山川豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山川 豊
出生名 木村 春次
生誕 (1958-10-15) 1958年10月15日(60歳)
出身地 日本の旗 日本 三重県鳥羽市
ジャンル 演歌
職業 演歌歌手
担当楽器
活動期間 1981年 - 現在
レーベル 東芝レコード(東芝EMI)
(1981年 - 2007年)
EMIミュージック・ジャパン/サクラスターレコード
(2007年 - 2013年)
ユニバーサルミュージック/Prime Music
(2013年 - )
事務所 長良プロダクション
公式サイト 所属事務所による公式サイト

山川 豊(やまかわ ゆたか、本名:木村 春次(きむら はるじ)、1958年10月15日 - )は、日本の演歌歌手。血液型B型。1981年「函館本線」にて歌手デビュー

同じく演歌歌手の、鳥羽一郎の実弟である(鳥羽は山川より1年半後の、翌1982年8月に「兄弟船」でデビュー)。

経緯[編集]

父は漁師、母は海女という漁業一家に生まれた。1981年2月のデビュー・シングル「函館本線」がいきなりロング・ヒットを記録。同年度(1980年12月)にデビューしたアイドル歌手近藤真彦らと音楽新人賞争いを繰り広げ、1981年末の第23回日本レコード大賞・新人賞など数々受賞した。

歌手デビューから5年後の、1986年末に第37回NHK紅白歌合戦へ、念願の初出場を果たした。それ以降も2005年末の第56回NHK紅白歌合戦まで、過去11回の紅白出場の経験がある[1]

高校を卒業後、職業訓練学校を経て、自動車の整備士として、地元・三重県(鈴鹿市)の「鈴鹿サーキット」で勤務していた時期があった。

音楽[編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル 作詞 作曲 編曲
1980年代
1 1981年
2月5日
函館本線 たきのえいじ 駒田良昭 前田俊明
2 1982年
3月1日
放浪ごころ やしろよう 伊藤雪彦 竜崎孝路
3 1982年
9月1日
酒ごころ 水木れいじ 浜圭介 竜崎孝路
4 1983年
5月21日
死なず花 川内康範 五木ひろし 高田弘
5 1984年
4月21日
はぐれ雲 やしろよう 伊藤雪彦 竜崎孝路
6 1984年
11月21日
流氷子守歌 池田充男 曽根幸明 丸山雅仁
7 1986年
2月21日
ときめきワルツ 川内康範 遠藤実 只野通泰
8 1987年
5月1日
愛待草より 川内康範 遠藤実 斉藤恒夫
9 1987年
11月5日
港酒場 たきのえいじ 小町昭
10 1988年
6月25日
こころ花 里村龍一 聖川湧 前田俊明
11 1989年
8月2日
北斗星 やしろよう 浜圭介 馬飼野俊一
1990年代
12 1990年
4月6日
しぐれ川 吉田旺 徳久広司 馬場良
13 1992年
2月19日
夜桜 吉田旺 徳久広司 前田俊明
14 1993年
3月31日
きずな 里村龍一 弦哲也 馬場良
15 1994年
3月16日
途中下車 吉幾三 野村豊
16 1995年
2月17日
面影本線 里村龍一 四方章人 前田俊明
17 1996年
2月21日
酒は男の子守歌 秋浩二 伊藤雪彦 伊戸のりお
18 1997年
3月26日
酒場のろくでなし 秋浩二 伊藤雪彦 伊戸のりお
19 1998年
2月18日
アメリカ橋 山口洋子 平尾昌晃 矢野立美
20 1998年
8月7日
男のららばい たきのえいじ 鈴木淳 前田俊明
2000年代
21 2000年
1月13日
雪舞橋 山口洋子 平尾昌晃 矢野立美
22 2000年
9月13日
逢えてよかった 山口洋子 平尾昌晃 矢野立美
23 2001年
5月16日
泣かないで たきのえいじ 浜圭介 矢野立美
24 2002年
1月17日
わかれ雪 高橋直人 あらい玉英 佐伯亮
25 2003年
1月1日
港のブルース たきのえいじ 弦哲也 前田俊明
26 2004年
7月28日
哀愁の街に霧が降る[2] 佐伯孝夫 吉田正 竜崎孝路
27 2005年
2月2日
海峡本線 麻こよみ 徳久広司 南郷達也
28 2005年
10月13日
友情-とも- たかたかし 西つよし 南郷達也
29 2007年
1月31日
ニューヨーク物語り つんく 湯浅公一
竹上良成
30 2009年
6月24日
霧雨のシアトル 阿木燿子 平尾昌晃 矢野立美
2010年代
31 2010年
9月8日
我が娘へ 吉幾三 伊戸のりお
32 2012年
1月11日
ナイアガラ・フォールズ 阿木燿子 堀内孝雄 川村栄二
33 2013年
5月22日
優しい女に会いたい夜は 紙中礼子 花岡優平 矢野立美
34 2015年
3月25日
螢子 高田ひろお 弦哲也 前田俊明
35 2016年
3月16日
再愛 原文彦 叶弦大 丸山雅仁
36 2017年
6月14日
黄昏 原文彦 叶弦大 丸山雅仁
37 2018年
4月18日
今日という日に感謝して 麻こよみ 徳久広司 前田俊明

