日野美歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日野 美歌
出生名 日野美歌(同じ)
別名 歌凛(作詞・作曲時のペンネーム
生誕 (1962-12-21) 1962年12月21日(54歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県鎌倉市
ジャンル 歌謡曲 J-POP
職業 歌手 作詞家 作曲家
活動期間 1982年 -
レーベル フリーボード
テイチク
Sakura Cafe Music
日本コロムビア
事務所 桜カフェ
公式サイト 日野美歌 オフィシャルサイト
「桜かふぇ」

日野 美歌(ひの みか(本名同じ)、1962年昭和37年)12月21日 - )は、日本演歌歌手。所属事務所は自身が設立した有限会社桜カフェ。株式会社テンダープロとも業務提携している。所属レコード会社も自身が設立したSakura Cafe Music。血液型O型。

来歴[編集]

神奈川県鎌倉市出身。中学1年のとき、日本テレビの人気オーディション番組『スター誕生!』に挑戦し、林寛子のデビュー曲「ほほえみ」を歌った。しかし、合格ラインである250点にわずかに達せず、挑戦者全員(彼女を含めて7人)が失格だったため、司会者の萩本欽一から「バンザーイ、無しよ!」のギャグを受けた。

鎌倉市立玉縄中学校卒業。湘南学院高等学校卒業。

1982年4月25日に、テイチクより「私のあなた」でデビューした。同年12月に発表した「氷雨」(佳山明生らと競作)が大ヒットし、1983年の『第34回NHK紅白歌合戦』に初出場した。また1986年葵司朗とのデュエット曲「男と女のラブゲーム」(武田薬品工業「タケダ胃腸薬21」CMソングの競作)もヒットした。元々CM自体は武田鉄矢芦川よしみが歌唱していたため日野は当初2人がシングルとして発売するのだろうと思っていたが所属レコード会社の諸事情があり(武田がレコード化を拒んだという話もある[1])発売しないということになってしまい急遽、葵司郎とのレコーディングの依頼が来てのシングルリリースであった。

2003年春、ライブイベント「Live Sakura Cafe」を開催。日野は同イベントを翌年以降も継続して開催している。また同年、作曲家・馬飼野康二の勧めにより、歌凛というペンネームで作詞活動も始め、同年8月20日「かけがえのないもの」(フジテレビ金曜エンタテイメント」エンデイングソングとして同年7月~9月放送)を歌凛の名前でのデビューシングルとしてコロムビアミュージックエンタテインメントからリリースする。同年10月、朋ちゃん&コロッケ華原朋美&コロッケ)「ありがとね!」の作詞を歌凛として手掛けた。

2006年3月24日にフリーボードより、マキシシングル「桜が咲いた」、「夜曲」、「心の誓い」をリリース。デビューから25年間所属していた プロダクション尾木 から他社へ一時移籍。そして2008年独立し、自身が経営する個人事務所の「桜カフェ」とインディーズレーベルSakura Cafe Musicを設立した。

2009年6月17日Sakura Cafe Musicよりミニアルバム『横浜フォール・イン・ラブ』をリリース。同作は「ミュージック・マガジン」2010年1月号の「ベストアルバム2009」で歌謡曲J-POP部門で第5位に選出された。2009年9月13日、横浜開港150周年を記念し横浜開港記念会館でコンサートを開催。

2010年3月3日 3曲入りマキシシングル「花吹雪」、「桜のワルツ」、「涙ひとつぶ」をリリース。

2014年4月より放送のアニメ「暴れん坊力士!!松太郎」にて主演声優の松平健とともに主題歌「ドスコイ人生」を歌う。また、アニメの主題歌を歌うのは初めて。

私生活[編集]

