国際標準レコーディングコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国際標準レコーディングコードInternational Standard Recording Code, ISRC)は、レコーディング(音源)を識別するための唯一の国際標準コードで、ISO 3901として標準化されている。レコーディングを単位とするため、同じ曲であっても、新たに録音や編集された場合は異なるコードが与えられる。同じレコーディングであれば別の媒体で配布されたとしても新しいコードが与えられることはないのが通常であるが、CDが登場する前にレコード会社が倒産するなどして事実上消滅してマスター音源が残り、後年別の会社からCD化された場合には同一音源であるにも関わらず異なるコードが与えられるケースもある。
例えば研ナオコ東宝レコード時代の一部音源について認められる。『京都の女の子』は2008年7月23日発売の「人間 万葉歌 阿久 悠 作詞集」(発売元:ビクター)にはJPVI00520170とコードが付与されているが、2013年9月18日発売の「シングルA面コンプリート」(発売元:ポニーキャニオン)ではJPPC07250228というように新たなコードが付与されている[1]

ISRCは、CDなどの媒体に電子的に記録することができる。

構成[編集]

ISRCは大文字アルファベットと数字の12桁で構成される。先頭から、国名コード(2桁)、登録者コード(3桁)、年次コード(2桁)、レコーディング番号(5桁)である。たとえば、「ISRC JP-AA0-01-23456」のようになる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]