17日 生きとし生ける物へ UPBH-5003 9位 13回
6th 2004年8月4日 今が人生〜飛翔編〜 UPCH-9150 20位 6回
7th 2005年2月23日 時の行方〜序・春の空〜 UPCH-5293 15位 10回
8th 2005年6月15日 小さな恋の夕間暮れ UPCH-5316 10位 6回
9th 2005年11月16日 風花 UPCH-5346 10位 20回
配信 2005年12月14日 12月 音楽配信 対象外
10th 2006年3月1日 君は五番目の季節 CD+DVD UPCH-9226 (初回限定盤) 13位 7回
CD UPCH-5379 (通常盤)
11th 2006年9月13日 風になって CD UPCH-5410 18位 3回
12th 2006年10月25日 恋しくて/夢みたい〜だから雲に憧れた〜 UPCH-5427 27位 4回
13th 2007年5月9日 未来〜風の強い午後に生まれたソネット〜 CD+DVD UPCH-89003 (初回限定盤) 14位 5回
CD UPCH-80017 (通常盤)
14th 2007年8月8日 太陽のにほひ CD+DVD UPCH-89011 (初回限定盤) 25位 3回
CD UPCH-80031 (通常盤)
15th 2008年1月30日 スノウドロップ CD+DVD UPCH-89018 (初回限定盤) 13位 4回
CD UPCH-80056 (通常盤)
16th 2008年8月27日 生きてることが辛いなら CD UPCH-80088 23位 14回
17th 2009年10月21日 CD+DVD UPCH-89063 (初回限定盤) 12位 3回
CD UPCH-80151 (通常盤)
18th 2010年9月29日 花鳥風月/言葉にすれば CD UPCH-80202 31位 3回
19th 2013年3月27日 日々 CD UPCH-80315 46位 3回
20th 2014年8月13日 若者たち UPCH-80371 25位 6回
配信 2014年10月15日 五線譜を飛行機にして 音楽配信 対象外
2015年9月2日 ライバルズ 綾小路翔と森山直太朗 名義) CD AVCD-83358 30位 2回
21st 2015年9月9日 生きる (って言い切る) UPCH-80412 30位 2回
配信 2016年12月7日 みんなおんなじ 音楽配信 対象外
2017年6月7日 罪の味 対象外
2017年6月25日 絶対、大丈夫 DLコード付お守り PRON-6018 対象外
配信 2018年3月21日 音楽配信 対象外
2018年6月6日 人間の森 対象外
2019年10月30日 さくら(二〇一九) 対象外
2020年3月6日 ありがとうはこっちの言葉 対象外
2020年5月29日 最悪な春 対象外
2020年7月17日 すぐそこにNEW DAYS 対象外

アルバム[編集]

フルアルバム[編集]

# 発売日 タイトル 形態 規格品番 オリコン記録
最高位 登場回数
1st 2004年5月26日 新たなる香辛料を求めて CD UPCH-1347 1位 19回
2013年4月24日 SHM-CD UPCH-29136
2nd 2006年11月29日 風待ち交差点 2CD UPCH-9272 (初回限定盤) 19位 8回
CD UPCH-1524 (通常盤)
2007年3月30日 CD+DVD UPCH-29002
(スペシャル・エディション)
2013年4月24日 SHM-CD UPCH-29138
3rd 2008年3月5日 諸君!! CD+DVD UPCH-29009 (初回限定盤) 15位 10回
CD UPCH-20078 (通常盤)
2013年4月24日 SHM-CD UPCH-29139
4th 2010年6月9日 あらゆるものの真ん中で CD UPCH-20199 11位 7回
2013年4月24日 SHM-CD UPCH-29140
5th 2012年4月11日 素敵なサムシング CD UPCH-20272 11位 7回
2013年4月24日 SHM-CD UPCH-29142
6th 2013年4月24日 とある物語 CD+2DVD UPCH-29135 (初回限定盤) 26位 3回
CD UPCH-20314 (通常盤)
7th 2013年12月11日 自由の限界 CD UPCH-20335 25位 3回
8th 2014年11月19日 黄金の心 UPCH-20372 25位 5回
9th 2016年6月1日 嗚呼 CD+DVD UPCH-29221 (初回限定盤) 13位 5回
CD UPCH-20421 (通常盤)
10th 2018年8月22日 822 CD+DVD UPCH-29302 (初回限定盤) 9位 6回
CD UPCH-20491 (通常盤)