父はうたごえ運動の系譜を引く「国鉄横浜うたう会」を主宰していた[2]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 私のあなた (1982.4.25)(c/w しあわせ捜し)
    作詞:吉岡治/作曲:岸本健介/編曲:斉藤恒夫
  2. 氷雨 (1982.12.5)(c/w 北の女)
    作詞:とまりれん/作曲:とまりれん/編曲:高田弘
  3. 待ちわびて (1983.6.5)(c/w あなたの名残り)
    作詞:水木れいじ/作曲:浜圭介/編曲:竜崎孝路
  4. 想い出グラス (1983.10.21)(c/w 釜山港へ帰れ
    作詞:荒木とよひさ/作曲:浜圭介/編曲:馬飼野俊一
  5. 越後路春知らず (1984.2.21)(c/w 春一輪)
    作詞:伊藤薫/作曲:伊藤薫/編曲:竜崎孝路
  6. 冬の嘘つき (1984.7.21)(c/w つぐない)
    作詞:華盛開/作曲:浜圭介/編曲:桜庭伸幸
  7. 大阪恋めぐり (1984.12.1)※デュエット増位山太志郎(c/w 信じあえたら)
    作詞:幸村リウ/作曲:小林正二/編曲:馬飼野俊一
  8. 乱されて (1985.1.21)(c/w かすみ草)
    作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:矢野立美
  9. Kiss Me よこはま (1985.8.25)(c/w 酔って大阪)
    作詞:華盛開/作曲:華盛開/編曲:馬飼野俊一・馬飼野康二
  10. 淋しくさせないで (1985.10.25)※デュエット村野武範(c/w しのび逢いふたり)
    作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:矢野立美
  11. どこかでお逢いしましたね (1986.1.25)(c/w 面影)
    作詞:藤公之介/作曲:聖川湧/編曲:竜崎孝路
  12. 恋慕 (1986.6.25)(c/w 泣いて…竜飛崎)
    作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:馬飼野康二
  13. 男と女のラブゲーム (1986.12.21)※デュエット葵司朗(c/w 横顔 ※葵司郎)
    作詞:魚住勉/作曲:馬飼野康二/編曲:馬飼野康二
  14. 想い人 (1987.6.25)(c/w 涙のロンリーナイト)
    作詞:久保花奈子/補作詞:刹那/作曲:吉田みどり/補作曲:堀江童子/編曲:馬飼野俊一
  15. 涙のナイトイン東京 (1987.9.25)※デュエット葵司郎
    作詞:魚住勉/作曲:馬飼野康二/編曲:馬飼野康二
  16. お酒ください (1988.1.1)(c/w 想い出に眠らせて)
    作詞:吉幾三/作曲:吉幾三/編曲:川口真
  17. 冬紅葉 (1988.10.25)(c/w ふらふら)
    作詞:吉岡治/作曲:弦哲也/編曲:前田俊明
  18. 鳴門海峡 (1990.1.25)(c/w 新宿わかれ雨)
    作詞:下地亜記子/作曲:岸本健介/編曲:丸山雅仁
  19.  (1990.1.25)(c/w 銀の舗道)
    作詞:飛鳥涼/作曲:飛鳥涼/編曲:十川知司
  20. 男と女のクリスマス (1991.11.25)※デュエット青山修二(c/w あなたしか見えない)
    作詞:魚住勉/作曲:馬飼野康二・吉江一男/編曲:小川哲夫
  21. 五月雨 (1992.3.25)(c/w ひとり想い)
    作詞:ありそのみ/作曲:池毅/編曲:若草恵
  22. 愛しさをください (1992.9.25)(c/w 黄昏が燃えている)
    作詞:松井五郎/作曲:羽田一郎/編曲:松井忠重
  23. おんな日本海 (1995.11.25)(c/w 通り雨)
    作詞:下地亜記子/作曲:岸本健介/編曲:南郷達也
  24. 六本木バツイチ (1996.12.21)(c/w 世界で一番淋しい男)
    作詞:ちあき哲也/作曲:都志見隆/編曲:宮崎慎二
  25. 東京とまり木 (1998.10.1)(c/w 泣きウサギ)
    作詞:吉岡治/作曲:杉本真人/編曲:伊戸のりお
  26. まごころよりどころ (2003.8.21)※デュエット高林優(c/w 桜が咲いた)
    作詞:山岸きくみ/作曲:馬飼野康二/編曲:馬飼野康二
  27. かけがえのないもの (2003.8.20)(c/w 想い出だけで)
    作詞:歌凛/作曲:馬飼野康二/編曲:馬飼野康二
  28. 桜が咲いた (2006.3.24)(c/w 夜曲/心の誓い)
    作詞:歌凛/作曲:馬飼野康二/編曲:馬飼野康二
  29. 願わくば桜の下で (2008.2.27)(c/w 魂の楽園)
    作詞:髙桐唯詩/作曲:歌凜/編曲:加藤実
  30. 花吹雪 (2010.3.3)(c/w 桜のワルツ/涙ひとつぶ)
    作詞:歌凜/作曲:歌凜/編曲:加藤実
  31. 桜空 (2012.2.22)(c/w 花吹雪)
    作詞:歌凜/作曲:馬飼野康二/編曲:美野春樹
  32. 男と女のラブゲーム (2014.8.20)※デュエット新沼謙治
    作詞:魚住勉/作曲:馬飼野康二/編曲:矢野立美
  33. あなたと生きたい (2014.9.3)(c/w 桜が咲いた)
    作詞:歌凜/作曲:若草恵/編曲:若草恵
  34. 知覧の桜 (2015.4.22)(c/w 涙ひとつぶ)
    作詞:歌凜/作曲:馬飼野康二/編曲:馬飼野康二

