釜山港へ帰れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
釜山港へ帰れ
渥美二郎シングル
B面 流れギター
リリース
ジャンル 演歌
時間
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 三佳令二(訳詞)
黄善友(作曲)
チャート最高順位
テンプレートを表示
釜山港へ帰れ
各種表記
ハングル 돌아와요 부산항에
漢字 돌아와요 釜山港에
発音 トラワヨ プサンハンエ
トラワヨ プサナンエ
テンプレートを表示

釜山港へ帰れ」(プサンこうへかえれ)は、黄善友[2]作詞作曲した大韓民国歌謡曲トロット)。

概要[編集]

1972年2月チョー・ヨンピルが『女学生のためのチョー・ヨンピル ステレオヒットアルバム』여학생을 위한 조용필 스테레오 힛트 앨범 で発表した。本国韓国ではチェウニをはじめ約60人の歌手がカバーしており、また釜山に本拠地を置くプロ野球チームロッテ・ジャイアンツのコンバットマーチとして、広く歌われている曲である。

日本語版の作詞(三佳令二による)では釜山港で帰ってこない男性を待つ女性の心情が歌われているが、原詞では(日本へ)行ってしまったきり帰ってこない兄弟が歌われている。なお原題を直訳すると「帰ってこい釜山港へ」となり、訳題は倒置されている。

日本での受容[編集]

日本では1979年に、殿さまキングスが「泪の波止場」というタイトルでシングルを発売した。歌詞はほぼ大部分が「釜山港へ帰れ」(の訳詞)と同じではあるが、釜山港というフレーズの部分は違う歌詞となっていた(作詞者は同じく三佳令二である)。

さらに日本では1983年、渥美二郎がロック調にアレンジして歌い、70万枚を超える[3]大ヒットとなった。

桂銀淑ジェロもこの曲をカバーした。シングルとして発売したものは渥美やチョーの他、美川憲一増位山太志郎日野美歌(B面扱い)、李成愛内田あかり北原ミレイらがいる。チョー、増位山、北原、李、桂のバージョンは2番が韓国語で歌われている一方、殿キン、渥美、美川、日野、内田の発売したシングルでは全編日本語詞である。

渥美版がヒットしていた1983年11月14日には、『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)にて渥美やチョーをはじめカバーした歌手が大挙集まっての歌唱が行われた。

歌詞盗用問題[編集]

2004年、この歌の歌詞はほかの歌の作詞を盗用したものとして訴えを起こされた[4]。訴訟を起こしたのは歌謡曲「忠武港へ帰れ」(1970年発表)の作詞者キム・ソンスル(芸名:キム・ヘイル)の母親で、黄善友に対して1億7800万ウォンの損害賠償の支払いと日刊3紙に弁明広告を出すよう求めるものだった。[5]

「忠武港へ帰れ」の歌詞では兄弟ではなく別れた恋人を歌っていた[6][5]。作詞者キム・ソンスルはこの曲を発表した後に軍へ入隊し[5]、休暇中の1971年12月24日大然閣ホテル火災事故死亡した[4]

2006年ソウル西部地方裁判所民事12部は原告に3000万ウォンの支払を命じる原告一部勝訴の判決を下した[6]。しかし原告側は不服とし控訴、2007年、原告側が主張した日本国内著作権料などを考慮して1億6000万ウォンとした[4]

関連項目[編集]

原語版には、以下の釜山名所が織り込まれている。

脚注[編集]