新宿音楽祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新宿音楽祭(しんじゅくおんがくさい)は、文化放送と新都心新宿PR委員会[1]の主催により1968年から1994年(1988年は昭和天皇の容態悪化に配慮して中止となったため、入賞した歌手20組は全員銅賞扱い)にかけて開催された、新人歌手対象の音楽祭である。開催時期は毎年10月初旬から中旬となっており、ニッポン放送銀座音楽祭」、ラジオ日本横浜音楽祭」と並んで在京ラジオ局による歌謡新人賞レース序盤の重要な大会であった。

概要[編集]

大会名は、文化放送の本社が新宿区にあったことに由来しており(現在同局は港区浜松町に所在)会場は初期および1991年以降は同区にある東京厚生年金会館、1970年代中頃から1990年にかけては日本武道館が使用された。

放送時間は1974年から1987年までは16時から20時30分まで(途中18時台は「ニュース・パレード」などで30分程度中断するケースが多かった)、1989年以降は18時から22時まで、正味4時間の生放送であった。また1986年まではフジテレビで土曜午後の『土曜スペシャル』に編集版が関東ローカルでテレビ放送されていたことがある(これは1989年までの銀座音楽祭も同様)。

大会は基本的に3部構成で、第1部は参加歌手による歌唱。第2部は前年度金賞受賞者などゲストによる歌唱コーナー。第3部は審査結果発表となっていた。

最優秀賞は「金賞」で、原則として2組が選ばれた。以下、「審査員特別奨励賞」(1組)「銀賞」(5組)「敢闘賞」(1組)と続き、ノミネートのみの場合は「銅賞」となった。

1970年代中頃から1980年代初期の「金賞」受賞歌手は副賞としてイタリアの伝統的歌番組である「サンレモ音楽祭」へ派遣された。

(毎年ではないと思われたが)新宿音楽祭の本選の2週間程前の週末に新宿三井ビル入口の野外ステージ(フォンターナ)においてエントリー歌手を紹介する(勿論全歌手が出演し歌唱する)プレステージが催された。観覧は自由な為、特に1982年の新人豊作の年には親衛隊や通行人がごった返し大変なイベントとなった。

オープニングやエンディングで「新宿音楽祭の歌」(正式な題名不詳)がバンドとコーラスで流れる。

スポンサーは当初トモヱそろばん富士重工ヤクルト本社などの複数企業。後年は1社提供で(サブタイトルに「〈スポンサー名〉スペシャル」と付けられていた)、ライオンシャープを経て最終回はクラリオンが務めた。

しかし、音楽の多様化等により1994年限りで終了となる。同音楽祭終了後の2002年には『NEW新宿音楽祭 Forever'70s』が新宿コマ劇場で上演された。

出演者[編集]

司会[編集]

司会は代々、文化放送の看板男性アナが務めており、同局アナ時代のみのもんたや梶原しげるがその名を連ねていた。第2部は同局の若手・中堅男性アナが司会を務めていた(竹内アナは1980年に第2部司会を初担当。他には寺島尚正アナや太田英明アナなど)。女性アナでは、局アナ時代の落合恵子(詳細な役割不明)が務めたことがある程度である。

演奏[編集]

受賞者一覧[編集]

金賞[編集]

審査員特別奨励賞[編集]

銀賞 [編集]

敢闘賞[編集]

銅賞[編集]

※1988年は昭和天皇の容態悪化に配慮して中止されたため、入賞歌手20組は全員銅賞扱いとなった。

この特番編成に伴う影響など[編集]

  • 放送当時毎年ナイターオフの開始前後にこの特番が組まれていた関係で平日に当たる場合その年のナイターオフ番組のスタート日を1日ずらしてこの特番が組まれていた。極稀に開催日が土曜日や日曜日にずれたケースもあり、その時は当時の土曜・日曜のナイターオフ番組の開始日を1週ずらしてこの特番を組まれていた。そのためネット番組の第1回を文化放送ではナイターオフ2週目からにスタートを遅らせて放送。[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ 2013年3月31日を持って解散
  2. ^ この時NRN向けのネット番組は第2回目を文化放送以外に裏送りして放送するか、第1回目を「未放送」扱いとして対応した番組がいくつかあった。
  3. ^ 例えば「レイミーの気分はシルキー」、「桃子とおしゃれナイト」など