コアアルバム[編集]

# 発売日 タイトル 形態 規格品番 オリコン記録
最高位 登場回数
インディーズ(直太朗 名義)
1st 2001年3月7日 直太朗 CD CJNR-0002
メジャー (森山直太朗 名義)
2nd 2002年10月2日 乾いた唄は魚の餌にちょうどいい CD UPCH-1173 18位 65回
3rd 2003年6月18日 いくつもの川を越えて生まれた言葉たち CD+DVD UPCH-9060 (初回限定盤) 3位 34回
CD UPCH-1271 (通常盤)

ベストアルバム[編集]

# 発売日 タイトル 形態 規格品番 オリコン記録
最高位 登場回数
1st 2005年6月15日 傑作撰 2001〜2005 2CD UPCH-9181 (初回限定盤) 3位 44回
CD UPCH-1410 (通常盤)
2013年4月24日 SHM-CD UPCH-29137
2nd 2010年12月15日
レア・トラックス vol.1 CD UPCH-20223 36位 2回
2013年4月24日 SHM-CD UPCH-29141
3rd 2016年9月21日 大傑作撰 2CD+DVD UPCH-29225 (初回限定盤) 4位 29回
CD UPCH-20426 (通常盤)

映像作品[編集]

# 発売日 タイトル 形態 規格品番 収録内容 オリコン記録
最高位 登場回数
1st 2003年12月3日 永遠はオルゴールの中に DVD+CD UPBH-1112 10位 19回
2006年11月22日 UPBH-9254
(初回限定特別価格盤)
DVD
シングル
2004年4月28日 生きとし生ける物へ DVD UPBH-5003 29位 7回
2nd 2005年4月20日 劇場公演 森の人 DVD+CD UPBH-1161 31位 4回
2006年11月22日 UPBH-9255
(初回限定特別価格盤)
3rd 2006年6月28日 君は五番目の季節
ツアードキュメンタリーフィルム
2DVD UPBH-1188 25位 2回
2007年11月22日 UPBH-2900
(初回限定特別価格盤)
4th 2008年1月30日 二〇〇七 姫路城 UPBH-20012 21位 3回
5th 2012年10月3日 森山直太朗 ミュージックビデオ集 DVD UPBH-20098 23位 3回
6th 2014年8月13日 コンサートツアー2013-14『自由の限界』
〜そろそろ本当の俺の話をしようか〜
UPBH-20121 23位 3回
7th 2017年10月25日 絶対、大丈夫
~15thアニバーサリーツアーとドラマ~
Blu-ray UPXH-20058 29位 1回
2Blu-ray PDXN-1903
(完全生産限定FC盤)
2DVD UPBH-20194 16位 1回
PDBN-1904
(完全生産限定FC盤)
8th 2018年3月21日 劇場公演「あの城」 UPBH-20208 39位 1回
2DVD+CD PDBN-1906
(完全受注生産限定FC盤)
2Blu-ray+CD PDXN-1906
(完全受注生産限定FC盤)
9th 2020年4月15日 人間の森 Blu-ray POXS-21002 18位 1回
2Blu-ray PDXN-1914
(完全生産限定FC盤)
2DVD POBD-21043/4 20位 1回
2DVD PDBN-1912
(完全生産限定FC盤)

参加CD[編集]

  1. 『歌鬼 (GA-KI) 〜阿久悠トリビュート〜』(2008年7月30日)
  2. さだまさしトリビュート さだのうた』(2008年10月22日)
  3. 『The Light feat.Kj from Dragon Ash,森山直太朗,PES from RIP SLYME』Miss Monday(2009年1月28日)
  4. 『1939 MONSIEUR(サンキュー ムッシュ)』(2009年2月18日)

楽曲提供[編集]

