インディーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

インディーズとは、独立系を意味するIndependentから派生した、主にある業種においてメジャー(大手)に属さない、独立性の高い状態を指す言葉。一例として、大手(メジャー)に対して中小のものをマイナーと称するように、メジャーと資本関係や人的交流などを深く持たず、系列化されていない独立性の高いものなどを称する。ロックのスティッフ・レコード[1]、2トーン・レコードなどが知られている。

概要・定義[編集]

ある業種芸術などにおいて寡占が進むと、大衆に有名なものをメジャー、その他をマイナーやインディーズと区分できるようになる。ただし区分の仕方は観点や状況によって大きく変わるため、一様ではない。

様々な産業や党の中に有名・無名が存在する以上、多くのインディーズに付する共通項は「メジャーに所属しない」ということだけであり、その形態や規模は様々である。そのため、インディーズという用語を明確に定義することは難しいが、一般的にその媒体に資本が介在している場合は、メジャーは提携や流通の効率化により規模を追求し、インディーズはメジャーと異なる手段を追求することが多い。そのため結果としてニッチ(少数派)を対象とすることが多い。

文化・芸術分野のインディーズ[編集]

  • 音楽: 音楽の商業活動において、大手制作会社(メジャー)に所属しない会社、及びそのアーティストを指す(後述)。
  • 映画: 自主映画を参照(欧米に置ける事情は後述)。日本で同名の映画制作会社が存在する。
  • 演劇: 劇団四季や宝塚歌劇団のような商業主義演劇や、新劇のような伝統演劇に対して、寺山修司の天井桟敷や黒テントなのアングラ劇団を指す。
  • 舞踊:クラシックバレエや伝統的な日本舞踊に対して、コンテンポラリー・ダンスや暗黒舞踏などのカンパニーが存在する。
  • アダルトビデオ: 自主規制作品。一般的には ビデ倫ソフ倫の審査を受けていないアダルトビデオメーカーおよび作品を指す。ただし、アダルトビデオの売上高1位(北都)、2位(ソフト・オン・デマンド)のメーカーが「インディーズ」であり、市場のシェアでもビデ倫・ソフ倫を上回っていることから、「マイナー」という意味合いは薄れている。

その他のインディーズ[編集]

  • ファッション: 独自デザインの衣服宝飾品を既存の会社・流通ではなく自店やインターネットなどで販売するデザイナーのブランドを指す。
  • 政治: 大政党に所属しない諸派・無所属の独立系選挙候補者(すなわち泡沫候補)をインディーズ候補と呼ぶこともある。
  • プロレス: 中小規模のプロレス団体。日本では大仁田厚が設立したFMWの成功以降、全国に次々と旗揚げされる。地域密着などメジャーとは一線を画した独自の機軸を打ち出している団体が多いのが特色。広義ではメジャー団体(日本では新日本全日本NOAH、米国ではWWE、メキシコではCMLLAAA)を除いたのをまとめてインディーズと呼ぶ。
  • IT関連:ITソフトウェアハウスなどのIT企業はインディーズというよりも「ベンチャー企業」と呼ぶ。独立したIT企業などを、独立系IT企業または独立系ソフトウェアハウス、ISVなどと呼ぶ。富士ソフトなどがこれにあたる。
  • コンピュータゲーム: インディーズゲームには、2Dファンタジスタ(日本)、マグニン&アソシエイツなどがある。

映画産業におけるインディーズ[編集]

欧州・北米[編集]

欧米での音楽では、ビッグ・スリーと呼ばれる三大企業(ユニバーサルミュージックソニー・ミュージックワーナー・ミュージック)、映画ではハリウッドのメジャースタジオ6社(ディズニーソニー・ピクチャーズパラマウント映画20世紀フォックスユニバーサル映画ワーナー・ブラザース)の傘下に属していない会社を指す。

音楽・映画産業のような新しいもの、新鮮なものを消費者が常に求める業種においては、メジャー・レーベルの音楽・映画のみが売れ続けることは難しい。メジャーの取り揃える楽曲やアーティストが固定化したり、目新しさがなくなったりして消費者を満足させられなくなると、売り上げが下がってしまう。

特にアメリカの映画・音楽産業は販路が多国間に広がることが多いため、アメリカ国内の地域・民族差、世界での地域・民族差を利用して、販売時期・上映時期に差(タイムラグ)を作ってみたり、アーティストのツアーや俳優の販売促進ツアーなどで売り上げを平坦化させたりして、質の変化があっても業績の維持を図ることが出来る。

音楽業界におけるインディーズ[編集]

アメリカにおけるインディーズ・レーベルの歴史で重要な会社に、アトランティック・レコードやチェス・レコード[2]がある。黒人向けのレイス・ミュージック(人種の音楽)としてメジャー・レーベルが避けていたリズム・アンド・ブルースや、ロックンロールなどの音楽を積極的に取り上げ、アメリカ全土でポピュラー音楽としての地位を固めることに成功した。アトランティックには、ルース・ブラウンらが、チェスにはチャック・ベリーマディ・ウォーターズなどがいた。他にもスタックス・レコード、モータウン・レコードをはじめとするインディーズ・レーベルが、多くのヒット曲をリリースした。

