サヴォイ・レコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サヴォイ・レコード
Savoy Records
親会社 コンコード・ミュージック・グループ
設立 1942年
設立者 ハーマン・ルビンスキー
オジー・カデーナ
ジャンル ジャズ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
公式サイト http://www.savoyjazz.com

サヴォイ・レコード(Savoy Records)はアメリカジャズレコード・レーベル。1940年代中期にスタートし、ビ・バップの普及に寄与した。

ジャズのカタログはサヴォイ・レーベル・グループ(SLG)が統制を執っており、1990年代から2010年代までは、日本コロムビア[1]がSLGを所有していた。

UKマンチェスターに同名で異なるレーベル(現在は閉鎖)があるが、これはロックのレーベルである。

歴史[編集]

1942年にハーマン・ルビンスキーとオジー・カデーナによりニュージャージー州ニューアークに設立。初期のビバップの重要なアルバムを発行した。ロックンロールが台頭する中で、ルビンスキーはゴスペル・ミュージックにシフトしていき、1950年代はジェイムズ・クリーヴランドらにより隆盛した。

1960年代初期よりアヴァンギャルド・ジャズも録音しており、ポール・ブレイやエド・カラン、ビル・ディクソン、マーク・ルヴィン、チャールズ・モフェット、ペリー・ロビンソン、ジョセフ・シアーニ、アーチー・シェップサン・ラー、マーゼット・ワッツ、ヴァルド・ウィリアムズ等がいた。

ルビンスキーはアフリカ系アメリカ人に対して、粗末な扱いをしており、彼等からは嫌われていた。このことについて、ジャーナリストのタイニー・プライスが黒人向け新聞The Newark Herald Newsにてサヴォイとルビンスキーについて言及している。

1986年にマラコ・レコードがサヴォイのゴスペルのカタログを獲得[2]。1974年にルブンスキーが死去して以後、クライヴ・デイヴィス(当時アリスタ・レコードのマネージャー)がビバップのカタログを獲得した。

1992年からは日本コロムビアがカタログを所持し、アメリカのサヴォイ・レーベル・グループ(SLG)が統制をした。旧音源はサヴォイ・ジャズより再発された。

2017年、アメリカのコンコードがSLGを買収したことを発表[3]し、SLGは、コンコードが形成するコンコード・ミュージック・グループ傘下に収まった[4]

現在サヴォイ・ジャズにはジョン・コルトレーンの息子のラヴィ・コルトレーンマッコイ・タイナー等が所属している。

サヴォイ・レーベル・グループ[編集]

  • SLG
  • 429レコード
  • デノン
  • サヴォイ・ジャズ(旧サヴォイ・レコード)
  • デノン・クラシックス
  • リージェント(Regent)
  • ギルド(Guild)
  • ディスカバリー(Discovery)
  • シグナル(Signal)

ミュージシャン[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 『ジャズ名門レーベル大事典 Swing Journal 1999年5月臨時増刊』スイングジャーナル社、1999年、314頁。

リファランス[編集]

  1. ^ 2002年10月~2010年9月まではコロムビアミュージックエンタテインメント
  2. ^ Malaco.com - The Malaco Story
  3. ^ Concord acquires Savoy Label Group - and its 3,000+ recordings - Music Business Worldwide
  4. ^ Savoy Label Group | Concord Music