  • 森山良子
    • 「マザーアース」(2005年7月20日)
      作詞:御徒町凧 / 作曲:森山直太朗 / 編曲:渡辺俊幸
    • 「今」(2016年4月6日)
      作詞・作曲:森山直太朗/ 御徒町凧 編曲:武部聡志
  • NHK全国学校音楽コンクール
    • 「虹」(2006年)
      作詞:御徒町凧 & 森山直太朗 / 作曲:森山直太朗 / 編曲:信長貴富
      ※平成18年度NHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲
  • 中孝介
    • 」(2007年4月11日)
      作詞:御徒町凧 / 作曲:森山直太朗 / 編曲:河野伸
  • V6井ノ原快彦
  • 土岐麻子
    • 鎌倉」(2010年5月26日)
      作詞:御徒町凧、土岐麻子 / 作曲:森山直太朗 / 編曲:高田漣
  • 赤えんぴつ[注釈 1]
    • 「こいのぼり」(2011年)
      作詞・作曲:森山直太朗
      ※CDなどの音源化はされていないが、バナナマンのライブDVD「emerald music」にて、赤えんぴつの歌唱シーンが収録されている。
  • 石川さゆり
    • 「空を見上げるとき」(2014年4月23日)
      作詞:御徒町凧 / 作曲:森山直太朗 / 編曲:倉田信雄
    • 「永久にFOREVER」(2016年4月23日)
      作詞・作曲:森山直太朗/ 御徒町凧 編曲:倉田信雄
  • SMAP
    • One Chance!」(2014年9月3日)
      作詞・作曲:森山直太朗、御徒町凧 / 編曲:清水俊也
      ※木村拓哉のソロ曲
  • 氣志團
    • 「バームクーヘン」(2017年8月9日)
      作詞:御徒町凧、森山直太朗 / 作曲:森山直太朗 / 編曲:木内健
  • 大竹しのぶ
    • 「しのぶ」(2017年8月9日)
      作詞・作曲:御徒町凧、森山直太朗 / 編曲:河野圭
  • 木村拓哉

ライブ[編集]

  • キャラメル通りの配達夫(2003年)
  • コアライブツアー『笑えない冗談』(2004年1月16日 - 4月10日 19会場20公演)
  • スターツアー2004『地球はたぶん球体じゃない』(2004年6月3日 - 7月29日 24会場25公演)
  • 学園祭ツアー2004『カレーライスが不意に食べたくなったんだ』(2004年10月23日 - 11月20日 6会場6公演)
  • 劇場公演『森の人』(2005年2月2日 - 2月17日 2会場13公演)
  • コンサートツアー2005『君は五番目の季節』(2005年7月3日 - 9月15日 31会場35公演)
    その後、「コンサートツアー2005〜2006『君は五番目の季節』追加公演」(2005年12月20日 - 2006年3月29日 28会場28公演)を開催。通常公演と追加公演を合わせると計59会場63公演にも上り、直太朗史上最大のライブツアーとなった。
  • ファンクラブツアー2007『さよなら直ちゃん倶楽部〜おならじゃないのZeppなの〜』(2007年1月12日 - 1月14日 2会場2公演)
  • ワールドツアー2007『全ての柔らかいモノのために』(2007年2月10日 - 6月20日 43会場46公演)
    最終公演は台湾の「台北インターナショナルコンベンションセンター」でおこなった。
  • 楽天世界遺産劇場『姫路城Special Concert』(2007年11月12日
  • コンサートツアー2008『諸君!?』(2008年4月12日 - 7月24日 30会場35公演)
    本公演の最終を沖縄で敢行。その後7月23日、24日に東京渋谷「C.C.Lemonホール」にて「東京最終公演」
    を行った。
  • アコースティックリクエストFCツアー'08「Zeppで歌わナイト(ハート)〜ここは俺に任せてお前たちは先に行け〜」 ・・長い!!長いっす!!勝手ながら、俺任(おれまか)ツアーと呼ばせていただいておりますが(笑)!!!(2008年9月8日 - 9月24日 6会場7公演)
  • 楽天世界遺産劇場『日光東照宮Special Concert』(2008年10月11日12日
  • コンサートツアー2009『どこまで細部になれるだろう』(2009年4月16日 - 10月12日 47会場51公演)
  • アコースティックリクエストFCツアー'09『Zeppで歌わナイト(ハート)〜こんな俺でごねんめm(_ _)m〜』(2009年12月10日 - 12月21日 6会場7公演)
  • 森山直太朗ファンクラブツアー2010 『それじゃあみなさん、こんにちは』(2010年6月23日 - 7月18日 11会場12公演)
  • コンサートツアー2010『真っ白い鳩を九十九羽飼っていて』(2010年9月1日 - 12月17日 26会場26公演)
  • 森山直太朗ファンクラブツアー2011「ロックンロールホスピタル」(2011年6月13日 - 7月10日 10会場12公演)
  • コンサートツアー2011『乗り遅れた電車を見送るペンギンよ』(2011年8月20日 - 12月20日 31会場32公演)
  • 10thアニバーサリーツアー2012『洪積世ボーイ』(2012年4月27日 - 7月7日 11会場11公演)
  • 森山直太朗劇場公演『とある物語』(2012年10月5日 - 11月4日
    w/斉木しげる/清水宏/鶴田真由/点子
  • 森山直太朗ファンクラブツアー2012「年男はつらいよ〜直太朗アニバーサリーやつれ」(2012年11月20日 - 12月16日
  • 森山直太朗コンサートツアー2013〜14『自由の限界』(2013年10月19日 - 2014年2月16日
  • コンサートツアー2015『西へ』(2015年1月30日 - 6月24日
  • SPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" 〜森山直太朗〜(2016年6月9日
  • ファンクラブツアー2016「わくわく♪お楽しみ会」(2016年6月14日 - 7月27日
  • 森山直太朗 15thアニバーサリーツアー『絶対、大丈夫』(2017年1月27日 - 7月29日
  • 森山直太朗劇場公演『あの城』(2017年9月14日 - 10月1日

