レッド・プラネット・ジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダイキサウンドから転送)
移動先: 案内検索
株式会社レッド・プラネット・ジャパン
Red Planet Japan,Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 3350
2004年11月16日上場
本社所在地 日本の旗 日本
107-0052
東京都港区赤坂 一丁目7番1号
設立 1999年平成11年)6月11日
業種 卸売業
事業内容 音楽関係ディストリビューション事業
ホテル事業
代表者 ティモシー・ハンシング
代表取締役社長CEO
資本金 40億7182万6千円
2016年12月31日現在)
発行済株式総数 2億6957万株
(2016年12月31日現在)
売上高 連結:52億2990万8千円
単独:6億2752万7千円
(2016年12月期)
営業利益 連結:△7億8628万2千円
単独:△4882万4千円
(2016年12月期)
純利益 連結:△15億4629万1千円
単独:△15億4879万8千円
(2016年12月期)
純資産 連結:34億8000万2千円
単独:36億4565万3千円
(2016年12月31日現在)
総資産 連結:81億5565万2千円
単独:54億5475万4千円
(2016年12月31日現在)
従業員数 連結:71名 単独:8名
(2016年12月31日現在)
決算期 12月31日
主要株主 Red Planet Holdings Pte Ltd 74.30%
Oakキャピタル(株) 15.66%
(2017年1月20日現在)
主要子会社 レッド・プラネット・ホテルズ・ジャパン 100%
外部リンク http://www.redplanetjapan.com/
特記事項:決算期変更により2016年12月期は15か月決算
テンプレートを表示

株式会社レッド・プラネット・ジャパン: Red Planet Japan,Inc.)は、ホテル運営会社などを傘下に持つ持株会社である。ジャスダック上場。

概要[編集]

1999年に設立されたCD・レコードの企画・制作・販売会社であるダイキサウンド株式会社が、2011年3月に持株会社制への移行に伴い、株式会社フォンツ・ホールディングスに変更。新たに事業会社としてダイキサウンド株式会社(2代)を設立した。その後、ソリューション事業や宝石・宝飾品関連事業に進出するも、2012年から2013年にかけ順次撤退。一方、2012年12月には東南アジアで宿泊業や飲食業を展開するRed Planetグループが資本参加。2013年4月にはホテル運営事業を開始した。2014年には飲食事業も開始したが、2016年6月末に撤退した。2017年2月にはダイキサウンド株式会社(2代)も売却し、現在はホテル事業を営む会社となっている。

沿革[編集]

  • 1999年(平成11年)6月 - ダイキサウンド株式会社として設立。
  • 2004年(平成16年)11月 - 株式を店頭登録(現・ジャスダック)。
  • 2011年(平成23年)3月 - 持株会社制に移行。事業部門を新設分割により(新)ダイキサウンド株式会社に承継し、株式会社フォンツ・ホールディングスに商号変更。
  • 2011年(平成23年)11月 - 子会社として株式会社フォンツ・コアファンクション(現・ 株式会社レッド・プラネット・ホテルズ・ジャパン)を設立。
  • 2011年(平成23年)12月 - 子会社として株式会社フォンツ・ジュエリーを設立。
  • 2012年(平成24年)9月 - 子会社の株式会社フォンツ・ジュエリーの全株式(51%)を譲渡。
  • 2013年(平成25年)4月 - Red Planetグループと業務提携。ホテル運営事業を開始。
  • 2013年(平成25年)8月 - ホテル1号店である「チューンホテル那覇 沖縄」を開業。
  • 2014年(平成26年)1月1日 - 株式会社レッド・プラネット・ジャパンに商号変更。
  • 2014年(平成26年)5月 - 株式会社キューズマネージメントを子会社化。
  • 2014年(平成26年)7月 - 株式会社キューズダイニング、株式会社スイートスターほか1社を子会社化。
  • 2014年(平成26年)9月 - Sweetstar Asia Limitedを子会社化。
  • 2015年(平成27年)2月26日 - 新設分割により、飲食事業を営む子会社管理事業を株式会社レッド・プラネット・フーズに承継。
  • 2015年(平成27年)9月 - 株式会社アジェット(現・株式会社フード・プラネット)の株式を取得し、持分法適用関連会社とする。
  • 2016年(平成28年)6月 - 飲食事業を営む株式会社レッド・プラネット・フーズ及びその傘下の株式会社キューズマネージメント、株式会社キューズダイニング、株式会社スイートスター、Sweetstar Asia Limitedほか5社を株式会社フード・プラネットに譲渡。保有する株式会社フード・プラネット株式の大半をJapan Opportunities Master Fund Ltd.に貸株を行い、資本関係を解消。
  • 2017年(平成29年)2月 - ダイキサウンド株式会社の全保有株式を株式会社トラストホールディングスへ譲渡。音楽ディストリビューション事業から撤退。

ダイキサウンド株式会社[編集]

ダイキサウンド株式会社
Daiki Sound Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
107-0052
東京都港区赤坂2-21-8 赤坂山田ビル
設立 2011年平成23年)3月1日
業種 卸売業
事業内容 音楽関連ディストリビューション事業
代表者 伊東恭史(代表取締役
資本金 900万円(2016年12月31日現在)
売上高 16億9826万7千円(2015年9月期)
純利益 △530万円(2015年9月期)
純資産 3583万1千円(2016年12月31日現在)
総資産 4億2628万9千円
(2016年12月31日現在)
決算期 12月31日
主要株主 株式会社トラストホールディングス 100%
(2017年2月1日現在)
外部リンク http://www.daiki-sound.jp/
テンプレートを表示

ダイキサウンド株式会社: Daiki Sound Co., Ltd.)は、インディーズを主体とするレコード流通会社。現在の法人は、1999年に設立された(旧)ダイキサウンド株式会社が持株会社制移行に伴い、株式会社フォンツ・ホールディングス(現:レッド・プラネット・ジャパン)へ商号変更した際に、事業会社として新設分割により設立されたものである。

1000社以上のインディーズ・レコードメーカーと連携してCDの販売委託業務を行っているほか、レーベル事業も行っている。大手レコード会社に比べて見劣りしない流通体制を整えており、邦楽・洋楽の販売も行っている。またJVCケンウッドと共同でインディーズ試聴システムの構築・開発も行っており、主要レコード店に設置された実績もある。

2017年2月1日に、レッド・プラネット・ジャパンはダイキサウンドの保有全株式を売却。現在は資本関係は無くなっている。

外部リンク[編集]