この後も欧米ではエルヴィス・コステロらが在籍したスティッフ・レコードなど有力なインディーズ・レーベルが誕生し、メジャー/マイナーという垣根は低いものとなっている。IFPIの報告によると、インディーズ・レーベルによる音楽関連の売上高は全体の28.4%に達している(2005年8月)。

映画界においては、制作費を出資・調達するプロデューサーや映画会社などの圧力を避けるために自己資金で製作を行う事がある。その最も極端な例が『スター・ウォーズ(SW)』シリーズで知られるジョージ・ルーカスで、キャラクタービジネスで巨万の富を築いた彼は、SW新3部作では制作費を自ら出資、製作において絶対的な権限を握った事から、「世界で最も贅沢なインディーズ映画」と言われている。

日本のインディーズ[編集]

日本の音楽業界におけるインディーズ(インディー)とは、日本レコード協会加盟のいわゆるメジャー・レーベルのレコード会社と対比する形で、同協会に一切加盟していない独立系レーベルのことをさす。

一方で、特に日本の音楽流通と小売店においては、メジャー・レーベルは多くの商品で返品を受けつけるが、インディーズ・レーベルは大半が商品の返品を受けない買い切り(売り切り)の販売条件である。

2010年代からは無料で音楽を公開するネットレーベルがインディーズシーンに台頭してきている。

日本の音楽産業は、全て日本語によって歌詞が制作されている、あるいは日本語が歌詞の相当割合を占める楽曲が多いため、その販路の大半が日本国内(または日本人)であり、英語やスペイン語で製作された海外レーベルのコンテンツの様な時差や情報の広範な拡散を巧みに利用した業績維持による営業戦略は困難である。そのため、日本のメジャー・レーベルには、ジャンル単位で売り上げが急激に上昇してゆく時期と、対照的に売り上げが一気に低迷し販売実績が悪化する時期が発生しやすい。また、これに応じてメジャーとインディーズの間で短期間で多くの人材・バンドの流入流出や消長盛衰が起きる。

ジャンル単位で見た業績の急落や市場の急激な縮小は、数年間に渡り急激に伸びたセールス実績がピークを迎えた直後から、数年後までに起きることが多い。例としては、1960年代後半のテンプターズやタイガース、スパイダース、ゴールデン・カップスなどのグループ・サウンズがあげられ、ブームは数年で終焉した。

ある特定の音楽ジャンルで業績が伸びブームや「黄金時代」が到来すると、メジャー・レーベル各社の経営資源や資金・人材が同じジャンルに集中的に投入され、二匹目のドジョウを狙った類似楽曲や類似アーティストが次々と登場して乱立状態となる。この中では「質より量」という風潮が見られることも多々あり、短期間で市場は供給過多の様相を示していく。そうなると、メジャー・レーベルが供給する膨大な量の同種の音楽が次第にマンネリ化し消費者が聞き飽きてしまい、売り上げの低下が起き、その後を年単位の長期スパンで見ていくと最終的には俗に「冬の時代」「暗黒時代」などと形容される市場低迷期に至る。この「冬の時代」が到来した時、一時のブームに乗ってメジャー・レーベルと契約した者が次々に契約を打ち切られたり、あるいは契約満了後に契約を継続できないなどの事態に陥ることが多分に起きる。その経緯はいずれにしても、メジャー・レーベルとの販売契約を失ったバンド・ミュージシャンの少なからぬ割合が、音楽活動と新作発表を継続するためにインディーズ・レーベルへの移行を行うことになる。

なお、1990年代のヴィジュアル系のブームは、XエクスタシーレコードCOLORフリーウィルの成功をモデルケースにした数多くのヴィジュアル系専門インディーズ・レーベルの存在が背景になったブームであった。その為、ヴィジュアル系ではブーム到来と共にそのままバンドが立て続けにメジャーデビューを果たすのではなく、バンドの登場と並行してインディーズ・レーベルの乱立が起きた。ただし、これもブームの終焉とともに市場が縮小したことは同様で、多くのレーベルが消滅・整理の道を辿った。

欧米と日本のインディーズの違い[編集]

日本の音楽におけるインディーズ(インディー)は、上述の通り「有名でないアーティストが属す、メジャーへの踏み台」という性格が強く、実際のところ音楽で生活を営むために、日本のアーティストはメジャーを夢見ている例もしばしば見られる。しかしながら、海外においてはこの価値観は評価されないことも多い。