出演イベント[編集]

  • 2003年6月1日 - INGNI presents FUNKY802 14th Anniversary Special Jive the Keys
  • 2003年6月21日 - 第3回 うたの日コンサート
  • 2004年5月30日 - 80215 special INGNI presents Songs Letters -Dear J-STANDARD-
  • 2004年8月6日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2004
  • 2004年8月28日 - SOUND MARINA 2004 in SAKA 〜Feel the voice 3〜
  • 2004年8月29日 - J-WAVE LIVE 2000+4
  • 2005年8月21日 - J-WAVE LIVE 2000+5
  • 2006年8月18日 - J-WAVE LIVE 2000+6
  • 2006年9月17日 - RADIO BERRY ベリテンライブ2006 Special
  • 2007年8月18日 - J-WAVE LIVE 2000+7
  • 2008年8月2日・9日 - 情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'08
  • 2008年8月17日 - J-WAVE LIVE 2000+8
  • 2008年8月18日 - 坂崎幸之助のお台場フォーク村デラックス 第21夜 さだまさしライブ 三十五年坂(崎)
  • 2009年8月1日・8日 - 情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'09
  • 2010年7月25日 - お台場合衆国2010〜笑うBayには福きたる!!〜 めざましライブ
  • 2010年7月31日・8月7日 - 情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'10
  • 2011年8月5日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011
  • 2012年4月10日 - The Birthday Party in Masashi Super Arena -60人のまさしくんWORLD-
  • 2013年4月20日 - J-WAVE 25th ANNIVERSARY TOKYO Guitar Jamboree
  • 2013年4月28日 - 日比谷野音空想旅団
  • 2013年9月14日 - 氣志團万博2013 〜房総爆音梁山泊〜
  • 2014年8月14日 - お台場新大陸2014 めざましライブ
  • 2014年9月13日 - 氣志團万博2014 〜房総大パニック ! 超激突!!
  • 2014年10月12日 - ザンジバルナイト 2014
  • 2014年11月19日 - The Covers Presents「The Covers'Fes.〜今夜はCover Song Night〜」
  • 2015年3月12日 - FFA フォーク・デイズ〜第92章 フォークソングは世代を超えて〜
  • 2015年8月5日 - a-nation island 坂崎幸之助のももいろフォーク村デラックス
  • 2015年9月19日 - 氣志團万博2015 〜房総 ! 抗争 ! 天下無双 ! 妄想 ! 狂騒 ! 大暴走 ! 〜
  • 2016年8月20日 - J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016
  • 2016年9月18日 - 氣志團万博2016 〜房総ロックンロール・チャンピオン・カーニバル〜 Presented by シミズオクト
  • 2017年10月29日 - テレビ朝日ドリームフェスティバル2017
  • 2018年3月10日 - J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE ~YOUNGBLOOD~

