成田忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

成田 忍(なりた しのぶ、1957年 - )は日本ミュージシャン音楽プロデューサー作曲家編曲家京都府出身。

来歴[編集]

1981年、菅沼孝三横川理彦らとともにフュージョンバンドグループ「99.99」(フォーナイン)で音楽活動を開始[1] 。1982年に、横川と小西健司の3人でエレクトロ・ユニット「4-D mode1」を結成。また1985年より、バンド「URBAN DANCE」のメンバーとして活動し、アルバム『Urban Dance』でメジャーデビューを果たす[1]

遊佐未森D'ERLANGERを始めとして、プロデューサーや作曲・編曲家として数多くのアーティストを手掛けるとともに、ギタリストとして布袋寅泰のツアーなどに帯同している。SLAPP HAPPY RECORDSを主宰。2015年からは「UD-ZERO」の名義で活動している[2]

ディスコグラフィ[編集]

シングル
1987年発売
  • Rewind C/W Mayonaka No Parade (UD-Zero) [Future Mix](UD-ZERO名義)
2015年発売
アルバム
  • 『GERMINATION』
  • 『Wish in blue』
ともに1994年発売
  • 『CHAINED 1994』
2015年11月1日発売 品番UDZ-101 Multiple Konnektionレーベル
『GERMINATION』『Wish in blue』を再構成し、新曲を追加したもの

プロデュースした人物・グループ[編集]

「くちびるデモクラシー」の編曲を担当[4]
「寓話」「遺書。」の作曲、「晴れすぎた空」「Sweet Berry Kiss」の作曲・編曲を担当
「FORBIDDEN」「アベルとカイン」「CLOSER TO IDEAL」などの編曲を担当
菅原弘明と共同である「DAHLIA」の名義で[1]、アルバム『BASILISK』のプロデュースを始め、自身初となるバンドの総合プロデュースを担当[5]
デビューアルバム『FINALE』の編曲・プロデュースを担当
シングル「同じ時代に生まれた若者たち」の編曲を担当
シングル「下を向いて帰ろう/RIKISHI-MAN」「男装レボリューション」の編曲を担当
アルバム『Parade』『Cut 〜Early Songs Best Selection〜』などの編曲を担当
バンドプロデュースを担当[5]
アルバム『瞳水晶』をプロデュース
アルバム『PRIMAVERA』の編曲を担当
シングル「洪水」のカップリング曲「Engagement」の作曲・編曲。以降、数々の作品をプロデュース。

脚注[編集]

外部リンク[編集]