音楽は基本的にはアート芸術)の一分野であり、難解な音楽、実験的な音楽、ルーツミュージックなどのニッチな音楽を志向するアーティストも数多く存在する。しかし、これらの音楽はその評価とは裏腹に商業的な成功には恵まれ無いことがほとんどであり、資本の最大化を主眼としているメジャーの音楽会社においては、当然ながらこれらの売れないアーティストがその傘下で音楽を作ることを許されるのは稀有な例となる[3]

よって、これらのアーティストはアンダーグラウンドにおいてインディーズ・レーベルに所属し、その創作活動を続ける場合が多い。これらの背景から、インディーは「メジャーへの踏み台」としてではなく、「個性的な」音楽を志向するアーティストが存在し得る場」として、一つの唯一的な地位を有している[4]

日本ではメジャーデビューしたアーティストでも歌詞に問題がある等で、メジャーで出せなかった場合にはインディーズで出す事もある。また、かつてメジャーデビューしていたアーティストが、音楽活動から遠ざかって数年若しくは数十年を経て音楽活動を再開する時にメジャーではなく、インディーズで再開したり、メジャーのアーティストがレコード会社の方針に不満を抱いたり、自由な活動をしたい事から個人事務所等でレーベルを立ち上げてインディーズで活動する者がいる。

更に、1968年には「フォーク・クルセダーズ」が自主制作で出していたアルバム「ハレンチ」に収録されていた「帰って来たヨッパライ」が、ラジオの深夜放送で頻繁にオンエアされ、EMIミュージックジャパン(当時の東芝音楽工業)が「ハレンチ」収録のオリジナルマスターでシングル盤を発売し、同グループが一年間の期限付きではあったが、メジャーデビューした。インディーズの音源がそのまま、メジャーで発売された一例である。

1960年代後半から1970年代前半には、アルバムをインディーズから出すフォーク、ロックのアーティストが増加し始めた。当時のフォークの代表的なインディーズ・レーベルとしては、URCレコードやベルウッド・レコード、エレック・レコードなどがあげられる。

インディー・ロック[編集]

欧米、および日本ではロックミュージックの分野において、インディー・ロックとされるジャンルが存在する。

このジャンルは、額面通りインディーズ・レーベルに属しているミュージシャンのみを対象としているというわけではなく、志向がインディーズ的(利潤追求から独立的で、アートを強く追求する)な意味を持って扱われている。

1998年11月に、フリーウィルと契約をしているDIR EN GREYが、「-I'll-」でインディーズ史上最高記録(当時)を樹立。その後インディーズ初の日本武道館公演を実現した。2001年MONGOL800が発表した『MESSAGE』が、国内のインディーズ最高の280万枚を記録する。その後、HYDef TechELLEGARDENthe GazettEシドなどといった、インディーズ・アーティストが相次いでヒットを記録しているため、かつてに比べれば「メジャー予備軍」としての意味合いは幾分だが、薄れては来ている。ただし、資本や流通やアーティスト関係などでメジャーと繋がっている(メジャー・レーベルが自社アーティストとして登用する前に、インディーズでどれくらいの人気、売り上げが期待できるのかを目算した上で、初めてメジャーに移行させるというシステムを取っている)ところも少なくないので、インディーズの概念として曖昧な部分も多い。

国内外を問わず、インディーズ・レーベルの一部はメジャーレーベルと共同で、または許諾を得てメジャー系アーティストの旧作を再発している。他のインディーズ・レーベルの旧作の再発も行う場合がある。そうしたインディーズ・レーベルの中には再発専門のレーベルが存在する。

主要なインディーズ音楽レーベル[編集]

日本レコード協会公式の加盟社一覧に名前のある企業は除外。 ドラマCDの類しか発売していない企業は除外。 テレビ局が所有する企業は除外。

元インディーズ音楽レーベル[編集]

英語[編集]

「インディーズ」の語源は「独立した」を意味する英語の independent である。英語では independent が単数形の語を形容する場合の略称は indie musicindie のように使われ、複数形の語を形容する場合は indie labels 又は indies のように使われる[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ Stiff Records - CDs and Vinyl at Discogs
  2. ^ Chess Records - CDs and Vinyl at Discogs
  3. ^ Wheeler, Fred (2002年). “Interview with Bradley Joseph”. Indie Journal (archived page of indiejournal.com). 2004年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月21日閲覧。
  4. ^ Polta, Anne (2007年2月8日). “Continuing Journey: Bradley Joseph sustains music career with songwriting, recording”. West Central Tribune (wctrib.com) (Minnesota, U.S.). オリジナル2008年3月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080329090123/http://www.wctrib.com/articles/index.cfm?id=16233&pnref=VTHE0E4F49E5 2007年2月18日閲覧。 
  5. ^ Inside YouTube's Controversial Contract with Indies Billboard、2014年6月20日
  6. ^ Music - Introducing - Advice - The Right Deal For You - Major Labels Vs Indies - ウェイバックマシン(2012年8月27日アーカイブ分)、英国放送協会

関連項目[編集]