主な出演[編集]

CM[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
2003年(平成15年)/第54回 さくら(独唱) 16/30 浜崎あゆみ
2005年(平成17年)/第56回 2 風花 08/29 藤あや子
2008年(平成20年)/第59回 3 生きてることが辛いなら 18/26 アンジェラ・アキ
* 出演順は「出演順/出場者数」を表す。

音楽特番[編集]

タイアップ一覧[編集]

楽曲 タイアップ
星屑のセレナーデ NHKドラマ『名古屋仏壇物語』エンディングテーマ
陽は西から昇る JDL/日本デジタル研究所『JDL・IBEX出納帳』CMソング
フジテレビ系列『志村流』エンディングテーマ
さくら(独唱) 毎日放送TBS系列『世界ウルルン滞在記』エンディングテーマ
NTT企業CMソング
夏の終わり 朝日放送テレビ朝日系列)『熱闘甲子園』エンディングテーマ
カルビー『夏ポテト』CMソング
風唄 au着うた』CMソング
映画『半落ち』主題歌
第一生命CMソング
「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」のテーマ NRN系列『第29回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』テーマソング
生きとし生ける物へ フジテレビ系列ドラマ『愛し君へ』主題歌
TBS系列ドラマ『3年B組金八先生 第8シリーズ』挿入歌
今が人生 フジテレビのアテネオリンピック応援歌
時の行方 〜序・春の空〜 コカ・コーラ爽健美茶』CMソング
風のララバイ 中部日本放送・愛知万博イメージソング
青い瞳の恋人さん WILLCOM『AIR-EDGE PRO』CMソング
高校3年生 TBSドラマ『27歳の夏休み』主題歌
小さな恋の夕間暮れ 日本テレビ系列『火曜サスペンス劇場』テーマソング(2005年6月 - 9月)
セツナ 近畿日本鉄道『2005.夏キャンペーン』CMソング
風花 NHK連続テレビ小説(2005年後期)『風のハルカ』主題歌
君は五番目の季節 山崎製パン2006年企業CMソング
風になって 読売テレビ系列『第30回鳥人間コンテスト選手権大会』イメージソング
夢みたい 〜だから雲に憧れた〜 EPSONカラリオ』CMソング
Q・O・L WOWOWヨーロッパサッカー』イメージソング
JR東日本企業CMソング
太陽のにほひ アサヒビール発泡酒『スタイルフリー』CMソング
バース@デイ〜ひとりぼっちの応援歌〜 リーガ・エスパニョーラ』イメージソング
未来 〜風の強い午後に生まれたソネット〜 映画『初雪の恋 ヴァージン・スノー』主題歌
スノウドロップ テレビ朝日系列『ビートたけしのTVタックル』エンディングテーマ
星がキレイな夜だから BS朝日『EARTH friendly MEDIA みんなアーシスト・キャンペーン』テーマソング
フジテレビ系列『金曜プレステージ・鯨とメダカ』エンディングテーマ
生きてることが辛いなら 学校法人モード学園首都医校大阪医専名古屋医専』CMソング
クロスカンパニーアースミュージックアンドエコロジー』CMソング
花鳥風月 テレビ朝日系列『土曜ワイド劇場』エンディングテーマ(2010年7月 - )
若者たち フジテレビ開局55周年記念ドラマ『若者たち2014』主題歌
五線譜を飛行機にして 映画『ゴッドタン キス我慢選手権THE MOVIE2 サイキック・ラブ』主題歌
みんなおんなじ NHK Eテレ『みいつけた!』エンディングテーマ
テレビ東京系『ワールドビジネスサテライト』エンディングテーマ
人間の森 フジテレビONE/TWO/NEXT × J:COM 共同制作 連続ドラマ『記憶』主題歌
罪の味 日清食品『ぶっこみ飯』コラボレーション楽曲
花の名前 成城学園 創立100周年記念歌
さくら(二〇一九) 日本テレビ系連続ドラマ『同期のサクラ』主題歌
ありがとうはこっちの言葉 テレビアニメ『ソマリと森の神様』オープニングテーマ

