風の盆恋歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

風の盆恋歌』(かぜのぼんこいうた)は高橋治恋愛小説。また、それを原作にしたテレビドラマ・舞台・漫画作品・モチーフに書かれたなかにし礼作詞・石川さゆり歌唱のシングル曲。

概要[編集]

雑誌「小説新潮」1984年6月号・7月号に「崖の家の二人」というタイトルで発表された。翌年5月『風の盆恋歌』に改題して単行本が出版された。富山県富山市八尾町で毎年9月に開催される「おわら風の盆」の祭りをテーマにした小説作品。

あらすじ[編集]

テレビドラマ[編集]

1986年版[編集]

1986年8月29日フジテレビ系列金曜女のドラマスペシャル』枠で制作・放送された。現在は横浜市にある放送ライブラリーにて無料で視聴できる。

キャスト
スタッフ
  • プロデューサー:佐々木孟
  • 原作:高橋治
  • 脚本:山田信夫
  • 音楽:津島利章
  • 技術:加賀屋寛
  • 撮影:山下悟
  • 照明:藤原武夫
  • 映像:山本米勝
  • 録音:市村雅彦
  • 編集:今村信男

1988年版[編集]

1988年9月4日の4:30 - 5:30に、NHK-BS2(ただし本放送開始前のため試験放送であった)で中継ドラマ『越中おわら風の盆〜高橋治原作「風の盆恋歌」より』が放送された。構成は川崎洋。「風の盆」最大の盛り上がりを迎える9月4日未明から明け方まで生中継し、その映像に男女二人が演じる小説の音声ドラマを重ねた。

この番組は1993年ギャラクシー賞制定30周年のおり、ギャラクシー賞30周年記念賞を受賞した。また、2005年9月4日にはNHK総合テレビNHKアーカイブス』にて再放送された。

声の出演

舞台[編集]

1988年、帝国劇場において上演された。翌年、再演。

上演期間
  • 1988年11月2日 - 11月28日(東京帝国劇場)
  • 1989年8月1日 - 8月27日(名古屋御園座
スタッフ
キャスト

楽曲[編集]

風の盆恋歌
石川さゆりシングル
A面 風の盆恋歌
B面 女の山河
リリース
ジャンル 演歌
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 なかにし礼三木たかし
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間22位(オリコン
  • 1989年度年間85位(オリコン)
  • 石川さゆり シングル 年表
    フラワー&グリーン
    1988年
    風の盆恋歌
    1989年
    生まれてよかったね
    1990年
    テンプレートを表示

    1989年に発売された石川さゆりシングルである。発売元は日本コロムビア

    概要 (楽曲)[編集]

    収録曲[編集]

    1. 風の盆恋歌
      作詞:なかにし礼/作曲:三木たかし/編曲:若草恵
    2. 女の山河
      作詞:なかにし礼/作曲:三木たかし/編曲:川口真

    風の盆

    漫画[編集]

    • 風の盆恋歌(ジュディーコミックス、2001年1月発売)
      • 2000年6月号 - 10月号にかけて雑誌「Judyオリジナル」に連載された。キャラクターの年齢は原作より下げられている。
      • 原作:高橋治、作画:石塚夢見

    脚注[編集]

    関連項目[編集]