アルバム[編集]

  1. 1983.02.21「演歌ごころ・氷雨」
  2. 1983.07.21「演歌に心燃やして・待ちわびて」
  3. 1983.11.21「愛する心の演歌・思い出グラス~氷雨」
  4. 1984.08.21「飛翔・日野美歌ヒットアルバム・冬の嘘つき~つぐない」
  5. 1984.11.21「艶歌回り舞台ヒットアルバム」
  6. 1985.02.21「ふたりのめぐり逢い」
  7. 1985.09.25「Kiss Me よこはま」
  8. 1985.11.25「全曲集」
  9. 1986.06.25「86'有線演歌ベスト」
  10. 1986.09.25「ヒット演歌熱唱1~2集」
  11. 1986.10.25「全曲集」
  12. 1987.03.25「有線演歌ベストヒット(男と女のラブゲーム)」
  13. 1987.06.25「ベストセレクション」
  14. 1987.10.25「オリジナルカラオケ全曲集」
  15. 1988.02.25「芯まで演歌ベスト16」
  16. 1988.05.25「88'美歌の流行歌」
  17. 1988.07.25「日野美歌 オリジナル 全曲集」(ダイヤモンドシリーズ)
  18. 1988.11.25「冬紅葉」
  19. 1989.06.25「演歌ベストコレクション」
  20. 1989.11.25「ベスト・オブ・日野美歌」
  21. 1990.05.25「日野美歌'90」
  22. 1990.06.25「ナチュラル」
  23. 1991.11.25「Tastily」
  24. 1992.05.25「十人十色」(10周年記念)
  25. 1992.10.23「愛しさをください」(松井五郎プロデュース/オリジナルALBUM)
  26. 1993.12.02「全曲集'93 美歌集」
  27. 2004.01.21「桜が咲いた」(歌凛)12曲入りオリジナルアルバム(馬飼野康二プロデュース/インディーズレーベル)
  28. 2008.03.26「桜が咲いた」
  29. 2009.06.17「横浜フォール・イン・ラブ」

その他[編集]

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1983年(昭和58年)/第34回 氷雨 09/21 梅沢富美男
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞』1987年11月5日付東京夕刊、11頁。
  2. ^ 「国鉄横浜うたう会」のうたごえ日本共産党平塚市議会議員・松本とし子のウェブサイトより。記事内で日野の父親の写真を掲載

外部リンク[編集]