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
石牧ナト 「小さな恋の夕間暮れ」 - YouTube
大橋洋生 「フォークは僕に優しく語りかけてくる友達」 - YouTube「花鳥風月」
御徒町凧 「生きとし生ける物へ」 - YouTube
カメヤマサトシ 「太陽のにほひ」 - YouTube
川村ケンスケ 「風になって」 - YouTube
groovisions 「今が人生〜飛翔編〜」 - YouTube
新谷祐一 「恋しくて」 - YouTube
「未来 〜風の強い午後に生まれたソネット〜」 - YouTube「涙」 - YouTube
土屋隆俊 「どこもかしこも駐車場」 - YouTube「若者たち」 - YouTube 「日々」 - YouTube「生きる(って言い切る)」「12月 (2016 ver.)」
西川修司 「雨だけど雨だから」
NICK SMITH 「夢みたい 〜だから雲に憧れた〜」 - YouTube
牧鉄馬 「さくら(独唱)」 - YouTube「夏の終わり」 - YouTube「生きてることが辛いなら」 - YouTube「太陽」 - YouTube
森山直太朗 「諸君」 - YouTube
山口保幸 「12月」 - YouTube「スノウドロップ」 - YouTube「君は五番目の季節」 - YouTube「時の行方〜序・春の空〜」「風花」 - YouTube
和田泰宏 「星屑のセレナーデ」 - YouTube「陽は西から昇る」 - YouTube
不明 「いつかさらばさ」「街路樹」

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ お笑いコンビ・バナナマンがコント内で演じているフォークデュオ。

出典[編集]

  1. ^ seijogakuen1の2013年5月1日9時51分のツイート- Twitter
  2. ^ a b 森山直太朗、結婚していた!作曲家でピアニストの平井真美子さんと”. SANSPO.COM (2018年5月17日). 2018年5月17日閲覧。
  3. ^ 綾小路翔&森山直太朗が“念願”デビュー 「メンズデュエット決定版」MV公開”. ORICON (2015年8月21日). 2015年8月21日閲覧。
  4. ^ 森山直太朗、半年間「活動小休止」来春に新作で復帰”. 日刊スポーツ (2015年9月9日). 2015年9月9日閲覧。
  5. ^ “歌手の森山直太朗さん 追突事故、前方不注意か”. @niftyニュース. TBS (NIFTY). (2015年10月5日). オリジナルの2015年10月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151005225523/http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/tbs-20151005-43108/1.htm 
  6. ^ “森山直太朗、半年強で活動再開「何ともいえない時を経て帰ってまいりました」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年4月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2070434/full/ 2016年6月1日閲覧。 
  7. ^ 森山直太朗が語る、親に対する感謝の心。「余すことなく、自分らしく生きていく」”. Techinsight (2014年8月11日). 2017年10月31日閲覧。
  8. ^ 柄本佑さん主演『心の傷を癒すということ』制作開始!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2019年8月28日). 2019年8月28日閲覧。
  9. ^ “柄本佑主演、震災後の心のケアに奔走した若き精神科医の物語”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2143273/full/ 2019年8月28日閲覧。 
  10. ^ “森山直太朗が朝ドラ初出演へ「一つ一つ感情を積み上げて」 20年春『エール』唐沢寿明ら7人決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2143881/full/ 2019年9月6日閲覧。 
  11. ^ “山崎育三郎 来春「エール」で初の朝ドラ 主人公の同級生役に「この役との出会いは宝」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年9月6日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/06/kiji/20190906s00041000215000c.html 2019年9月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]