主なテレビ出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1986年(昭和61年)/第37回 1 ときめきワルツ 07/20 テレサ・テン 紅白初出場
1992年(平成4年)/第43回 2 夜桜 03/28 香西かおり 6年ぶり復帰
1993年(平成5年)/第44回 3 流氷子守歌 03/26 香西かおり(2)
1994年(平成6年)/第45回 4 途中下車 16/25 香西かおり(3)
1997年(平成9年)/第48回 5 酒場のろくでなし 05/25 Every Little Thing 3年ぶり復帰
1998年(平成10年)/第49回 6 アメリカ橋 05/25 西田ひかる
1999年(平成11年)/第50回 7 アメリカ橋(2回目) 07/25 香西かおり(4)
2000年(平成12年)/第51回 8 逢えてよかった 04/25 中村美律子
2001年(平成13年)/第52回 9 泣かないで 03/27 原田悠里
2003年(平成15年)/第54回 10 函館本線 05/27 水森かおり 2年ぶり復帰
2005年(平成17年)/第56回 11 海の匂いのお母さん 11/29 平原綾香 2年ぶり復帰

ドラマ[編集]

紀行番組[編集]

  • 童謡の魅力に出会う旅〜山川・氷川・水森・田川・岩佐・はやぶさが行く(BSジャパン、2014年2月8日)

受賞歴[編集]

1981年

1987年

  • 古賀政男記念音楽大賞
  • 日本有線大賞協会選奨
  • 日本歌謡大賞放送音楽賞

1990年

1991年

  • 藤田まさと賞
  • メガロポリス歌謡祭 男性部門入賞
  • 横浜音楽祭 音楽祭賞
  • 日本歌謡大賞放送 音楽賞

1998年

2007年

  • 日本作詩大賞 優秀作品賞

テレビ出演時のエピソード[編集]

  • クイズ!ヘキサゴンII』では、珍解答を連発している。また、稀に問題を聞き逃すこともあり「何?」「もういっぺん問題読んで」と言う。ファミリーメンバーとして有名な香田晋と共に出演した際の紹介では「毎回、ハジけてくれます」という言われぶりであった。
  • クイズ$ミリオネア』(2006年12月7日放送)でも、つまらない昔話でお茶を濁した挙句、早々とライフラインを使用後、10問目の日本史問題、大坂夏の陣で、豊臣氏を滅ぼした武将を、徳川家康を選択しないで上杉謙信を選んで終了する「不勉強」ぶりを披露して撃沈した
  • ネプリーグ』(2012年9月10日放送)でも、不正解を連発しまわりの人達(特に水森かおり)から突っ込まれていた。

備考[編集]

  • 当初、山川 豊という芸名でのデビューは予定されていなかった。同じ事務所で先輩である橋幸夫マネージャー「山川 豊」が、デビュー直前に階段から落ちて転落死したため、亡くなったマネージャーを哀悼する形で、そのまま芸名として名乗ってデビューすることになり、今日に至る。
  • 1981年、実兄の鳥羽一郎は日本歌謡大賞・新人賞候補に山川がノミネートされているのをテレビで見てたまらず、会場の日本武道館に直行。警備員の制止を振り切り(鳥羽はデビュー前だった)、優秀放送音楽新人賞を受賞した山川を、鳥羽と共に男泣きしながら抱擁する一幕があった。
  • 野球にも造詣が深く、大の読売ジャイアンツファン。『ラジオ日本ジャイアンツナイター』には2度ゲスト出演(2007年8月22日、対中日[3]と、2010年9月21日、対横浜[4])を果たしている。
  • フジテレビのドラマ『アタシんちの男子』で玄関を開けるシーンにおいてこの名前がキーワードになっている。
  • 川嶋あいとの交流は兄:鳥羽一郎ほどはないものの、2010年、ラジオ番組川嶋あい On The Streetの放送300回を鳥羽一郎とともに祝うメッセージがこの番組の中で流された。
  • 矢沢永吉のファン[5]
  • わたなべボクシングジム所属でJBC日本ボクシングコミッションからC級プロボクサーライセンス及びプロボクシングトレーナー保持者。現在もトレーナーとして指導に当たっており、山崎静代も山川から手ほどきを受けたことがある[6]。ただし、JBCを初めとするボクシング団体管轄の試合で、プロボクサーとしてリングに上がった経験はない。
  • ガス溶接技能者
  • 社交ダンスアマチュアメダルテスト・シルバー級

脚注[編集]

  1. ^ 実兄・鳥羽一郎は1985年第36回に紅白歌合戦初出場、2007年第58回紅白迄、通算20回出場していた。その内、1992年第43回1994年第45回1997年第48回2001年第52回2003年第54回2005年第56回と合計10回、兄の鳥羽一郎と兄弟揃って紅白出場を果たしている。
  2. ^ 山田真二の同名曲のカバー。
  3. ^ 解説は中畑清。実況は吉田填一郎
  4. ^ 解説は鹿取義隆、実況は内藤博之
  5. ^ 山川豊が裸で紅白観賞「永ちゃんに驚き」 - 日刊スポーツ
  6. ^ ボクシング仲間の山川豊「忘れられない名トレーナー」 スポーツニッポン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]